見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
夏の食卓にピッタリ! スパイシーなアダナ・ケバブがたまらない
Turkish72617-1.jpg
夏らしいスパイシーなアダナケバブにチャレンジ。

今回は “アダナ・ケバブ” を作ってみました。日本では「ケバブ」というと屋台のドネルケバブやインド料理のシークケバブを連想する方が多いのではないかと思います。ケバブは肉や魚、野菜などを焼く料理を意味するので、実はかなり幅広い料理がケバブになってしまうのですが、トルコでもドネルケバブをはじめ様々なケバブ料理があります。アダナケバブもその中のひとつで、つくねの串焼きのような食べ物です。牛挽肉を唐辛子やクミン、イタリアンパセリなどを加えて串焼きにするのですが、唐辛子の辛さがピリリと効いて、ビールとの相性がバッチリ。調理は簡素なのに、唐辛子やクミンが入っているので驚くほどエスニックな風味になります。本来はもっと長い鉄串でダイナミックに作るのですが、残念ながら短い竹串しかなかったので代用しました。サイドにはいつもの松の実バターライス “サーデ・ピラウ” と炒めたほうれん草にヨーグルトソースをかけた “ウスパナック・サラタス”(Ispanak Salatası)を盛り付けてみました。食べている途中で少しだけ残っていたイズミール風キョフテのトマトソースをケバブにかけてみたのですが、これがまたよく合う。適当にソースをミックスしてアレンジしても全く違和感なく食べれてしまうというトルコ料理の万能さに驚きです。我が家の定番料理が増えました。




  


関連記事


2017'07'26(Wed)18:35 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
クロネコ号の車検
Porsche72217-2.jpg
面倒な車検が終わって、ほっとひと息。

無事、クロネコ号の車検が終わりました。いつもユーザー車検でやっているのですが、今年は特にこれといった故障が無く、最低限の点検整備だけだったのと、車検場でも1発で通ったので、思ったよりスムーズに終えることができました。前回は車検場でヘッドライトの角度を指摘され、調整するのに手間がかかった覚えがあります。ハーレーもライトの角度調整を指摘されることが時々あるのですが、ライトがむき出しなので車より調整が楽ですね。空冷ポルシェは大きな修理などが無ければ、普通の車と車検のコストはそれほど変わらないかもしれない。強いて言えば、排気量や年式で少し税金が高くなるくらいかな。ただ保険が高いですけど。

税金と言えば日本の自動車税、高すぎですよね。世界一高いと言われる日本の自動車税ですが、特に古い車を増税するのはやめて欲しい。ヨーロッパなどでは逆に旧車に対して税の優遇制度があるようです。古いものを大切にしようという文化が自動車にも根付いています。ほんの一握りのヴィンテージカーの愛好家に増税したところで税収など微々たるもので、結果的に負荷がかかるのは諸事情により10年毎に車を買い替えることができない一般の人たち。エコの観点もあるのかもしれないけど、古いものを切り捨てていく日本ってどうなのだろうか。




  


関連記事


2017'07'22(Sat)19:24 [ Porsche 911 & Car ] CM0. TB0 . TOP ▲
「スルタンのお気に入り」を作ってみた
Turkish71817-1.jpg
オスマン帝国の支配者「スルタン」がお気に入りだったという料理。

我が家のブーム、トルコ料理。前回の “イズミール風キョフテ” が大ヒットだったので、新しいレシピにチャレンジしてみた。今回は “ヒュンキャル・ベェーンディ”(Hünkar beğendi)という料理。料理名だけだとどんな料理かちょっと想像がつかないですよね!? 直訳すると「皇帝のお気に入り」だそうです。オスマン帝国の王様がお気に入りだった宮廷料理のひとつで、調べると結構レシピが出てきます。焼きなすのピュレの上にミートシチューをかけた料理なんですよ。

レシピ通りに作って食べてみた。チーズが入ったなすのピュレの酸味が効いているけど、上にかかったミートシチューはどこかで食べたことがある味・・・そう、ミートドリアの味に近いと思った。だから初めての料理なのに、違和感無く美味しく食べることができた。これだけで食べるというより、サイドにピラフがあるといい感じ。見た目通り、シチューにも近いですね。

料理本のレシピを見ながら作っているんだけど、盛り付けてある料理の写真に使っているエスニック柄のお皿がお洒落なんですよね。どの食器がってわけではなく、全体的に。トルコ料理に合う食器が欲しくなってしまった。今回使ったのは、学生時代にマンハッタンで購入した、アメリカで長年使っていたもの。軽く25年以上は経っていますが、今でも時々使っています。




  


関連記事


2017'07'18(Tue)12:00 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
最近トルコ料理がマイブーム! トルコ料理を作ってみた
Turkish71117-1.jpg
飾り気の無い写真だけど、まずは定番のトルコ料理にチャレンジ。

最近マイブームなのが「トルコ料理」。我が家では、ホームパーティやイベントなどでクスクスを作ることが多く、モロッコ料理は定番なのですが、トルコ料理もバリエーションに加わったら楽しいだろうなと思い、まずはシンプルなものからチャレンジしてみることに。トルコ料理って、世界三大料理のひとつとして数えられるのに、日本では意外にマイナーなんですよね。でも1度でもトルコを旅すると、トルコ料理のバリエーションの豊富さとその美味しさに魅了されてしまいます。今回は “イズミール風キョフテ” と “サーデ・ピラウ” を作ってみました。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2017'07'11(Tue)17:54 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
頼むからトカゲを部屋の中に持ち込まないでくれないか
cats70917-1.jpg
チーム《リザードバスターズ》の隊員たち。お願いしますよびゃくさん、おぼろさん・・・。

蒸し暑い日々が続いていますね。梅雨なのか夏なのか、なんだかすっきりしない天気が多いです。我が家のネコたちは、連日テラスで過ごしています。それぞれの持ち場で張り込みをしたりして、そのまま寝ちゃったり。近くに蟻の行列があっても平気みたいなんですよね。

テラス」という小さな世界にも、時々変わった訪問者(ハクビシンやヘビなど)がやってきたり、いろいろな生物が生息しているみたいで、彼らはそれらを見つけるのに夢中なんです。人間の子供がカブトムシを見つけるのと同じような感覚なのかも。中でもトカゲやヤモリが比較的大物なんですが、時々、ダダダ・・・と駆け回る音がした後、ものすごくうれしそうな顔をしてトカゲをくわえてリビングに入ってくるんです。大抵シッポが切れていて、まだ元気で、くわえながらも動いていて。放っておくと家の中がトカゲでいっぱいになりそうで、毎回捕まえて外に逃がすのに僕たち人間がパニックになってます。捕まえると本能的に持ち帰っちゃうのかも。

すまんけど、室内にトカゲ持ち込むのやめてもらえますか、びゃく隊長、おぼろ隊員。




  


関連記事


2017'07'09(Sun)13:25 [ びゃくとおぼろ ] CM2. TB0 . TOP ▲