見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
【スパイスカレー】 ダールタルカとチャパティ
Dal91917-1.jpg
ダールタルカとチャパティをスパイスから作ってみた。

今回は先生の好きなダールタルカ(豆カレー)とチャパティにチャレンジ。豆は “ムングダール”、チャパティはインドの全粒粉 “アター” を使用。どちらもスーパーでは手に入りにくいので、ネットのスパイス専門店で注文。本格的に作りはじめると、カレーの種類毎に使用するスパイスが異なるのでなかなか大変ですが、週末のちょっとした楽しみになっています。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2017'09'19(Tue)20:40 [ お気に入り ] CM2. TB0 . TOP ▲
最近買ったネコのおもちゃ
corocoro91717-1.jpg
カラフルなフェルト製のボールが最近ネコたちのお気に入り。

ボール系のおもちゃを探していたところ見つけたのがコレ。直径3㎝の、カラフルなフェルト製のボールで、ネコにも家にもやさしいかなと思って買ってみた。遊び方はシンプル。室内でこれを投げると、駆け回ってキャッチしたりドリブルしたり。これまでもボール系のおもちゃはいろいろ試したけど、この商品は適度なソフト感があり、意外と跳ねるので、家の中で遊ぶのにちょうどいい感じ。雨の日は音楽をかけて、このボールを投げてネコたちと遊んでます。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2017'09'17(Sun)12:25 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
ビーナスラインと車山をドライブ
Kurumayama91417-1.jpg
ドライブついでに車山に登ってきた。

台風一過の週末、クロネコ号でビーナスラインをドライブしてきた。前日の嵐が嘘のような清々しい晴天で、なにより空気が澄んでいた。今回のドライブの目標は、ビーナスラインを走りつつ、車山を山頂まで登ること。車山は子供の頃、毎年のように夏休みに登っていた思い出深い山なのだが、訪れるのは本当に久しぶり。山の入り口はビーナスラインで白樺湖を過ぎてすぐのあたり。ビーナスライン自体はよく走るドライブコースなんだけど、ドライブ中に登山まではなかなかできなくて。夏の猛暑が落ち着き、涼しくなってきたので、チャレンジしてみた。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2017'09'14(Thu)18:02 [ Road Trip ] CM0. TB0 . TOP ▲
【スパイスカレー】 激辛チキンカレーを作ってみた
curry90717-4.jpg
今回は激辛チキンカレーにチャレンジ!

最近トルコ料理を作ることが多かったが、以前から気になっていた、スパイスから作るカレーにチャレンジしてみた。以前の記事で、“GABAN 手作りのカレー粉セット” を使ってキーマカレーを作ったことがあったけど、今回はセットを使わずに自分でスパイスを組み合わせて作るチキンカレー。セットのものは味が安定しているし便利なのだが、どうしても画一的な味になってしまうので、何度も作っているうちに少し物足りなくなってしまったのだ。今回はインドではスタンダードな『チキンカレー』。しかも激辛。なんかそんなのが無性に食べたくなった。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2017'09'07(Thu)11:29 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
ボスポラスクルーズ、ボスポラス海峡のルビー part-2
───ボスポラス海峡に沈みゆく太陽。

Istanbul83117-16.jpg
ボスポラス大橋の、支柱の無い細いシルエットが浮かび上がる。

サンセットの瞬間は、フェリーが再びボスポラス大橋に近づいた辺りだった。

Istanbul83117-17.jpg
ボスポラス大橋は全長1510mの吊り橋。

横からシルエットだけ見ると細い橋だが、橋の上は6車線もあるらしい。

Istanbul83117-18.jpg
沈む太陽をバックに、ボスポラス大橋のシルエットを望む。

東のアジア側は住宅地区がメイン、西のヨーロッパ側は商業地区がメインになっているそうだ。

Istanbul83117-19.jpg
サンセット直前の船内の様子。

船内でも窓からサンセットを眺める人々の姿が。

Istanbul83117-20.jpg
太陽が沈む瞬間。

ボスポラス大橋を越えて少しして、太陽は完全に大地に飲み込まれた。

Istanbul83117-21.jpg
突き出た尖塔はガラタ塔だと思う。

ガラタ塔のすぐ右手に沈んだので、とてもいい位置でサンセットを眺めることができた。

Istanbul83117-22.jpg
右奥にガラタ塔、影になってよく見えないが中央にガラタ橋が架かっている。

太陽が沈んだ後も、空は美しい紅に染まっていた。

Istanbul83117-23.jpg
さらに近づくと、ガラタ橋のネオンが煌煌と輝いていた。

ガラタ橋が見えてきた。向かって左側にある港がフェリー乗り場のあるエミノニュだ。

Istanbul83117-24.jpg
近くで見ると橋の下の鮮やかなレストランのネオンが際立っている。

そして再びエミノニュに戻り、僕たちはフェリーを降りた。

Istanbul83117-25.jpg
バックにそびえ立つイェニ・ジャーミィ。

夕方になると広場の屋台のネオンが灯りはじめ、日中とはまた違った雰囲気に。バックにある巨大な建造物はイェニ・ジャーミィ。こういった巨大なオスマン建築のモスクが街中に点在していることが、イスタンブールの街の美しさをさらに際立ったものにしていると思う。




  


関連記事


2017'09'05(Tue)12:14 [ イスタンブール ] CM0. TB0 . TOP ▲