見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
蒼空を突き抜けて
突き抜けるような澄んだ青空だったので行ってきました、とらちゃんに会いに。“とらちゃん” は僕の大切な家族で、鎌倉のとあるお寺に住んでいます。

ネコだけど、ネコ雑誌や写真集にもよく載っている、人気者なんですよ~!

Kamakura72010-1.jpg
海沿いの134号線に出たら、しばらくは海を眺めながら走ります。

しまった、今回は久しぶりのハーレーの記事のつもりだったんだけど、ついついネコ方向に行ってしまった・・・。しばらく梅雨のぐずついた天気が続いていたので、僕のハーレーもすっかりご機嫌斜めだろうと思いきや、なかなか元気だったのでした。

午前中、早い時間帯に出発できたので、道もそれほど混雑することなく比較的スムーズに海まで出れました。海沿いはいつも混雑していますが、バイクならそこそこ動けます。

Kamakura72010-3.jpg Kamakura72010-4.jpg
海まで出たので、ちょっと休憩。久しぶりのハーレーフォト。クロームに映る空の蒼。

実は調子が良かったのは、最近新製品のバッテリーチャージャーを購入したので、前日にバッテリーを外して充電したり、軽くメンテナンスしておいたから。なんか新しい工具とか買うと無意味に使いたくなるタチです。洗車してないから汚れてるけどね。

ハーレーを整備する工具の大半は昔アメリカに住んでいた時にそろえた、“Snap-on”(スナップオン)のもの。長い間使っているので、ツールが壊れたり、画期的なものを見つけると買い足します。長いつきあいなので、よほど大がかりなことでなければ自分で整備しちゃいます。

Kamakura72010-6.jpg Kamakura72010-7.jpg
空の “蒼” が鮮やかすぎる、夏の午後。(左)あ、とらちゃんいたいた~!(右)

底抜けに青い空とビーチを眺めながら、海沿いの道をしばらく走ると、とらちゃんの住んでいるお寺に到着です。とらちゃん元気かな~。とらちゃんに会うのはしばらくぶりです。

鎌倉は僕にとって、休日に気軽にハーレーを回せる絶好のツーリング・ポイントになっているので、できるだけハーレーで訪れるようにしているんです。だから、梅雨の天気の不安定な時期は、どうしても疎遠になってしまうという・・・。

Kamakura72010-5.jpg
幸せそうなとらちゃんの寝顔。ちょっと痩せたかな~、なかなか来れなくてゴメンね。

暑い中、日陰でのんびり昼寝をしてました。ぼくはとらちゃんスポットは熟知していて、くつろいでいる場所や、寝ている場所、水を飲む場所からトイレの場所までバッチリです。

以前とらちゃんが怪我をして、手術をしたのですが、病院から退院してしばらくの間一緒に住んでいた時期があるので、とらちゃんのことならなんでも知っているんです。

本当はその後も一緒に生活したいという気持ちもあったけど、狭い室内で暮らすより、生まれてからずっと住んできたお寺の敷地の方が、とらちゃんにとって幸せだろうと思い、お寺に戻すことにしました。お寺にはとらちゃんの仲間もいるし、とらちゃん目当てでたくさんの人たちが遊びに来るので、とらちゃんも退屈しないだろうし。いろいろ考えた結果です。

Kamakura72010-8.jpg
木漏れ日の中に佇む、ハーレー・ダビッドソン。

あーあ、やっぱりネコ話になってしまった。とらちゃんは、好物のカツオ節をふりかけたキャラット・マグロ味を食べて、すっかり気持ちよく眠っているので、そのままお寺にハーレーを置いて、鎌倉の街を散策することにしました。

せっかく海に来たんだから、まずはビーチまで出てみるか。

Kamakura72010-10.jpg
奥に見える海沿いのマンションみたいのが、時々住んでいるまぁアレです、隠れ家のような。

ビーチは海水浴や日光浴を楽しむ人たちで賑わっていました。湘南のビーチも地球温暖化の影響か、近年ビーチが急速に狭くなっていってます。20年くらい前はもっと全然遠浅のビーチが広がっていたんだけどなぁ。心なしか海水浴客も昔より減ったかな。

僕は10代の頃、夏にここの海の家でバイトしていたことがあるんです。しばらく住んでいた時期もあるし、湘南のビーチには昔からしょっちゅう通っていて、第3の故郷みたいな場所なんです。ちなみに第1は生まれ故郷のパリで、第2は育った東京というところでしょうか。

Kamakura72010-11.jpg
帰り道のコンビニにて休憩中。それにしても暑い、暑すぎる!

しばらくぶりの鎌倉を満喫して、帰ることにしました。写真だと青く澄みきった美しい空なのですが、実はムチャクチャ暑かったです。もう汗だく。

ホントは帰りに海沿いのカフェでのんびりサンセットでも眺めようかとか、いろいろ考えていたんだけど、うだるような日中の暑さで、なんとなくそんな気にはなれず、夕方あまり遅い時間帯になるととんでもなく渋滞するだろうな~とか思って、早々帰路につくことに。

帰ってから気付いたんだけど、予想以上に陽射しが強かったようで、思いっきりTシャツ焼けしてました。そして痛い・・・イテテテ。日焼け止め塗っておけばよかった




2010'07'21(Wed)02:10 [ Harley-Davidson ] CM2. TB0 . TOP ▲
ハーレー・ダビッドソンとネコ
いや~、昨日はホントに寒かったです。ハーレーで鎌倉のとらちゃんのところに新年の挨拶をしに行ってきたのですが、この時期、バイクで走ると体感的には0℃とかマイナスなんじゃないかってくらい冷え込みます。寒い時期につらいのは、バイク乗りの宿命ですね~。

昨日1月3日は、Uターンラッシュのせいなのか、道が妙に混んでいまして、移動にとにかく時間がかかりました。特に帰りは湘南の海沿いの道、134号線あたりから、もうびっしりでした。鎌倉は鶴岡八幡宮があるので、この時期は人で賑わうんです。

tora1310-1.jpg
では・・・最新のとらちゃん。7Dで撮ってみたけど、今更ながらなかなか難しいですね、ネコ撮るのって。僕がとらちゃんのお寺に訪ねていったときは、とらちゃんはお寺の本堂のベンチにいました。僕に気づくと駆け寄ってきました。おーい元気だったかい?

tora1310-2.jpg
ごちそうに夢中になっているとらちゃん。お腹空いてたみたいで、いつもよりしっかり食べてた。昔に比べるとちょっと痩せたかな・・・。ネコって季節によって痩せたり太ったりするんです。冬は寒さに耐えるため、脂肪を蓄える傾向があるみたい。

暗くなるまでとらちゃんと過ごし、名残惜しいけどお別れをして帰ることに。

Harley1310-1.jpg
7Dでハーレー撮ってみた。ストロボ焚いたけど、タンクの質感が出てイイカンジ!コントラストがはっきりとして、硬派な写真になりますね~。ノイズもないし、黒の発色がいい。

あまりの寒さで、帰路の途中にあるドライブスルーのマックに駆け込んだのですが、コーヒーを飲んで少し暖まったので、1人でマックのパーキングで撮影してました。写真をいっぱい撮るつもりで7Dを持って行ったのですが、寒いのと渋滞なのとでほとんど撮ることができなかったのが少し残念でした。最後にハーレーが撮れたのはよかったです。

Harley1310-2.jpg
もう1枚、全体のショットを。鈍く光る、重みのある金属感。

学生時代はよく利用していたんですが、最近はマックとかのファーストフード、あんまり行かなくなってしまったんですよね~。なんでだろう?なんとなく脂っこいものが苦手になってきたからかな。でも、こんな時のマックっていいものですね。コーヒーもおいしくなったし、店内の内装もお洒落になった。昔と比べて格段にくつろげる空間になってますね!

終始渋滞の中、途中マックに立ち寄りくつろぎながら、のんびり3時間程かけて帰りました。




2010'01'04(Mon)09:37 [ Harley-Davidson ] CM4. TB0 . TOP ▲
帰ってきたハーレー・ダビッドソン
しばらくの間、調整に出していた愛車が帰ってきました!行きつけのハーレーショップで、故障の原因になったクラッチを分解してサビなどを除去し、古くなったパーツのチェックをしてもらったのですが、とりあえず大きな問題箇所はなく、ちょっと安心しました。

今回は少しマニアックな話題なので、なんとなく雰囲気を楽しんで下さい。

hd110909-1.jpg
ハーレーショップで久々に見る愛車の姿。

タンク本来の金属の素材感をそのまま生かすために、あえてノーペイントにハーレーのロゴのみを入れたシンプルなデザイン。実はこのタンクは3代目で、L.A.に住んでいた頃はハーレーのロゴは“Old English”というフォントを使用していました。クロームハーツなどで使われているアレです。ちなみに今のロゴは、“Helvetica”というフォントをベースにしたオリジナルです。

カスタムのベースはエヴォリューションソフテイル・カスタムです。オリジナルは5.5ガロンのファットボブタンクだったのですが、よりシャープな見え方にしようと、コンパクトなスプリンガー・ソフテイルの4.2ガロンタンクをチョイスしました・・・というのが2代目のタンク。

10年程前に、リアのフレームとオープンプライマリーなどを中心に、少し大がかりにカスタムした際、ついでにイメチェンしようと、思わずタンクも新調しちゃいました。これが現在の3代目のタンクで、シャープな形状が気に入って、アメリカのタイタン社(TITAN)製のハイクオリティタンクを使用しています。ちなみに純正のタンクはシェイプが鈍く、ちょっとぽっちゃりめです。その時にもっと大人っぽいロゴにしようと思い、現在のロゴに変更しました。

hd110909-4.jpg
左側のタンクにサビがでていたので、ついでにサビの除去もしてもらいました。まぁこれは前回のサービス点検の時、タンクのペイント屋がきちんと処理できなかったことが原因なので、それの手直しのような感じなのですが。そのおかげでタンクはシャキッとなりました。

メーターダッシュは、キャッツアイ・ダッシュというオールドハーレーに使われていた古いスタイルのものを使っています。その名の通り猫の目のようなニュートラルランプとオイルランプがユニークで、スタイリッシュなんです。

外側のメーターダッシュはオールドスタイルなのですが、中のメーターはあえて最新型をチョイスしました。本当は、より未来的なデザインのLEDデジタルメーターが良かったのですが、なかなかいいのがなくって現在に至ってます。ちなみにメーターダッシュの下のタンクカバーは、オリジナルのワンオフです。とりあえずタンク周りのカスタムはそんな感じです。もしこれからハーレーのカスタムをされるのであれば参考にして下さい。

実はこのハーレー、雑誌に時々掲載されたり(デザイナーやショップの特集時などでついでに紹介とか)、某ハーレーショップのカタログに出たり、はたまた某ミュージシャンのアルバムやライブイベントで使用するハーレーのイメージのベースになったり、時々メディアに登場しています。まぁ、最近はそんな出番はあんまりないのですが。ずいぶん古くなっちゃったし。

そろそろ紅葉の季節なので、今度の週末は箱根辺りを走りに行ってこようかなぁ。




2009'11'10(Tue)21:31 [ Harley-Davidson ] CM0. TB0 . TOP ▲
ハーレー・ダビッドソン17歳
秋晴れのいい天気だったので、久しぶりに鎌倉の“とらちゃん”に会いに行こうと思い、愛車のハーレーに跨り、エンジンを吹かすと“バリリィィィン!”と元気なエンジン音が。

Harley102209-1.jpg
↑剥き出しのオープンプライマリーと超極太のベルトドライブ。

今日もイイネ!と思ってギアをニュートラルから1速に落とした瞬間、“ガックーン”と一瞬すごい衝撃が走り、エンジンストップ。ん、おかしいなと思ってもう一度エンジンをかけて1速に・・・やっぱり同様の衝撃と共にエンジンストップに。

うーん、もしかしてクラッチが機能してない!?エンジンを切った状態でギアを1速にして、クラッチを握って押してみる。・・・ビクともしない。これだけ長いこと乗ってると、大抵の症状は分かるはずなんだけど、どうも今までにはない症状だ。

仕方ないのでいつもお願いしているハーレーショップに電話してみたけど、仲良くしているメカニックはいないらしい・・・。走ることができないなら、レッカーするしかないので、仕方なくレッカーを呼んだ。

沖縄旅行で、すっかりすねてしまったらしい。

とりあえず行きつけの店ではなく、近くのハーレーショップで見てもらったところ、カスタムされすぎていて技術的に手に負えないとのこと・・・仕方ないので少し距離はあるけど行きつけの店にレッカーすることに。たらい回しだ。

結果的に言うと、錆でクラッチが張り付いてしまったようだ。今回は修理内容的にはたいしたことなかったんだけど、動かないとなるとレッカーせざるを得ず、大事になってしまう。

実は最近移動先でこういった錆や劣化などによる動作不良が増えはじめている。やっぱり17年も乗っていると、あちこち劣化してきて、動かなくなったり。

この前も湘南の海沿いで食事のために駐車しておいたのだけど、戻ってきたらバイクの下に何かもれてる。その液体の流れをたどってみると、なんとペットコックのチューブが劣化して根本から切れているではないか!ペットコックのチューブは、タンクから直接キャブの方までガソリンが流れているチューブで、ドクドクとガソリンが水のように流れていく。結局レッカーを呼ぶ羽目になってしまった。

そろそろどこかで本格的なオーバーホールをしないといけないんだけど、どう考えても数百万はしそう。コスト的には、たぶん買い替えた方が良さそうだ。

一緒にアメリカの大地を走った、僕の半生そのものを象徴するハーレーなので、できれば廃車にはしたくないんだけど、ここのところの細かな故障は、規模こそ大きくはないものの、その場所で対処する事ができず、レッカーせざるを得ない事態に発展してしまっている。普通のバイクなら、寿命はとうに過ぎているのだから仕方のないことなんだけど、どうしたものか。(乗り方や整備状況にもよるけど)

ハーレーも17年も経過すると、なかなか苦労するというお話でした。はぁ・・・




2009'10'23(Fri)00:45 [ Harley-Davidson ] CM0. TB0 . TOP ▲
箱根にツーリング行ってきた
Hakone91409-4.jpg
久しぶりにツーリングで箱根に行ってきました。天気はちょっと雲が多かったけど、特に渋滞にもはまらず、楽しめました。峠の休憩ポイントから芦ノ湖をパシャリ!

主なルートは、行きは東名高速を利用して御殿場まで。箱根スカイライン芦ノ湖スカイラインなどを利用して芦ノ湖周辺を走ります。その後箱根ターンパイクなどで海岸線へでて、一路湘南方面へ。鎌倉には、お友達のネコとらちゃん”がいるので、ご挨拶。そして東京方面に帰路につきます。

Hakone91409-1.jpg
海老名SAで朝食。ツーリングの醍醐味です。この10年でサービスエリアも随分進化しました。サーティワンアイスクリームや吉野屋、ドーナッツプラントなどのチェーン店も入っています。ただ、とっても混んでいました。。

Hakone91409-2.jpg
パシャリッ!吹き上がりも良く、今日も最高の走りです。バリバリバリ・・

Hakone91409-3.jpg
いつもの箱根スカイラインの休憩ポイントです。あれっバイク、少ないですね・・というかまったくいない。つい数年前までここは走り屋さん達やツーリングのバイク乗りで賑わっていたのになぁ。

ハイブリッドだとか、エネルギーや環境問題だとかで騒がれている昨今、なんだか随分バイク乗りが減ったような気がします。確かに日本ではあまり荷物も載せられず、高速や有料道路の料金も普通車とさほど変わらないバイクは、お金もかかり、利便性の部分では車に今一歩劣ってしまうところがあり、どちらかというと趣味の乗り物である事は否めません

でもね、それを差し引いても“ハーレーの鼓動”最高なんです。まぁ僕の場合は、バイクというよりハーレーが好きなのかもしれない。




2009'09'14(Mon)12:24 [ Harley-Davidson ] CM0. TB0 . TOP ▲