見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
トルコの代表的な煮込み料理を作ってみた
Turkish80217-1.jpg
トルコの国民食 “エティリ・クル・ファスリエ” にチャレンジ。

今回作ったのは、トルコの代表的な国民食で “牛肉と白インゲン豆の煮込み”(Etli Kuru Fasulye)と “挽き割り小麦のピラフ”(Bulgur Pilavı)の2品。「牛肉と白インゲン豆の煮込み」は本来はラム肉を使うのですが、牛肉で代用。名前通り牛肉と白インゲン豆を煮込み、トマトペーストで炒めたタマネギとニンニクを加えたもの。「挽き割り小麦のピラフ」は挽き割り小麦をトマトペーストで味付けしたもの。トルコ料理はトマトペーストを使う料理がいっぱい。どの家庭にもある、日本で言う味噌のようなものらしいです。2品を1枚の皿に盛り付けてみた。

食べてみた感想として、シチューやクスクスなどと非常に近い食べ物であるという印象。柔らかく煮込んだ牛肉と挽き割り小麦のピラフの相性もいい感じ。どちらもトマトペーストを使うので、見た目的に違和感が無い。挽き割り小麦のピラフが想像以上にボリュームがあり、お腹に貯まります。あとは挽き割り小麦はもう少し細かいものを使っても良かったかも。

これまでいろいろなトルコ料理にチャレンジしてきたけど、その中でも日本人が違和感なく食べられるトルコ料理という印象。トルコ料理独特のトマトの酸味が少なく、クセが無い。それだけにクスクスとどちらを作るか悩むかも。ピラフの代わりにクスクスでもいけそう。




  




2017'08'08(Tue)18:03 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
最近ハマっている、真夏のバスタイムに最高の入浴剤
Kneipp80317-1.jpg
汗ばむ真夏の夕暮れ時に “クナイプ・スーパーミント” でクールダウン。

我が家は山の上にあるので、通勤などで徒歩で外出した帰り道は、長い登り坂を歩かないといけないんです。真夏になるとこれがけっこうキツイ。いつも家に着く頃には汗だくになります。で、最近ハマっている入浴剤が上の写真の “クナイプ・スーパーミント”。夏向けの商品で、通常の「ミント」のクール感をアップさせたもの。寝苦しい夜や、疲れがたまってきたら、これをぬるま湯に入れていつもよりちょっと長めにお風呂に入ります。そうすると風呂上がりにヒンヤリとした清涼感がしばらく続いて身体をクールダウンしてくれるんです。これが最高!ヒンヤリしながらテラスでキンキンに冷えたビールと、ケバブをつまみながらネコたちと夕暮れ時を過ごせたらもう言うこと無しですね。気になった方はぜひ1度試してみて下さい!




  




2017'08'03(Thu)19:22 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
夏の食卓にピッタリ! スパイシーなアダナ・ケバブがたまらない
Turkish72617-1.jpg
夏らしいスパイシーなアダナケバブにチャレンジ。

今回は “アダナ・ケバブ” を作ってみました。日本では「ケバブ」というと屋台のドネルケバブやインド料理のシークケバブを連想する方が多いのではないかと思います。ケバブは肉や魚、野菜などを焼く料理を意味するので、実はかなり幅広い料理がケバブになってしまうのですが、トルコでもドネルケバブをはじめ様々なケバブ料理があります。アダナケバブもその中のひとつで、つくねの串焼きのような食べ物です。牛挽肉を唐辛子やクミン、イタリアンパセリなどを加えて串焼きにするのですが、唐辛子の辛さがピリリと効いて、ビールとの相性がバッチリ。調理は簡素なのに、唐辛子やクミンが入っているので驚くほどエスニックな風味になります。本来はもっと長い鉄串でダイナミックに作るのですが、残念ながら短い竹串しかなかったので代用しました。サイドにはいつもの松の実バターライス “サーデ・ピラウ” と炒めたほうれん草にヨーグルトソースをかけた “ウスパナック・サラタス”(Ispanak Salatası)を盛り付けてみました。食べている途中で少しだけ残っていたイズミール風キョフテのトマトソースをケバブにかけてみたのですが、これがまたよく合う。適当にソースをミックスしてアレンジしても全く違和感なく食べれてしまうというトルコ料理の万能さに驚きです。我が家の定番料理が増えました。




  




2017'07'26(Wed)18:35 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
「スルタンのお気に入り」を作ってみた
Turkish71817-1.jpg
オスマン帝国の支配者「スルタン」がお気に入りだったという料理。

我が家のブーム、トルコ料理。前回の “イズミール風キョフテ” が大ヒットだったので、新しいレシピにチャレンジしてみた。今回は “ヒュンキャル・ベェーンディ”(Hünkar beğendi)という料理。料理名だけだとどんな料理かちょっと想像がつかないですよね!? 直訳すると「皇帝のお気に入り」だそうです。オスマン帝国の王様がお気に入りだった宮廷料理のひとつで、調べると結構レシピが出てきます。焼きなすのピュレの上にミートシチューをかけた料理なんですよ。

レシピ通りに作って食べてみた。チーズが入ったなすのピュレの酸味が効いているけど、上にかかったミートシチューはどこかで食べたことがある味・・・そう、ミートドリアの味に近いと思った。だから初めての料理なのに、違和感無く美味しく食べることができた。これだけで食べるというより、サイドにピラフがあるといい感じ。見た目通り、シチューにも近いですね。

料理本のレシピを見ながら作っているんだけど、盛り付けてある料理の写真に使っているエスニック柄のお皿がお洒落なんですよね。どの食器がってわけではなく、全体的に。トルコ料理に合う食器が欲しくなってしまった。今回使ったのは、学生時代にマンハッタンで購入した、アメリカで長年使っていたもの。軽く25年以上は経っていますが、今でも時々使っています。




  




2017'07'18(Tue)12:00 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
最近トルコ料理がマイブーム! トルコ料理を作ってみた
Turkish71117-1.jpg
飾り気の無い写真だけど、まずは定番のトルコ料理にチャレンジ。

最近マイブームなのが「トルコ料理」。我が家では、ホームパーティやイベントなどでクスクスを作ることが多く、モロッコ料理は定番なのですが、トルコ料理もバリエーションに加わったら楽しいだろうなと思い、まずはシンプルなものからチャレンジしてみることに。トルコ料理って、世界三大料理のひとつとして数えられるのに、日本では意外にマイナーなんですよね。でも1度でもトルコを旅すると、トルコ料理のバリエーションの豊富さとその美味しさに魅了されてしまいます。今回は “イズミール風キョフテ” と “サーデ・ピラウ” を作ってみました。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore

2017'07'11(Tue)17:54 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲