見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
紺碧の空、太陽の紅
一夜明けて翌日の朝。いよいよネパールを出国し、日本へと帰国する日がやってきた。1人のバックパッカーとして、インドからネパールへと至る長い道のりを旅してきた僕にとっては感慨深い思いもあるが、同時にようやく日本に帰るんだという安堵の気持ちもあった。

Kathmandu102011-1.jpg Kathmandu102011-2.jpg
タメルで食べた、レモンクレープとトースト。なぜか朝は甘いものがうまい。

飛行機の到着時刻までしばらくあったので、先生と僕はタメルで朝食を食べることに。レモンクレープとトースト。トーストにはハチミツもたっぷり。幸せな時間だ。

Kathmandu102011-3.jpg Kathmandu102011-4.jpg
トリブヴァン国際空港は、規模は小さいが落ち着いた雰囲気。

なんだかんだで昼には “トリブヴァン国際空港”(Tribhuvan International Airport)に。ネパールは、空港周辺の治安が悪くないので、安心して過ごせる。

Kathmandu102011-5.jpg Kathmandu102011-6.jpg
飛行機に乗り込み、長時間フライトがスタート。途中バンコクを経由することになる。

ほどなく飛行機に乗り込む。記事のテンポは早いが、待ち時間はそこそこ。僕たちは “タイ国際航空”(Thai Airways)だったので、途中バンコクを経由することになる。ここからがうんざりするほどの長丁場だが、行きと違い、二人で過ごせるので気が楽だ。

Kathmandu102011-7.jpg
上空から眺めたヒマラヤ山脈。若干距離はあるが、これは見逃せない。

無事飛び立つ飛行機。しかし、ネパールの旅はまだ終わっていない。もしかしたら飛行機からヒマラヤ山脈が見えるかもしれないのだ。そんな期待を胸に、窓の外を眺める。幸い天気は晴れていて、視界はクリア。しばらくして、遠くに見えるヒマラヤの勇姿を確認!

Kathmandu102011-8.jpg Kathmandu102011-9.jpg
機内食のマトンカレーとフィッシュ。チキンもあったけど、あえてマトンカレーを選択。

さて、待ちに待った食事の時間。マトンカレーとフィッシュだったかな。味は・・・実はよく覚えてないんだけど、まぁ機内食的にはマトンカレーは珍しいからありってことで。

Kathmandu102011-10.jpg
紺碧の空に、太陽の紅。原初の色彩に胸を打たれる。

飛び立ってから随分時間が経って目を覚ました。寝ぼけ眼で、ふと窓の外を眺めた。夜の紺碧と太陽の紅が入り交じって強いコントラストを放ち、飛行機の翼を照らしていた。これこそ僕が飛行機の窓から眺める景色の中で、もっとも美しいと思える瞬間だ。

Kathmandu102011-12.jpg
空ってどうしてこんなに美しいのだろうか。不思議な世界に惹きつけられる。

陽が昇り始め、空が少し明るくなってきた。下を見下ろすと、まるで生き物のようにうごめく雲海があった。飛行機から見る空の世界。本来は鳥以外の生物が決して見ることのできない世界を、今僕たちは見ているんだ。そう思うと胸が高鳴る。飛行機の中からではあるけれど、太古の地球から変わることのない原初の風景がそこに広がっていた。

Kathmandu102011-11.jpg
僕たちを乗せた飛行機は、着々と日本に近づいていた。

灼熱のインド。人間の海の中で、様々な出会いと別れがあった。そして、多くの貧困を見た。ヒマラヤに抱かれたネパール。そこには神々しい山々に抱かれ、暮らす人々がいた。ネパールとインド、それぞれの世界観は大きく異なるが、どちらも人々のエネルギーに満ちていた。

眼下にうごめく、太陽に染まった金色の雲海を見つめながら、旅の記憶をたどる。今この瞬間も、パハールガンジの喧噪の中を、たくさんのリクシャーが行き交っているのだろうか。昇る太陽の下で、たくさんの人々がガンジス河で祈り、沐浴しているのだろうか。神々しいヒマラヤの山々に抱かれ、女性たちは畑を耕しているのだろうか。鮮明に記憶が蘇る。

そして、僕のインドとネパールを巡る長い旅は、終わりを迎えた。


  




2011'10'21(Fri)22:02 [ カトマンドゥ ] CM0. TB0 . TOP ▲
カトマンドゥの先端、ダルバール・マルグ
日没後のネパール・カトマンドゥ。夜の帳が下りはじめた、パープルに太陽のレッドが入り混じった絶妙なグラデーションの空の下を、僕と先生は歩いていた。

Kathmandu101311-4.jpg
タメルから王宮博物館前の通りをしばらく東に歩くとダルバール・マルグだ。

目的地は “ダルバール・マルグ”(Durbar Marg)だ。ダルバール・マルグはタメルの東、“ナラヤンヒティ王宮博物館”(Narayanhiti Palace Museum)の南に延びるダルバール・マルグ(王宮通り)という大通りを中心としたエリアだ。ナラヤンヒティ王宮博物館は、つい最近まで王宮だった場所で、2009年より博物館として一般公開されている。

Kathmandu101311-5.jpg
活気があり、このエリアだけ一種特別な空気を放っている。

王宮通り・ダルバール・マルグは、先端のブランドショップや、ケンタッキーやピザ・ハット、サーティーワンなどの、お馴染みのファーストフード店が立ち並ぶ繁華街で、ある意味カトマンドゥらしくないエリアだが、現地の若者たちにとってはホットなデートスポットになっていて、観光とは別の視点で見た、自然体のカトマンドゥの街であるとも言える。

Kathmandu101311-6.jpg
ファーストフード店もあるが、値段的には高めの設定だ。

夜になるとブティックやレストランのネオンが燦々と輝き、若者たちで賑わうこのエリアは、カトマンドゥらしからぬ刺激的な都会の空気が流れていて、日本で言うと六本木のような街かもしれない。だが、そうは言ってもそこはカトマンドゥ。日本人や欧米人から見れば、むしろ馴染みのある風景という印象だろうか。とはいえ、素朴なネパールの雰囲気とかけ離れたこのエリアならではの要素もたくさんあるので、立ち寄ってみると逆に新鮮だろうと思う。

Kathmandu101311-16.jpg Kathmandu101311-17.jpg
露店やカジノもあったりする。本来はネパールの富裕層向けのエリアなのだろう。

僕たちは、ブティックなどが入っている “アンナプルナ・アーケード”(Annapurna Arcade)を中心に、周辺の高級路線の土産物屋や、生地屋などを見て回ったが、土産物はタメルの方が気の利いた商品が多く、掘り出し物が見つかるような気がした。それと生地屋。場所柄もあり、ちょっと敷居の高い雰囲気ではあるが、興味があったのでとりあえずチェックしてみた・・・のだが、高い。生地の目利きはかなりあるのだけど、ちょっとネパールとは思えないほどの値段だった。その割にはそれほど気になる生地もなかったので、スルーしてもいいかも。

Kathmandu101311-11.jpg
空間重視で選んだ、落ち着いた雰囲気のレストラン。タメルには洒落たレストランが多い。

さて、一通りダルバール・マルグを散策した後、夕食を食べることにした。いよいよネパール最後の晩餐だ。周辺に気になるレストランがあったので、しばらく探し歩いたのだが・・・どうにもこうにも見つからない。周囲のブティックなどで聞いても知らないというので、仕方なく別のレストランを探すことに。最終日だし、ムードのある店でうまいものが食べたいというテーマで探したのだが、なかなかこれと言った店巡り会えず、いつの間にかタメルに戻っていた。

Kathmandu101311-13.jpg Kathmandu101311-15.jpg
ネパール最後の晩餐はタメルで。ちょい敷居を上げすぎたか・・・。

今ひとつ希望通りというわけにはいかなかったが、タメルの落ち着いた空間のあるレストランに入った。店内の雰囲気が気に入ったのだが、メニューを見るとアメリカン&メキシカン。結局注文したのはハンバーガーとブリトーのプレートにビール。まぁこれはこれで久しぶりではあるのだが・・・。味はなぜかよく覚えてないけど、普通においしかったような気がする。

Kathmandu101311-10.jpg
ネパール最後の夜を、エベレストビールで乾杯。

テーブルに置かれたロウソクの炎が揺らめく中、エベレストビールで乾杯したのだった。インド、ネパールと旅してきたが、ビールをはじめとするアルコールを飲んだのはそれほど多くはない。それだけに、たまに飲むビールの味はたまらないものがあった。

Kathmandu101311-12.jpg
時折風に揺らめく、ロウソクの炎。

明日はいよいよ日本へと飛び立つ日だ。インド、ネパールと、思えば長い旅路だったが、これほどまでに充実した旅はもう二度と無いのではないかと思えるくらい、かけがえのない時間を過ごすことができた。そして、今度は日本がたまらなく恋しくなっていた。


  




2011'10'18(Tue)18:41 [ カトマンドゥ ] CM0. TB0 . TOP ▲
休息のタメル
長かったインド・ネパールの旅も、いよいよ終盤を迎える。久しぶりにポカラからカトマンドゥへと戻ってきた僕と先生は、しばし休息の一時を過ごすのだった。

Kathmandu101310-6.jpg
旅行者や現地の人たちで賑わう、タメル中心部。タメルの中心部は騒々しいのだった。

ポカラからカトマンドゥ・タメルへやってくると、街の喧噪に驚く。特にタメルの中心部はクラブさながらにミュージックガンガンの激しい店が多いから、なおさらそう感じてしまうのかもしれない。それと、これだけ賑わう繁華街なのに、不思議なほど治安がいい。

Kathmandu101310-5.jpg
タメル中心部にあるスーパーマーケット。土産物を買うのにもオススメ。

僕たちは、タメル中心部近くの店を回って、土産物を買うことにした。旅の途中だと、どうしてもこういうのは後回しになりがちで、結局買いそびれたなんてこともよくあるのだが、今回は大丈夫そうだ。土産物で結構使えるのがスーパーマーケット。友達とか会社のみんなには食べ物かな・・・とか思いながらマサラチャイのティーバッグとか、いろいろ物色。

Kathmandu101310-4.jpg
パンパニケル・ベーカリーのマサラチャイとベークドチーズケーキ。

土産物を物色したら、すぐ近くにあるベーカリー “パンパニケル・ベーカリー”(Pumpernickel Bakery)で一休み。マサラチャイとベークドチーズケーキを頼んでみた。味はまあそこそこ。インドからネパールに来て、舌もちょっと贅沢になってしまったかも。インド的には素晴らしいレベル・・・というかインドにはそもそもこういうのはなかなかないからなぁ。

Kathmandu101310-2.jpg Kathmandu101310-3.jpg
葉っぱのお皿に乗ったサモサ。外はカリカリ中はホクホク。

たまたま先生との話にサモサの話が出て、急に食べたくなったので行きつけのスナック屋に。日本に帰るとなかなか食べる機会ないし。無難にうまかった。カレーソースが付いてくるんだけど、サモサってもともとカレー味だから、カレーソースつけるとちょっとしつこいかも。

Kathmandu101311-1.jpg
なんだかんだで居心地いいです、タメル。

とまぁ順風満帆のようで、実は宿探しにちょっと苦労してしまった。以前カトマンドゥでお世話になった “インターナショナル・ゲストハウス”(International G.H.)を当たってみたら満室。仕方なく他の宿を探すもなかなか見つからず、少し奥まったところにある “フジ・ホテル”(Fuji Hotel)に泊まることに。人気の宿はやっぱり予約しておかないとだなぁ・・・油断した。

さて、長かったインド・ネパールの旅はようやく最後の夜を迎える。これだけ長期間旅したのは久しぶりで、本当に充実した旅だった。思えばいろいろなことがあったなぁ・・・などと感傷に浸りながら、僕たちはカトマンドゥ最後の夜をどこで過ごそうか考えていた。


  




2011'10'13(Thu)23:57 [ カトマンドゥ ] CM0. TB0 . TOP ▲
土砂降りカトマンドゥ
とある夕方のカトマンドゥ。タレジュ寺院の北側にある建物の最上階のカフェで、タレジュ寺院を堪能したまでは良かったが、徐々に雲行きが怪しくなり、ついには大粒の雨が降り始めた。僕たちは屋上のカフェを後にして、一旦ホテルのあるタメルへと戻ることにした。

Kathmandu61911-1.jpg
ダルバール広場の屋台。照明こそないが、屋台の台車のデザインが独特で洒落ている。

カフェのある建物から外に出ると、すでに辺りはすっかり暗くなっていた。ダルバール広場には、日中には見かけなかった屋台が点在していた。まだ雨も降り始めだったので、興味深く周囲の屋台を眺めながらも、タメル方向にインドラ・チョウクを歩きはじめた。

Kathmandu61911-2.jpg Kathmandu61911-3.jpg
夜のインドラ・チョウク周辺。(左)ライトアップされたアカシュ・バイラヴ寺院の像。(右)

夜のインドラ・チョウク。カトマンドゥの中心地区とはいえ、街灯がほとんどないので、商店の灯りだけが頼りだ。夜だからなのか、はたまた雨が降りはじめたせいか、道行く人たちの姿はまばらだった。途中にある “アカシュ・バイラヴ寺院”(Akash Bhairav Mandir)がライトアップされ、二階部分に飾られた馬を象った金色の像が美しかったのが印象に残った。

Kathmandu61911-5.jpg
突然の大雨にも関わらず、傘を差して歩いている人の姿も。

インドラ・チョウクからタメル方向に歩いていると、そのうち無視できないほど強い雨になってきた。タメルのホテルまでは、まだ1㎞以上はありそうだ。さすがにこのまま強行突破するのも厳しいかなと思い、どこかに雨宿りができる場所がないものかと、周囲を見渡した。

Kathmandu61911-7.jpg Kathmandu61911-8.jpg
インドともスタイルが似ている、カトマンドゥの雑貨屋。高台の上の狭いスペースをお店にしている。

パッと目に入ったのは角にある小さな雑貨屋。選択肢は多くない。とりあえず、緊急避難場所として、雑貨屋の屋根の下に。「雨が収まるまで、やっかいになろう」同じ事を考える人がいるもので、雑貨屋の周りは雨宿りの人たちで満員電車の車内のようなすし詰め状態。

インドでもよく見かけるスタイルの雑貨屋で、雑貨というより、主にスナックや飲み物などの軽食を扱っている。インドより、スナックのバリエーションは豊富な気がする。

Kathmandu61911-6.jpg
雨の降り注ぐ通りの風景を、しばし見つめる。たまにはこんな時間もいいものだ。

雨は収まるどころか、ますます本降りになっていった。いや、土砂降りと言っても過言ではないほどの、まるでスコールのような大粒の雨が地面を打ちつけていた。

僕たちは、狭い雑貨屋の屋根の下から出るに出られず、雑貨屋と、そして雨が降り注ぐ通りの様子を見つめていた。こんな状況だからこそ、普段あまり気に止めることのない小さな世界を感じることができる・・・のはいいんだけど、Tシャツ1枚だった僕は、妙に肌寒かった。4月とはいえ、カトマンドゥの夜は冷える。雨が降っているならなおさらだ。

Kathmandu61911-9.jpg
雨に打ちひしがれるサイクル・リクシャーに、情緒を感じた。

雨の水で濡れた石畳の通りに、街の灯りが反射して幻想的な雰囲気を醸していた。狭い雑貨屋の屋根の下からなので同じ視点でしかないが、何枚も写真を撮って雨が収まるのを待った。しかし、雨はなかなか降り止まない。仕方なく、雨脚が弱まったタイミングを見極めて、脱出した。雨が止まない以上、いつまでもここに留まるわけにはいかない。

夜になり商店が閉店しはじめ、いつの間にか通りに灯りがなくなっていた。暗闇の中をひたすらタメルのある北に向かって歩いた。目抜き通りのはずなのに、不自然なほどの暗闇だった。街灯も少ないが、カトマンドゥでは頻繁に停電が起こるので、きっとそのせいもあるだろう。

タメルのエリアに近づくにつれ、街の灯りが少しずつ戻りはじめた。僕たちは急ぎ足でホテルを目指した。雨にはすっかり濡れてしまったが、雨脚の弱まったタイミングで出られたので、まだマシだったかもしれない。身体が冷え切っていて、早くシャワーを浴びたかった。

何度か歩いたダルバール広場とタメルの間の道。しかし、雨降る夜の通りは、また一味違った。カトマンドゥの新しい風景を垣間見れたことが、少しだけうれしかった。




2011'06'22(Wed)19:00 [ カトマンドゥ ] CM0. TB0 . TOP ▲
絶景カトマンドゥ
日没前のとある夕方、僕と先生はカトマンドゥのダルバール広場を歩いていた。

目的は、何度か通ってベストスポットの目星をつけていた、三層式寺院 “タレジュ寺院”(Taleju Mandir)を望む風景。タレジュ寺院は、旧王宮 “ハヌマン・ドカ”(Hanuman Dhoka)の北側に隣接して建っている、カトマンドゥの顔とも言える建築物だ。

Kathmandu61711-1.jpg
日没前のダルバール広場の様子。カトマンドゥは、夕方になるとスモッグに覆われやすい。

タレジュ寺院は、高台の上に建てられた三重の塔で、カトマンドゥにある数あるネワール様式の建築物の中でも、群を抜いて美しい建築物だ。高さがあるので、遠くからでも目立つ存在ではあるのだが、やはり間近で寺院を望みたいと思い、建物の下から場所を変え様々な角度をつけて撮影してみたのだが、なかなか理想的な画角を見つけることができなかった。建物の構造や周囲の環境上、下からのアングルだと限界があり、どうしても平坦な風景になってしまう。

Kathmandu61711-2.jpg
ダルバール広場を見下ろす。遠くにはヒマラヤの山々のシルエットが。

そこで、理想的な角度をイメージしつつ、道をはさんだ対面にある建物の最上階から、風景を望むことにした。もちろん撮影する時間帯も重要で、日中よりは早朝、あるいは夕刻の時間帯が古い寺院の雰囲気にもっともマッチするのではないだろうかと考えたのだが、早朝に見知らぬ建物の屋上へ上るのは少々やっかいだ。というのも、寺院対面の高さのある建築物の屋上は、大抵レストランやカフェになっているからだ。そんなことを考えながらカトマンドゥに滞在していたとある夕方、タイミングを見計らって決行することにした。

Kathmandu61711-3.jpg
屋上のスポットからタレジュ寺院を望む。美しい寺院だ。

場所は、タレジュ寺院の北側にある建物の、最上階のカフェだ。残念ながらカフェの名前は忘れてしまったが、タレジュ寺院を望むのであれば、この場所がベストだろうと思う。僕と先生は、エレベーターのない建物の最上階(たぶん5~6階)まで階段で登り、目的のカフェに到着すると、寺院が正面に見下ろせる席に座り、チャイを注文した。

同じ場所には年配の欧米人夫婦の先客がいて、やはり撮影に夢中だった。考えることは皆同じだ。僕たちとその欧米人夫婦しか客はいなかったので、日没までの時間、自由に風景を楽しむことができたが、風が強く、徐々に雲行きが怪しくなっていった。

Kathmandu61711-4.jpg
空を、黒い雨雲が覆いはじめた。しかし、それが風景に素晴らしい表情を与えてくれた。

しかし、風景とは面白いもので、必ずしも晴天であれば良い風景になるとは限らない。雲が織りなすドラマチックな表情や、光の絶妙な加減が、より一層古い寺院の、あるいはカトマンドゥの街並みの魅力を引き出し、味わい深いものにしてくれることもある。だから、僕たちがその時その場所にいたということは、非常にラッキーだったのかもしれない。

きっと屋上のせいもあるだろうが、風が強く、気温も肌寒いほどで、気を利かせたスタッフが、僕たちにタオル・ブランケットを差し入れてくれた。

Kathmandu61711-5.jpg
太陽が、ちょうど寺院のシルエットの奥に沈んでいく、サンセットならではの光景。

どうしても寺院の存在感に目が行きがちではあるが、少しだけ寺院の歴史にスポットを当ててみる。タレジュ寺院は、1549年、マッラ王朝のマヘンドラ王によって建立され、現在の建物は16世紀半ばに修復されたものだそうだ。クマリの化身であるヒンドゥー教の女神ドゥルガーを祀った寺院で、寺院の中には年に一度 “ダサイン”(Dashain: ヒンドゥー教最大の祭り)の時にだけヒンドゥー教徒に開放され、本尊には王族しか入ることが出来ないのだという。

Kathmandu61711-6.jpg
シルエットだけ見ると、一見京都と見間違えるくらい、日本の仏教建築と通ずるところがある。

さて、日没の時間帯に近づくと、徐々に真っ黒い雨雲が空を覆いはじめた。建物の屋上という見晴らしのいい場所のせいか、カトマンドゥ市街や、遠くのヒマラヤの山々のシルエットまで見渡せ、わずかではあるが雲の合間から晴れ間がのぞき、そこから夕陽がチラリと見えた。太陽が沈む方角がやや逆光気味になっていたので、寺院のシルエットが浮き彫りになり、それがまた美しかった。僕が見たかったカトマンドゥの風景の1つは、これなんだなと思った。

チャイを飲みながら、刻一刻と移り変わっていく空と、ヒマラヤに沈んでいく太陽、そして目の前の寺院を眺めていると、そのうち雨が降り始めた。陽が沈み、夜の帳が降りるのと、雨が降り始めたのはちょうど同じくらいのタイミングだったかもしれない。

Kathmandu61711-7.jpg
このショットは先生の作品。斬新な視点はさすがです。

さすがに潮時を感じて、僕たちともう一組の欧米人夫婦も退散することにした。まぁ退散とはいっても、所詮出先なので、逃げ場などどこにもないわけなのだけど、いずれにしてもこのままではマズイなと思い、慌ただしく屋上のカフェを後にした。

とまぁこんな感じで、思い描いていたイメージに近いカトマンドゥの風景を堪能したわけなのだけど、こんな時に一眼レフだったらなぁと思ったりもした。でもね、写真の出来はともかく、なんか目的達成できた感があって、楽しい思い出になりました。


関連記事: ダルバール・スクエアから再びタメルへ & 古き王宮前広場、ダルバール・スクエア






2011'06'18(Sat)09:09 [ カトマンドゥ ] CM0. TB0 . TOP ▲