見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
アンコール遺跡群のフィナーレ、プリア・カン
アンコール遺跡群のフィナーレを飾るのは、“プリア・カン”(Preah Khan)です。

アンコール・トムの北側に位置するこの寺院遺跡は、規模も大きく、敷地内の空間は非常に個性的で、他とは一線を画す、独特の世界が広がっています。映画の舞台にこそなってはいないものの、アンコール・ワット、タ・プロームなどの人気の遺跡と比べても見劣りしないほど魅力的な遺跡で、フィナーレを飾るに相応しい遺跡ではないでしょうか。

Angkor11110-9.jpg
プリア・カンは1191年にジャヤヴァルマン七世によって建立された仏教寺院で、チャンパ軍(ベトナム)との戦いの勝利を記念して建てられたもの。石碑文には、10万人近い人々がここで働き、踊り子だけでも数千人いたと記されていて、当時の繁栄ぶりがうかがえる。寺院というよりは、1つの都市と表現した方が近いのではないだろうか。

Angkor11110-1.jpg Angkor11110-2.jpg
写真左は遺跡に向かう小道。道は整地されていてとてもきれい。写真右の遺跡入り口は、アンコール・トムの入り口と共通点があり、どことなく雰囲気が似ている。

プリア・カンを建立したジャヤヴァルマン七世は、アンコール・トムにあるあのバイヨンを建立した王。西塔門のテラスには、アンコール・トムと同様に、ナーガの胴体を引き合う神々と阿修羅の像が並んでいる。写真右はその手前にあるリンガを摸した砂岩彫刻。

Angkor11110-7.jpg
プリア・カンの最大の見どころは何と言ってもこの二層構造の建造物。ギリシャ神殿のような円柱状の柱はアンコール遺跡では珍しく、アンコール遺跡群にある他の遺跡とは明らかに異質な雰囲気。この建物は当時図書館であったという説もある。

Angkor11110-8.jpg
プリア・カンは「聖なる剣」を意味する。重厚で迫力のある佇まい。

プリア・カンが建てられた12世紀末に焦点を当てると、同時代の遺跡に、以前の記事で紹介したニャック・ポアンタ・ソムが存在している。この3つの遺跡は全てジャヤヴァルマン七世が建立したものであり、地図で見るとプリア・カンを基点に東に向かって直線状にほぼ同間隔で並んで配置されているのが分かる。何らかの意図があったのだろうか。

Angkor11110-4.jpg
プリア・カンは規模の大きな遺跡で、建設当時5324もの村があったと言うのだが、10万人という人口を考慮しても、さすがにそれは多すぎるような気がする。果たして本当なのだろうか。

Angkor11110-3.jpg Angkor11110-5.jpg
遺跡内部には、回廊が張り巡らせてあり、僧院や小堂などが配置されている。写真左は物売りの男の子なのだが、かなりいい服を着ていて、なかなかお洒落だった。写真右は遺跡に彫り込まれた安らかな顔のデバター。経年変化で独特の色彩を放つ。

Angkor11110-6.jpg
回廊には樹木の浸食している箇所も見られ、所々崩れている。それはそれで味があっていいのだが、保存という観点で考えると、なかなか両立するのは難しいところなのだろうと思う。

Angkor11110-10.jpg
敷地内には沐浴のための池の跡がある。僕が訪れた時は水位はほとんどなく、池と言うよりは大きめの水たまりのような雰囲気だった。おそらく訪れる時期によってもその大きさや見え方が異なるのだろうと思う。水面は一面緑色で覆われていた。

プリア・カンの二層構造の建造物があるエリアは、やや高台のテラスを歩くような構造になっており、遺跡の箱庭的視点で見ると、独特の世界観があって遺跡好きにはたまらない空間だと思います。タ・プロームのように映画の舞台になる機会があれば、一躍人気になる遺跡なんじゃないかなって思います。そんな魅力的な空間でした。

これでアンコール遺跡群のメジャーな遺跡は大体紹介できたと思います。遺跡ばかりで退屈だったのではないでしょうか。これまで見て頂き、ありがとうございます。まだもうすこしだけカンボジアの記事は続きますが、引き続き楽しんで見て頂ければうれしいです。




2010'01'11(Mon)13:43 [ アンコール遺跡群 ] CM4. TB0 . TOP ▲
プレ・ループからの眺望
カンボジア、東メボンの南側にあるピラミッド式のヒンドゥー教寺院遺跡、“プレ・ループ” (Pre Rup)は、961年にラージェンドラヴァルマン二世により建立された。プレは変化、ループは体を意味し、かつて境内で行われたという火葬の儀式がその名の由来だ。境内に在る石槽で、死者を荼毘(ダビ)に付し、その灰で死者を描く儀式が行われたのだという。

このプレ・ループ、遺跡としての規模もなかなかのものなのだが、最上層からカンボジアの大自然が一望できるため、夕暮れ時にはここからの眺望を一目見ようと観光客が集まる、ちょっとした絶景ポイントになっている。残念ながらタイミング的にここでのサンセットを見ることはできなかったが、僕が訪れたのもやや日が落ち始める夕暮れ時だった。

Angkor1810-2.jpg
傾斜の急な階段を最上層まで上っていく。最上層には中央の祠堂があり、そこから見る眺めは素晴らしい。外壁・内壁共にラテライトが使用され、経年変化でレンガのような赤褐色に発色している。近くには“東メボン”(East Mebon)という、似たような構造のピラミッド式の寺院遺跡があるのだが、プレ・ループの方が規模が大きく壮大だ。

Angkor1810-3.jpg
最上層にはライオン(シンハ)を象った像がある。遺跡を守るかのような威風堂々のシンハ像なのだが、日本の狛犬とよく似ている。ライオンは百獣の王として仏典などに頻出することから、仏教を主体とするカンボジアでも神性の高い存在なのだろう。ちなみにライオンの生息しない地域では、狛犬の形態にデフォルメされて描写されたのだそうだ。

Angkor1810-5.jpg
プレ・ループの最上層から見た景色。開放感があって、なかなかの絶景だった。遺跡の周囲には平坦な森が広がっており、視界を遮るようなものは何一つない。のんびりと夕暮れ時のカンボジアの風景を眺めながら、ここでサンセットを楽しむ観光客は多いのではないだろうか。

Angkor1810-6.jpg Angkor1810-8.jpg
太陽の光を受け、シルエットが浮かび上がるシンハ像。遺跡下層には象を模ったものもある。1000年以上もの長い年月が経過しても、なおその造形はしっかりとしている。

Angkor1810-7.jpg
遺跡の下層には、崩れ落ちもはや枠のみではあるが、当時の回廊の跡が残っている。この枠を額縁にして、記念に写真を撮るのもオススメ。遺跡には至る所にこのようなスポットがあるので、何気ない風景でも少し工夫すればとても良い撮影スポットに変化する。

プレ・ループは、密林の中にある植物と同化した多くのアンコール遺跡とは異なり、カンボジアの太陽の光に照らされた、開けたイメージが印象に残った。寺院遺跡としての歴史的価値云々よりも、このピラミッド式の寺院の最上層から見下ろすカンボジアの風景の方がこの寺院の醍醐味と言うことができるかもしれない。開けた場所にあり、非常に開放感のある遺跡なので、夕刻時の一時をのんびりくつろいでみてはどうだろうか。




2010'01'09(Sat)00:02 [ アンコール遺跡群 ] CM2. TB0 . TOP ▲
ニャック・ポアンとタ・ソム
カンボジアのアンコール遺跡群は、遺跡が広範囲に点在し、本当に大規模な遺跡です。タイのアユタヤーやスコータイのようなイメージでアンコール遺跡群を訪れると、その規模と迫力に驚いてしまうかもしれない。そしてなにより、これだけ数多くの遺跡が点在しているのにも関わらず、その1つ1つが強い個性を放っていて、非常に魅力的なのだ。

今は水のない巨大な貯水池の跡地、“東バライ”(EAST BARAY)の北に、“ニャック・ポアン”(Neak Pean)と呼ばれる池がある。池と言っても跡地のようなもので、僕が訪れた乾季の時期には水は全くなく、広場のような佇まいだった。

Angkor123009-1.jpg
12世紀末に、ジャヤヴァルマン7世により建立されたニャック・ポアンは、中央に大きな池があり、中央池を基点に東西南北に4つの小池がある。4つの小池はそれぞれ中央の大池とつながっている。中央池の中心には祠堂が水面に浮かぶかのように配置されている。

この池は、ジャヤヴァルマン7世が人々の病気を治癒するために沐浴場として造ったのだという。現代で言う病院のような位置付けの施設なのかもしれない。

Angkor123009-3.jpg
中央祠堂に刻まれたデバター。彫りが深くしっかりとしている。

ニャック・ポアンは、「絡み合う蛇・ナーガ」を意味する。そのため、中央祠堂の基壇は2匹の蛇が巻き付いたような姿をしている。

Angkor123009-2.jpg
手前左は観世音菩薩の化身、ヴァラーハがモチーフになっている。

病を癒すと言われるヒマラヤの伝説の湖、“アナヴァタープタ”を摸したと言われるニャック・ポアンは、中央の池の樋口から東西南北に配置された4つの小池に水が流れるよう設計してあり、当時の治水技術を象徴する建造物だ。今では池の水はほぼ枯れているため、池を取り囲む周囲の階段状の枠は、遺跡を観光する旅行者達の格好の休憩場所になっている。

Angkor123009-4.jpg
ニャック・ポアンの東に位置する“タ・ソム”(Ta Som)は、ニャック・ポアン同様に、12世紀末にジャヤヴァルマン7世により建立された仏教寺院。もともとは僧院で、伽藍の周囲には当時僧達が住んでいた痕跡が残っているのだという。

Angkor123009-5.jpg
がっちりと石が積み上げられた門から中央祠堂まで一直線に伸びた通路。このバイヨン様式の寺院遺跡は、破壊がかなり進行していて、若干崩れかけている。

Angkor123009-6.jpg
崩れかけてはいるが、遺跡の建材になっているラテライトの放つ色彩は美しく、印象的だ。

Angkor123009-7.jpg
タ・ソムは、アンコール遺跡群の中ではそれほど大規模な寺院遺跡ではないのだが、この東塔門の景観が独特で、旅行者に人気がある。東塔門全体がリエップという木の根に覆われており、いかにもアンコール遺跡らしい雰囲気だ。

東塔門の周囲には、アンコール遺跡のポストカードなどを売り歩く小さな子供たちがたくさんいた。子供たちは訪れる旅行者を見かけると、様々な国の言葉でコミュニケーションをとろうと試みる。ちょっとした挨拶や会話などの初歩的なものではあるのだが、まだ年端もいかない子供たちが数ヶ国(これがまた器用に使い分けている)もの言語を話そうと試みるその姿には本当に驚かされる。おそらく言葉を覚えたのは学校などではなく、「この遺跡」の「この場所」で、日々旅行者とコミュニケーションを取りながら自然に覚えていったのだろう。懸命にポストカードを売ろうと頑張っていた少女の姿が、今もまだ目に焼き付いている。




2009'12'30(Wed)21:29 [ アンコール遺跡群 ] CM2. TB0 . TOP ▲
プラサット・クラヴァンと沼に佇む女性
プラサット・クラヴァン”(Prasat Kravan)は、全てがレンガ造りという特徴を持つヒンドゥー教の寺院遺跡で、921年にハルシャヴァルマン1世により建立された。

アンコール・ワット”(Angkor Wat)が12世紀前半、“バイヨン” (Bayon) が12世紀後半の遺跡である事を考慮すると、それより200年以上も古い建造物という事になる。

Cambodia122009-2.jpg
プラサット・クラヴァンへ向かう小道。手入れがされているのか、なかなか風情がある。遺跡周辺の自然環境を散策したりするのが遺跡巡りの醍醐味かもしれない。

Cambodia122009-3.jpg
5つの塔が一列に並んでいて、最も大きい中央にある塔がヴィシュヌ神を象徴している。ヴィシュヌ神の左右の塔は、それぞれブラフマーシヴァ(写真左から)を象徴しており、両端の2つの塔はウマラクシュミー(写真左から)を象徴している。

このヒンドゥー教寺院は、1964年にフランス極東学院(フランス東洋学の伝統を継承する組織・略称:l'EFEO)により、浮き彫りの保存に重点を置いて修復され、保存状態は非常に良い。

Cambodia122009-4.jpg
中央の塔の内部にはヴィシュヌ神の浮き彫りがされている。他にもヴィシュヌ神の妻ラクシュミーガルーダに乗るヴィシュヌ神などの浮き彫りがある。修復制度が高く、保存状態が非常に良いので、この浮き彫りがこの遺跡の一番の見どころかもしれない。

Cambodia122009-1.jpg
プラサット・クラヴァンの周囲には沼がある。よく見ると沼の中央に1人の女性が佇んでいる。水浴びでもしているのだろうか。なんとなく絵になる姿だったのでパチリ。時間帯としては夕方に近づいているというのに、カンボジアの強い日差しで汗がしたたり落ちる。それだけに水のある景色を見ると、ほっと癒される。

プラサット・クラヴァンの遺跡自体は保存状態が良いとはいえそれほど大規模なものではなく、その造りも非常にシンプルだ。ただ遺跡の周辺の小道や沼などの風景は、とても印象的でなかなかよかった。夕方の沼に1人佇んでいる女性の姿は美しく、心が和んだ。




2009'12'20(Sun)11:44 [ アンコール遺跡群 ] CM0. TB0 . TOP ▲
スラ・スラン、水浴びする子供たち
バンテアイ・クデイ”(Banteay Kdei)は、12世紀末にジャヤヴァルマン七世によってヒンドゥ教寺院として建てられたが、その後仏教寺院に改修された寺院だ。仏教寺院に改修された後も頻繁に増改築が行われ、元の姿がどのようなものであったかを把握するのは難しいと言われている。バンテアイ・クデイは「僧房の砦」を意味する。

日本人にとってこの寺院で最も興味深い点は、日本の上智大学のアンコール遺跡国際調査団が、遺跡の研究・修復を担当したことだろう。修復のコンセプトは、「できる限り残されたものを使い、新しい資材の利用を極力避けて修復する」というもので、他国の修復スタイルと比較すると随所にその違いを感じ取れる。

Angkor112209-14.jpg
バンテアイ・クデイの全景。根が扇状に発達した、スポアンの巨木の姿が印象的だ。

アンコール遺跡群が崩壊する要因はいくつかあり、そのなかでも雨期の雨水が問題になっているようだ。遺跡の建材に、水分を吸収しやすい砂岩が用いられてており、雨期には水が柱の内部に染み込む。そして乾期になると、灼熱の太陽に熱せられるため、表面が劣化し、徐々に剥離していくのだという。

また、遺跡に絡みつくスポアンの樹木の根も大きな要因になっている。根が絡みつくように石積みの隙間に入り、浮き上がらせてしまうのだそうだ。

Angkor112209-15.jpg
倒壊する危険性が高いこの寺院の、崩れかけた回廊を木材で支え、祀堂上部をロープで巻いて固定するなど、一見すると危うさが漂っていなくもないが、できるだけ元の素材を生かした上でいかに修復するか、というその試みは形となって現れている。

このバンテアイ・クデイの正面には、“スラ・スラン”(Sras Srang)と呼ばれる、王が沐浴するために造られた人工池がある。

Angkor112509-1.jpg
スラ・スランは、沐浴のための池とは思えないくらい大きな池だ。現在は倒壊しているが、池の中央には塔が建っていたようだ。

Angkor111409-10.jpg
この池は、子どもたちの遊び場所になっている。

泳いだり、飛び込んだり、元気な姿を見せてくれる。カンボジアの真夏のように暑い日中の日差しの中、遺跡巡りをしていると、このスラ・スランの水場はさながらオアシスのような存在で、水遊びをしている子供たちの笑顔を眺めているだけでもこちらまで元気になるような気がした。

Angkor111409-9.jpg
カンボジアには内戦時代の不発弾地雷がまだまだ残っており、毎日のように被害に遭う人たちがいる。その数は年間約800人にも及び、現在ではその半数以上が不発弾による事故だ。

カンボジアの子供達が、危険標識に書かれている母国語のクメール文字を読むことができずに誤って危険地帯に入ってしまい、被害に遭ったり、子供たちがボール爆弾の不発弾を、爆弾だと分からず投げて遊ぶことなどによって被害に遭う場合が多いのだそうだ。

ポル・ポトの大虐殺”(1975年~1979年)の影響で、人口の約半数近くが20歳以下であるとされているカンボジアでは、子供たちへの教育制度の充実が課題なのではないだろうか。




2009'11'26(Thu)20:39 [ アンコール遺跡群 ] CM2. TB0 . TOP ▲