見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
ソウルの夜景でサヨウナラ
韓国、ソウルの旅のラストは “ソウルタワー” の夜景で締めくくりたいと思う。

Seoul32012-8.jpg
近くで見た夜のソウルタワー。タワーの色が、赤だけじゃなく青や紫、黄色へと変化する。

ソウルタワー内の施設で驚いたのは、なんといってもトイレ。ハイテクでピカピカ、クリーンなだけじゃなく、開放感のある全面の窓の先には夜景のパノラマが広がっていた。

Seoul32012-9.jpg Seoul32012-10.jpg
圧巻のソウルタワー内の空中トイレ。トイレでも絶景が楽しめる。

さて、僕と先生はさっそくソウルの夜景を楽しんだわけだが、せっかくなので最後にソウルの旅で印象に残ったエピソードをひとつ。韓国人は大半がフレンドリーで、歴史をめぐった日韓での国家間の争いなど無いように感じるほどだが、僕の中では二種類に大別できる。

Seoul32012-11.jpg
360度見渡せるので、様々な角度からソウルの夜景を堪能できる。

日本人に親しみを持って接する人々がいる反面、日本人、日本に対して強いライバル心を抱いている人々も少なからずいる。韓国の旅で、そんなもう一方の感情を持つ韓国人たちがいた。

ソウル郊外の “水原” からの帰りの電車の車内で座っていると、3人組の韓国人の若者が乗ってきた。車内は空席もまばらだった。ふと見ると、僕の対面に3人のうちの1人が座って目線を合わせようとしている。ところが、どうにも落ち着かずもう1人の若者とチェンジした。

Seoul32012-12.jpg
東京だと、新宿の近隣に高尾山があって、その上に東京タワーが建っているような感じ。

その時ようやく異変に気付いたのだが、どうも日本人である僕の対面に座ってどれだけ耐えられるかという勝負をしているような感じだった。言葉は悪いがガン付けゲームみたいなやつかな。ただなんというか、こちらとしてはまったく圧迫感がないので、奇妙な感覚だった。交代したもう1人もしばらくして落ち着かなくなり、チェンジ。その時は今ひとつ彼らが何をしているのか理解できなかったんだけど記憶には残っていて、後々考えてみると、おそらくなにか日本人に対するライバル心のようなものがあって、ああいう行動になったのかなと思った。

Seoul32012-13.jpg
ソウル市街の中心部は高層ビルが建ち並び、きれいだった。

韓国は歴史の中で日本に強い影響を受けてきた。それは今日の韓国の繁栄に大きなパワーとなっている反面、日本を強く意識し、もしかしたらある種のコンプレックスのようなものもあるのかもしれない。でもそれは、別に韓国人に限ったことではない。日本人にだって歴史の中で欧米諸国に対し、同様の感情が存在しているかもしれない。そうやって互いに影響し合い、意識し合いながら今日の世界があるのだと思う。悪く考えればその感情が時に争いの火種となるかもしれないが、互いが刺激し合えるというのはそう悪いことではないようにも思える。

などと最後は難しいことを書いてしまったが、韓国、ソウルの旅は素晴らしい旅だった。




  




2012'04'24(Tue)20:16 [ ソウル ] CM0. TB0 . TOP ▲
ソウルのクライマックスはソウルタワーで
韓国、ソウルのクライマックスは “ソウルタワー”。正式名称は “Nソウルタワー”(YTNソウルタワー)で、テレビやFMラジオ送信などを目的とした総合電波塔。

Seoul32012-1.jpg
登山道途中の公園。ブランコやジャングルジムの代わりにトレーニング機材が並んでいるのが面白い。

ソウルタワーは南山の山頂にあり、ソウルの街を一望できる展望スポットになっている。山頂まではロープウェイで行くと楽なのだが、せっかくなので登山道を使ってみることにした。

Seoul32012-2.jpg
山の中腹からの景色。すでになかなかの絶景。

天気は曇りがちだったけど、ひたすら登山道を登り続けた。登山道とは言っても舗装されていて階段もあるので、登山という雰囲気ではないが、だからと言ってそう楽でもない。

Seoul32012-3.jpg Seoul32012-4.jpg
山頂に達すると、ようやくソウルタワーの先端が見えてきた。

ソウルタワーの高さは236.7mで、高さ的には東京タワーの332.6mより低いが、南山の標高が265mなので、実際には500mもの高さからソウル市街を見下ろせることになる。

Seoul32012-5.jpg
ソウル市街の南、南山の頂上に建つソウルタワーは、眺望としては最高の立地にある。

ソウルタワーに到着したのは夕方近く。サンセットと夜景を見たいと思っていたので、まだ少し時間があった。まずは明るいうちにソウル市街の眺望楽しむことにした。

Seoul32012-6.jpg
山の上だからこその絶景。この立地は本当に素晴らしい。

ソウルタワーにはカフェやフードコート、高級レストランなども併設されていて、デートスポットとして非常に優秀。東京に住んでいても、東京タワーにはまったく行かないけど、こんなスポットがあればもっと行くかもな~と、ちょっとうらやましくなった。

Seoul32012-7.jpg
ソウルタワーの展望台から望む、ソウルのサンセット。

TOKYO JAPAN 1,157.99㎞” と展望台のウインドゥに書かれていた。近いような、遠いような微妙な距離感。そういえば滞在中、とある大病院のお医者さんと話をする機会があって、彼はしきりに「ソウルの街はどうだい?」と聞いてきた。僕は「うん、バランスの取れた素晴らしい街だ」と答えたが、彼が自分の街に自信を持つ気持ちがよく分かるほど、本当にバランスのいい、そして清潔感のある街だなという印象を持った。ソウルの街は近年急速に発達したので、現地に住んでいる彼らにとっても、自分たちの街の成長ぶりが感じられるのだろうと思う。




  




2012'04'15(Sun)13:20 [ ソウル ] CM0. TB0 . TOP ▲
ソウル、宮殿とかメシとかショッピングモールとか
ソウル市街の断片的な写真をまとめてみた。場所が結構あちこちに散っていて割と定かじゃなかったりするので、今回は旅の思い出などを交えてちょっとカジュアルにいこうかな。

Seoul21512-18.jpg
昌徳宮の入り口。

昌徳宮” は1405年に当時の国王が建てた宮殿で、正門の “敦化門” は韓国最古の門なのだそう。なんとなく日本の寺院を思わせる佇まいで、グリーンやレッドなどの鮮やかな色彩が施されているのが特徴かな。1400年というと日本は室町時代で、中国は明の時代。

Seoul21512-19.jpg
昌徳宮の正門、敦化門。

ただ、韓国の歴史建築物全般に言えるんだけど、同じ時代背景の日本の建築物と比べると、妙な真新しさがあり、かなり近代的な感じがします。特に石畳や塀なんかは後から増築された感が結構あるというか・・・。まぁ日本の寺院などの建築物も長い歴史の中で天災や戦による焼失、老朽化などで増改築されているから仕方のないことではあるけど。

Seoul21512-16.jpg
プデチゲは韓国ならではの庶民の鍋。

ところ変わってメシ。韓国名物 “プデチゲ” は、ピリリと辛いチゲ鍋に、ハムやソーセージ、インスタントラーメンを入れて煮込んだもの。日本と食文化が近いせいか、違和感なくなじむ味。

Seoul21512-15.jpg
漬け物にライスと、サイドメニューも豊富。

キムチや漬け物、赤飯風のライスなんかのサイドメニューもうれしい。以前インドで知り合った韓国人のサンジェ君が日本の食べ物は「甘い」と言っていたけど、たしかに韓国の食べ物は「辛い」。唐辛子がピリリと効いた食べ物が多い気がする。そしてなかなかにうまい。

Seoul21512-17.jpg
観光に疲れたときはやっぱりスイーツ。

そして、デザートはやっぱりヨーグルトアイス・・・って、これまた全然違う場所で食べたもの。たしか東大門近くのファッションビル “Migliore”(ミリオレ)のフードコートだったかな。韓国では比較的メジャーなチェーン店で、ソウル市内でも何軒か見かけた。

Seoul21512-2.jpg
仁寺洞界隈にあるショッピングモールの屋上レストラン。

またまたところ変わって、今度は “仁寺洞”(インサドン)のショッピングモール。名前は忘れたけど屋上部分に併設されたレストランで、なかなか居心地のいい空間だった。

とまぁそんな感じで、いろいろ詰め込んでみた。比較的短期間の滞在だったのであんまり詳しくないけど、詳しくないなりに次回はソウル郊外も紹介したいなと思ってます。


  




2012'03'04(Sun)17:39 [ ソウル ] CM2. TB0 . TOP ▲
ソウル、まずは歩く、そして歩く
ソウルの街を歩く第二弾。見知らぬ街を訪れたら、まずは歩く。それが僕の旅のスタイル。

Seoul21512-1.jpg
ビルの上から見下ろした、東大門スタジアム周辺エリア。

街の規模や環境にもよるけど、ソウルは徒歩で回るにはちょうどいい大きさだ。明洞、仁寺洞、東大門、南大門など、ある程度目星のスポットを決めて街をぐるりと散策する。ウォーキングとかジョギングの延長線で、ただひたすら歩くだけなのになぜかワクワクしてしまう。

Seoul21512-4.jpg
南大門。すぐ近くに服飾資材が豊富にそろう南大門市場がある。

近頃トレンドの韓流ドラマだが、僕はほとんど見てなかったりする。実は “冬のソナタ” すら見たことがない。あ、でもあれは見た、“猟奇的な彼女”。なんかボーイフレンドをボコボコにする映画。きっとそういうのをたくさん見ている人だと、ソウルは100倍楽しいはず。

Seoul21512-5.jpg
仁寺洞のスターバックス。マクドナルド同様、看板はやはりハングル。

韓流ドラマや映画をたくさん見ていると、ここがどの映画のロケ地とか話が弾むところなのだが、そういうのが全くなかったのでひとつひとつの場所にそれほど思い入れがなく、歩きながら撮影した街の風景も大まかなエリアは分かるものの、今ひとつ明言できなかったりする。

Seoul21512-6.jpg
雰囲気は新宿の裏通りなどとよく似ている。

歩いてて思ったのは、新宿歌舞伎町の裏通りのように無数のハングルの看板が掲げられた雑居ビルが建ち並ぶエリアが結構多いような気がした。それと飲食店、特にこじんまりした居酒屋的な店が多く、どの店も比較的メニューなどの方向性が近いイメージ。東京・・・例えば新宿だと飲食店は多いが、和食、中華、イタリアンなど、よりバラエティに富んでいるように思う。

Seoul21512-7* Seoul21512-9*
ハングルの看板が所狭しと掲げられた雑居ビル。

ソウル滞在中、いろいろなものを食べたけど、大きな特徴としては肉が気軽に食べられるところだろうか。牛肉はそれなりにするが、“トンテジ” などの豚焼肉なら結構リーズナブルな値段で食べられる。夕食時に街を出歩くと、若者たちが店の中で賑やかに焼肉を楽しんでいる姿をよく見かけるが、若者にとって日本より肉が身近なのかなと感じた。

Seoul21512-8.jpg
ちょっと雰囲気のある横町といった佇まい。

で、推測だけど、そういう食文化の傾向は、国が推奨しているんじゃないかなと思う。肉が身近にあり、よく食べるということは、身体も大きくなるし、がっちりとした体格になる。なんとなく「富国強兵」みたいな言葉を思い出した。実際街を歩いていると、韓国人の方が日本人より体格は大きい印象だ。日本ももう少し肉が安いといいんだけど・・・。

Seoul21512-10* Seoul21512-11*
何気ないソウルの街並みだが、妙な新鮮さがある。

とまぁ韓国の食文化にちょっとだけ触れてみたけど、韓国料理自体は日本人には非常に身近に感じられる味。日本同様米をよく食べるし、唐辛子をよく使って味の方向性が多少ワンパターンなところもあるけど、日本も日本食だけにスポットを当てたら、醤油や鰹だしなど味付けが似通っている部分もあるから、それぞれの特徴といったところかな。

Seoul21512-12s.jpg
仁寺洞近くにある光化門。

そうそう、街中にはコンビニも点在していて、おにぎりなんかも当たり前のように売っている。夜、小腹が空いたので、いくつか韓国ならではのおにぎりを買って食べてみたけど、いかにもコンビニのおにぎりといった感じで、味は日本のものとそう変わらない。

Seoul21512-13.jpg
ソウル中心部を流れる清渓川。

ソウルの街を歩いていて、これはいいなと思ったのが上の写真の “清渓川”(チョンゲチョン)。ソウル市街の中心部を流れる川で、元は下水道だったが、近年水質浄化や整備を行い、今では市民の憩いの場所になっている川だ。規模ははるかに大きいけど、京都の鴨川を思い出した。街の中にこういう川が流れているのは素敵だなと思う。東京にも目黒川や神田川など、川はあるけど、いかんせん街の規模が大きすぎて局地的な存在になってしまっている感は否めない。

街の規模や食べ物、憩いの場所など、ソウルは非常に居心地のいい街だと思う。


  




2012'02'27(Mon)18:48 [ ソウル ] CM2. TB0 . TOP ▲
ソウルの街並み
通訳試験のため訪れた、韓国の首都 “ソウル”(Seoul)。日本から最も近い場所に位置する韓国は、昨今の韓流ブームの影響で、今や気軽でポピュラーな海外旅行先だろうと思う。

Seoul20312-6.jpg
さっそくソウル市街を散策。

学生時代から、これまで多くの韓国人の友人たちと付き合ってきた僕だが、実は僕は韓国にあまり詳しくない。ソウルを中心に一通りのスポットは回ってみたけど、旅を終えて後から思い返してみると、はて何をしたんだっけと、今ひとつ記憶に乏しい自分がいる。決して見所が少ないわけではないのに、不思議だ。だからいつもの旅記事とはちょっと趣が異なるかもしれない。

Seoul20312-7.jpg
映画館かな。映画の広告がびっしり。

ソウルを訪れたのは9月末~10月にかけての秋口のシーズンで、気候は暑くもなく寒くもない穏やかな季節だったが、日本とは違う大陸性のツンとした空気の匂いがした。それだけで、ああ韓国に来たんだなと思った。宿泊したのは中心部にほど近い路地裏のゲストハウスで、名前は・・・ううっ失念。夜、空港からソウル市街まで来て、バックパックを背負って宿を探したんだけど、道を尋ねるために立ち寄った商店で英語がまったく通じなかったのを覚えている。

Seoul20312-8.jpg
裏通りでも4車線あったりして道幅がやたら広い。

これまで知り合った韓国人は大抵日本人より英語が話せるイメージだったので、ちょっとした英単語すら通じなかったのに驚いた。まぁこれに関しては人によるだろうから、たまたまそうだったのかもしれないけど。そんなこんなで翌日ソウルの街を散策したわけなのだが、韓国の街並みは日本のそれと非常に似ている。いや、これは悪い意味ではなくて、一見似通っているのだが、実は結構違っている、いわゆるパラレルワールドのような世界観が楽しいと思った。

Seoul20312-9.jpg Seoul20312-12.jpg
一見すると日本と見間違う風景。(左)カスタムバイクがあったのでパチリ。(右)

ソウルと東京の街並みが似ているが故に、あまり難しいことを考えずにリラックスして歩き回ることができ、気になった店に入るという感覚だったので、きっとあまり記憶に残っていないのはそのせいなのかもなとか思ったりする。ただ、日本と似た街並みではあるが、とにかく道幅が広い(片道4車線とかザラにある)ので、歩いていて気分がいい。日本、特に東京は戦後、統制された都市計画の元に作られた都市ではないので雑多な雰囲気が漂うが、近年急速に発展したソウルの街は、現代的な要素を多分に取り入れてあり、その点はうらやましいと感じた。

Seoul20312-11.jpg
遠くにソウルタワーが見える。随所にまだ新しい街であるのを感じる。

ソウルの街は結構徒歩で歩ける。地下鉄も完備しているが、中心部なら3㎞四方の中に収まりそうな感じ。だから少し時間があるのであれば、街並みを楽しみながら1、2㎞も歩けば大抵の目的地に到着できる。東京のように、街と街の境界線が無く無尽蔵に広がっていると、徒歩で都市と都市の間を移動するのは難儀だが、その点ソウルは適度なサイズなので、より気軽に散策できるように思う。繁華街以外を歩くと若干平坦な風景にはなってしまうのは否めないが、道幅が広く、東京ほど建物が隣接していないので、空が身近に感じられて開放感がある。

Seoul20312-13.jpg
若者が行き交う明洞の風景。ソウルの原宿・・・でもないか。

でまぁ、そんなことを考えながら歩いているうちに “明洞”(ミョンドン)へ。ここは東京で言う原宿的なエリアなのかな。いわゆる若者たちが集う繁華街で、ファッションブティックやマクドナルド、ダンキンドーナツなどのお馴染みのチェーン店が軒を連ねている・・・・・・んだけど、日本のマーケットを知っている生粋の東京人には、ソウルのファッション系のショップは少々物足りないかも。ナイキやノースフェイスなどのメジャーなブランド系のショップもあるが、特別に値段が安いというわけでもなく、正直言ってあまり興味が持てなかった。

Seoul20312-14.jpg
韓国のマクドナルド。ハングルで書かれたマクドナルドの看板。

ソウルの街並みの写真と共に、思い出を交えてざっくばらんに韓国について書いてみた。ソウルの繁華街が日本とそれほど差がないので、なかなか表現しにくい部分もあるけど、ソウルらしいところもたくさんあるので、今後はその辺をクローズアップしていきたいと思う。


  




2012'02'08(Wed)20:40 [ ソウル ] CM0. TB0 . TOP ▲