見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
イスタンブールのアジア側
イスタンブール、エミノニュからフェリーで「アジア側」と呼ばれる “カドゥキョイ”(Kadıköy)の港を目指す。金角湾を経由し、マルマラ海へ。海から望む街並みは壮大だった。

Istanbul42617-1.jpg
フェリーからはるか遠方の新市街を望む。

金角湾からマルマラ海へ出ると、新市街、旧市街、アジア側と、周囲を取り囲むような陸地の景観に目を奪われる。それぞれが大きく異なる街並みであることが一目瞭然になる。

Istanbul42617-2.jpg
アヤソフィアとブルーモスク。隔てるものがなにもない海からだからこその絶景。

旧市街側に目を向けると、トプカプ宮殿、アヤソフィア、ブルーモスクが連なるイスタンブール観光最大の見せ場が視界に収まる。海からだからこそ見ることができる風景だ。

Istanbul42617-3.jpg
アジア側、カドゥキョイの港。停泊しているフェリーは乗っているのと同じタイプのもの。

絶景に目を奪われながらしばらくフェリーに揺られると、カドゥキョイの港が見えてきた。遠くからではあるが、旧市街とは趣が異なり、近代的な建造物が多いのがよく分かる。

Istanbul42617-4.jpg
庶民の生活が感じられる喧噪の街並みが広がっていた。

フェリーを降りて港から街に入ると、すぐに車通りの激しい大通りに出る。歴史的建造物が目白押しの旧市街とは大きく異なり、こちらは実際に庶民が暮らす町といった雰囲気だ。

Istanbul42617-5.jpg
昔懐かしい感じのするグルグルキャンディー。こういうの食べるのだろうか・・・。

近くの売店の店頭を眺めたら、通常のスナック類やドリンク類の他、リンゴや、ポップコーンが作れそうな乾物のコーン、昔ながらのグルグルキャンディーなどがあって面白かった。

Istanbul42617-6.jpg Istanbul42617-7.jpg
活気のある路地。ファッションの店が多く、どちらかというと若者が多い印象。

大通りから路地に入ると、活気のある商店街になっていた。観光客向けではなく、地元の人たちが利用する服や靴の店、カフェなどが点在していている。下町情緒溢れる世界観。

Istanbul42617-8.jpg
骨董品屋が軒を連ねるテルラルザーデ通り。

路地をさらに奥へと歩いて行くと、骨董品屋が軒を連ねるエリアに。店先には至る所にテーブルチェアが設置され、くつろぐ人たちの姿が。じっくりアンティークを見て回ることに。

Istanbul42617-9.jpg
骨董品屋の店頭。インテリアとかオブジェを探すのにはいいかも。

なかなかお目にかかることができない骨董品ばかりで、結構掘り出し物もありそう・・・なのだが、いざ買うとなると、これが欲しいというものは見つからなかった。ちょっと残念。

Istanbul42617-10.jpg
骨董品を眺めながらテルラルザーデ通りを歩く。

でも、アンティークを見ながら歩くのは楽しい。実用性がないものが多いから、オブジェみたいな感じで飾るといいのかもしれない。古いヨーロッパの細かい装飾のものが多かった。

Istanbul42617-11.jpg
細路地に向き合うように軒を連ねるカフェ・レストラン。

カドゥキョイの街をしばらく歩き回ったらちょっと疲れたので、休憩することにした。細路地にカフェやレストランが軒を連ねるエリアがあって、これはこれで印象的な街並みだった。

Istanbul42617-12.jpg
カジュアルなオープンエアーのカフェへ。

僕たちはオープンエアーの気軽なカフェに入った。豪華ではないけど、調度品がかわいいんですよ。ミニマリズムとはベクトルの異なるエスニックな調度品の数々に魅せられる。

Istanbul42617-13.jpg
チャイと山盛りの角砂糖。かじると元気が出るよ。

チャイを注文すると、いつものチャイグラスがテーブルに置かれる。トルコのチャイグラス。傍らには山盛りの角砂糖。1つつまんで口の中に放り込む。素朴な甘さがたまらない。

Istanbul42617-14.jpg
夕方、再びカドゥキョイの港へ。

チャイを飲んで元気が出たらもう一歩きして港へ。下町情緒溢れるカドゥキョイの街は新鮮だった。学生や地元の人たちで活気があって、旧市街の観光エリアとはまた違った魅力。

Istanbul42617-16.jpg
そして帰りのフェリーに乗り込む。

ここからフェリーで旧市街のエミノニュ港へと戻ります。フェリーは頻繁に発着しているから、アジア側から旧市街や新市街へ通勤や通学をしている人も多いのかもしれないですね。

Istanbul42617-15.jpg
フェリーのトークン。運賃は片道4トルコリラ(約125円)。

イスタンブールの海を隔てたアジア側の世界。そこは訪れる前のイメージとはずいぶん違っていた。とりたてて治安が悪いわけでもなく、特にアジア人、東洋人が多く住んでいるという印象も受けなかった。観光名所の多い街の中心部より、こちら側で住む方が現実的な「庶民の町」という感覚だろうか。実はイスタンブールよりカドゥキョイの街は歴史が長いらしいですよ。




  




2017'04'28(Fri)19:02 [ イスタンブール ] CM0. TB0 . TOP ▲
アジア側へ、フェリーから見たイスタンブール
舞台は再びイスタンブールへ。イスタンブールの美しい街並みを、フェリーから望む。

Istanbul11817-1.jpg
久しぶりのイスタンブール。雑踏の中を進んでいく。

まずは “Motor”(モトル)と呼ばれるフェリーの発着場である “エミノニュ” を目指す。エミノニュの近くにエジプシャンバザールがあるため、途中の通路は人でごった返していた。

Istanbul11817-2.jpg
エミノニュに到着。ここにはフェリーの桟橋がある。

エミノニュはガラタ橋の手前にある港で、ここから様々な場所にフェリーが出ている。エリアによって様々な顔を持つイスタンブールだが、まずは海を隔てたアジア側を目指した。

Istanbul11817-3.jpg
エミノニュからの風景。ガラタ橋のはるか先に、ガラタ塔がそびえ立っている。

運賃を払い、目的地であるアジア側の港 “カドゥキョイ” 行きのフェリーへに乗り込む。混みあうことはなく、適度に空いていた。こんなところもイスタンブールの魅力だったりする。

Istanbul11817-4.jpg
フェリー側から見たエミノニュ。

ほどなく出航。エミノニュのあるこの海は “金角湾”(Haliç)と呼ばれている。名前の通り、「角のように切り込んだ細長い湾」が由来になっている。この先はボスポラス海峡だ。

Istanbul11817-6.jpg
船内の売店。飲物に軽食と、必要な物はそろっている。

まずは船内をブラつく。売店の商品を眺めつつ、船内を散策。船内はそこそこ綺麗だし、売店もあって、当たり前なのだが途上国とは違う。なんというか安心して利用できる感覚。

Istanbul11817-7.jpg
金角湾を進むフェリー。ガラタ塔が遠くに。

景色を楽しみたい僕たちは、甲板席に陣取った。甲板に上がると、遠景からガラタ塔が見えた。ヨーロッパ、アラブ、アジアが溶け込んだ街だが、アジア側は海に隔てられている。

Istanbul11817-8.jpg
はるか先にアジア側の街並みが見えた。

周囲を見渡すと、対岸の街並みが見えた。対岸も山城になっていて、立体的な街並みだ。僕たちが乗っているのと同じようなフェリーがいくつも運行しているのが見える。

Istanbul11817-9.jpg
ボスポラス海峡から望むトプカプ宮殿。海側からしか見ることのできない風景。

すぐ近くに “トプカプ宮殿”(Topkapı Sarayı)が見えてきた。トプカプ宮殿は、15世紀中頃から19世紀中頃までのおよそ400年に渡り、オスマン帝国の支配者が居住した宮殿だ。

Istanbul11817-10.jpg
ボスポラス海峡を飛び交う無数の海鳥の1羽。

無数の海鳥が、まるでフェリーの行き先を教えてくれるかのように飛んでいた。時々、甲板にいる僕たちのすぐ真上を、手が届きそうな高さで通り過ぎていく。自由を感じた。




  




2017'01'25(Wed)18:47 [ イスタンブール ] CM0. TB0 . TOP ▲
イスタンブール、ルーフテラスで過ごす朝のひととき
早朝のイスタンブールの街は、まだ眠っていた───。

Istanbul112716-1.jpg
早朝の路地裏を歩く。ひしめく店も、そのほとんどが閉まっている。

僕たちは宿泊予定のホテルを目指して歩いた。イスタンブールは大きな街だが、その気になれば徒歩で移動することが可能な距離感だ。巨大だが、街が引き締まっているのだ。

Istanbul112716-2.jpg
建物の合間から見える、朝陽に輝く海。

しばらく歩くと、建物の合間から海が見えた。遠くの海が、朝陽を浴びて輝いていた。目指すホテルは海にほど近い場所にある。僕たちは大まかに方向を定めて、ひたすら歩き続けた。

Istanbul112716-3.jpg
しばらくイスタンブールで滞在することになるホテル・ナイルズ。

途中、道を尋ねながらたどり着いたのは “Hotel Niles”(ホテル・ナイルズ)というホテル。ランク的には中級か、それより少しいいくらいのホテルなのだが、居心地が良かった。

Istanbul112716-4.jpg
室内の様子。不便を感じさせない落ち着ける空間。

部屋に着いて重たい荷物を降ろし、ようやくひと息ついた。室内はとりたてて豪華というわけではないが、清潔感があり、寝泊まりするのに十分な空間がある。窓は大きくない。

Istanbul112716-5.jpg Istanbul112716-6.jpg
軽食を食べたり、作戦を立てたりするのにもってこいのミニテーブル。(左)

部屋のコーナーに、テーブルチェアー。こういうのが結構便利だったりする。バスルームは至ってシンプル。洗面台、シャワー、トイレ。やや手狭だが、必要なものはそろっている。

Istanbul112716-7.jpg
部屋の窓からの風景。工場のようにも見えるが・・・。

室内から窓の外を眺めてみた。向かいには、小綺麗なホテルの外観とは対照的な、雑居ビルが見えた。なぜか窓の外に、カラフルなナイロン製のバッグのような物がぶら下がっている。

Istanbul112716-8.jpg
窓際でミシンワークをする人が見えた。

よく見ると、窓際でミシンワークをする人の姿が。どうやらここはアパレルの縫製工場のようだ。シャワーを浴びてリフレッシュしてから、朝食を食べにルーフテラスへ向かった。

Istanbul112716-9.jpg
緑でいっぱいのルーフテラス。

屋上には、緑でいっぱいの開放的なルーフテラスが広がっていた。天井から光が差し込み、実に清々しい。ルーフテラスを奥へと歩いて行くと、オープンエアーの席があった。

Istanbul112716-10.jpg
オープンエアーの席で、のんびりと朝の時間を過ごした。

海と街並みを一望できる、なんとも見晴らしのいい場所で、僕たちはそこに自分たちの席を確保し、落ち着いた。席の周囲も緑で彩られ、アンティークな雰囲気のランプが素敵だった。

Istanbul112716-11.jpg
海には大小様々の無数の船が浮かんでいた。

この素晴らしいテラスにすっかり魅了され、イスタンブールに滞在したしばらくの間、朝の食事の時間が楽しみだった。ルーフテラス型のレストランが多いイスタンブールのホテルの中でも、ここは格別に素敵なんじゃないかと思える、そんなセンスを感じるテラスだった。




  




2016'12'01(Thu)19:13 [ イスタンブール ] CM0. TB0 . TOP ▲
イスタンブール再び
深夜のバス停。僕たちは、トルコ西海岸にほど近い小さな街 “セルチュク”(Selçuk)から出発する、イスタンブール行きのバスを待っていた。そう、舞台は再びイスタンブールへ。

Istanbul1030016-1.jpg
深夜のセルチュクのバス停。ここからイスタンブールを目指す。

トルコ各地を巡る長旅は少しずつ終わりに近づいている。旅の終わりが近づくにつれ、まだこの地を漂っていたい、いろんな場所を訪れてみたい、という気持ちが強まってくる。

Istanbul1030016-2.jpg
整備された現代的なバス。トルコを旅する最も手軽な移動手段がバスだろう。

旅の最初にイスタンブールに滞在しているが、トルコ各地を巡った後、改めてイスタンブールをじっくり見たいと考え、イスタンブールに重点を置いて旅のスケジュールを組んだ。

Istanbul1030016-3.jpg
深夜のサービスエリア。小綺麗で日本とそう変わらない。

実際のところ、想像以上にイスタンブールの街が大きく見所も数多くあったので、最初の滞在だけでは見ることができなかったエリアも多く、プランに間違いは無かったと思った。

Istanbul1030016-4.jpg
軽食が食べられるコーナー。バーガーとか、ピザとか・・・かな。

さて、僕たちを乗せたバスは深夜に出発し、夜中の間にイスタンブールまでの距離を駆け抜けるのだが、途中、何度か休憩ポイントのサービスエリアのような場所に立ち寄った。

Istanbul1030016-5.jpg
お土産コーナー。深夜のせいか、販売スタッフがほとんどいない。

日本のサービスエリアとの違いは、都心部に近い規模の大きなSAと比べると小さいけど、機能的にも雰囲気的にもあまり変わらない印象。深夜のせいかスタッフが少ないくらいかな。

Istanbul1030016-6.jpg
もうイスタンブールは近い。よく見ると右奥にモスクの影が見える。

何度か休憩を取りながらウトウトして、ふと目が覚めたら窓の外に太陽が昇るのが見えた。いったいこの旅で何度目の朝陽だろうか。窓の外はよほど寒いのか、霜で曇っていた。

Istanbul1030016-7.jpg
目が覚めて前の方に景色を見に行ったら、いつの間にか街の中だった。

この深夜バスの旅の途中、1人旅の日本人の女の子と知り合った。一見大学生くらいに見えるのだが、なんでもイスタンブール在住の夫のところに向かう途中に観光して回ったのだそう。

Istanbul1030016-8.jpg
朝6時頃のイスタンブール。朝陽に照らされた街並みが美しい。

早朝6時頃、僕たちのバスはイスタンブールに到着した。久しぶりのイスタンブールの街並みは、朝日を浴びて金色に輝いていた。冷たく澄んだ朝の空気を思いっきり吸って深呼吸した。

Istanbul1030016-9.jpg
日本と比べると、朝の車通りはずっと穏やかに感じた。

ここからトラムを乗り継いでホテルを目指すことになる。僕と先生と日本人の女の子はしばらく一緒にいたが、駅に着いて、それぞれの方向のトラムに乗り込むところで別れた。

Istanbul1030016-10.jpg
早朝のトラムの駅。日本の通勤ラッシュのようには混みあっていない。

いよいよトルコの旅も大詰め。再び最終ポイントであるイスタンブールへと戻って来た。もっとイスタンブールを知りたい。まだ足を踏み入れていないエリアがたくさんあるのだ。




  




2016'10'30(Sun)19:03 [ イスタンブール ] CM1. TB0 . TOP ▲
紅く染まるクシャダスの街とエーゲ海
夕暮れ時の “クシャダス”(Kuşadası)。エーゲ海沿いの高台をのんびり歩いた。

Kuşadası91916-1
高台から望む、美しい海岸沿いの風景。

リゾート地だけあって、海岸沿いに点在する建物はどれもそれらしい洒落た雰囲気があった。温暖で穏やかな空気と、夕陽を浴びて紅く染まる美しい海沿いの風景に心を打たれた。

Kuşadası91916-2
突き出た出島は、14世紀に建てられた要塞がある “ギュウェルジン島”。

途中、散歩をする1匹の犬と出会った。耳には丸いタグが取り付けてあり、野良犬では無いことが分かる。撫でたら気持ち良さそうにしていた。僕たちはそのまま海岸線に沿って歩いた。

Kuşadası91916-3
はるか先にクシャダスの街が見える。

海岸線に沿って歩くと下り坂になり、遠くにクシャダスの街並みが見えた。太陽が傾いてから随分経つのになかなか沈まず、世界をさらに紅く染めた。何もかもが黄金に輝く時間帯。

Kuşadası91916-4
夕陽に照らされる、無人のカフェテーブル。

桟橋の近くに、無数のカフェテーブルが置かれていた。目の前が波打ち際で、その先には今にも沈みそうな太陽が鈍い光を放っていた。この美しい瞬間を席に座って過ごす人はいない。

Kuşadası91916-5
船着き場の風景。

桟橋には、やはり無数の船が停泊していた。すべてが紅く染まるこの最高の瞬間に出歩く人はそう多くはない。それが穏やかな空気感をより一層感じさせてくれるのかもしれない。

Kuşadası91916-6
クシャダスの街と沈みゆく太陽。

桟橋から街の中へ。山を利用した高低差のある街並みは本当に美しい。山頂には、なにやら像のようなものが建っている。長らく夕陽を保っていた太陽もいよいよ沈みそうな気配だ。

Kuşadası91916-7
クシャダスの街とギュウェルジン島、そしてエーゲ海に沈みゆく太陽。

僕たちはこの瞬間を堪能しようと、オープンエアーのカフェでチャイを注文した。今まさに沈みゆく太陽が、最後の力で照らす紅い光が、グラスの中のチャイをさらに紅く染めた。

Kuşadası91916-8
カモ・・・なのかな?すごくなついているようだった。

僕たちが座る席のすぐ傍らで、水鳥たちにエサをやる男性が。カフェのオーナーなのだろうか、鳥たちはいつものことのように、何の警戒心も無く、男性の手の平のエサを食べている。

Kuşadası91916-9
ここからは沈むのが早い。

エーゲ海のサンセット。太陽はちょうどギュウェルジン島の桟橋へと沈みそうだ。それにしてもなんて紅さだ。強い紅が海も、街も、人も、鳥も、あるゆるものを飲み込んでしまう。

Kuşadası91916-10
サンセットの瞬間。

そして、見つめているわずかな時間の間に太陽は沈んだ。

Kuşadası91916-11
夜の繁華街。歩いているのは地元の人たちくらい。

日没後、しばらく海沿いで過ごした後、帰路についた。シーズンオフだからなのか観光客の姿はほとんどなく、商店街にも人はまばらだった。夏になれば変貌するのかもしれない。

Kuşadası91916-12
バスでクシャダスから宿のあるセルチュクヘ。

空気が澄んでいるからなのか、夕方からの空の色の変化が美しく、印象に残った。豊かで穏やかな風土は、老後にのんびり暮らせたら素敵だなと感じた。今度は夏に訪れたい。




  




2016'09'19(Mon)20:16 [ エフェス ] CM0. TB0 . TOP ▲