見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
02≪ 2011| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303103/ ≫04
再生可能エネルギー、日本の歩むべき道
昨日、3月29日の参院予算委員会で行った菅直人首相の答弁の議題に、「エネルギー転換」というのがあった。今回の大震災を機に、日本のエネルギー開発を根本的に見直し、再生可能エネルギーを使用したエネルギー開発に方向転換していくというものだ。

ep33011-1.jpg
風力発電プラント。

再生可能エネルギー”(renewable energy)というのは、比較的短期間・自発的・定常的に再生される自然現象に由来し、極めて長期間にわたり枯渇しないエネルギー源(またはそこから発生するエネルギーそのもの、もしくはその利用形態)のことで、簡単に言うと、太陽や風力、水力、地熱、バイオ燃料などの、自然から得られるエネルギー源を利用するというもの。

逆に、“枯渇性エネルギー” というのがある。こちらは化石燃料(石油、天然ガス、オイルサンド、メタンハイドレート等)や、原子力発電などのウラン等の埋蔵資源をエネルギー源として利用するものを言う。今回の原発事故は枯渇性エネルギーによるものだ。(Wikipedia)

ep33011-3.jpg
太陽光発電プラント。

管首相は答弁の中で、「今回のことを教訓に、太陽、バイオなどクリーンエネルギーを世界の先頭に立って開発し、新たな日本の大きな柱にしていく」と述べ、福島原発についても「一定の安定状況になった後に専門家の意見を聞いて決めるが、廃炉とする可能性が高い」と、福島原発を廃炉とする方向性を示唆した。(時事ドットコム)

枯渇せず、半永久的な利用が可能で、エネルギー自給率の向上、調達コストの削減、環境に優しいなど、いいことずくめの再生可能エネルギーだが、その一方で短所もある。風力や水力を利用した発電はその性質上、施設の建設場所が限定され、バイオエタノールの転用は穀物や果実を高騰させ、地熱は温泉を利用するため観光業に影響を与える他、太陽発電も時間帯による出力変動や資源分布地域が不安定であるなど、まだまだ技術的な課題が残っている。

ep33011-5.jpg
水力発電プラント(左)と、地熱発電プラント(右)。

太陽や風力などの発電は、現在実験的に日本の各地で行われている。しかし、今回の震災が日本のエネルギー開発を見直すきっかけとなり、環境に優しいクリーンエネルギーを使用したエネルギー開発がより活発になることで、日本の新しいエネルギー供給形態への道が開かれるのだとすれば、これほど素晴らしいことがあるだろうか。僕はこのニュースを見て、日本の進むべき道、方向性が分かったような気がして、うれしくなってしまった。

いつの日か歴史の教科書に、「日本は大震災を機に、世界に先駆けて再生可能エネルギーを使用したエネルギー開発に取り組み、世界有数の環境大国へと変貌した」と記されることがあるかもしれない。そうなれば、震災で失われた多くの犠牲者の命も無駄ではない。

いや、決して無駄にしてはならないのだと思う。


関連記事


2011'03'30(Wed)20:59 [ 東日本大震災 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ひとつになる
未曾有の大震災から早2週間が過ぎました。被災地はまだまだ復興の目処がつかない状況ですが、首都圏は少しずつ収束に向かっているのではないでしょうか。

我が家の “とらちゃん” も、ようやくリラックスして眠る姿が見られるようになりました。

tora32711-1.jpg
フリースブランケットの上で、気持ちよさそうに寝るとらちゃん。

震災直後のしばらくの間、とらちゃんはずっとベッドの下に隠れたきり、怯えて外に出てきませんでした。余震が来る度に隠れ場所を探して、クローゼットを開けると荷物でいっぱいの内部に潜り込み、奥へ奥へと入ってしまい、そのまま荷物の影に隠れてしまうんです。

荷物の隙間に入ってしまうと、地震が発生した際に押しつぶされてしまうので、なんとか外に出すのですが、またなにかの拍子にクローゼットを開けると中に入り込んでしまいます。

Jeq32711-1.jpg
ジャカルタで、日本の復興を祈り手形で日の丸を作成。世界中から応援の声が聞こえる。(Reuters)

今週末、首都圏では気になるような地震・余震もなく、一連の水騒動はあったものの、買い占めなどによる一部の商品不足も徐々に解消されてきたような気がします。

これ以上大きな災害に見舞われなければ、首都圏はこのまま少しずつ収束に向かっていくのかなと思います。ただ、気になるのはやはり日本の経済。一部の生活必需品に特需があるようなものの、多くの業界で壊滅的な打撃を受けているのではないでしょうか。服飾などのいわゆる贅沢品も例にもれず、多くの人が買い控える中、今後の動向が心配です。

eclipse32311-1.jpg
本文とは関係ないけど、日の丸みたいな素晴らしい皆既日食を紹介。(Michael's Playground)

ひとつになる」・・・記事のタイトル。

震災から少し経って、一時の混乱が収まり考える余裕ができたのか、最近は政治や原発事故の責任に言及する内容をよく耳にします。皆これからの日本の行く末に不安を感じているし、震災で多くを失った人たちもたくさんいて、なにかにぶつけたい気持ちがある。

僕ね、思うんですよ。今は国民が一丸となって、復興に向かって突き進むときなんじゃないかって。未曾有の大震災に、誰もが手探りの状態。初めて直面する深刻な状況の中で、首相も、政党も、電力会社も、確かに国民から見れば不手際な部分もあるかもしれないけど、その中で彼等も寝る間を惜しんで必死に自分達の今できることに向き合っている。だから、そういう不手際な部分や、不器用な部分も全部ひっくるめて飲み込んでやろう、応援してやろうって。

自分が、あるいは家族が、友人が、もし逆の立場だったら・・・例えば電力会社に入社して2年目の夫だったら。そして、その夫が被爆の危険を冒して原発の事故現場に赴くことになったら。そんな視点で考えたとき、僕は応援してあげたいと思う。責任を追及するんじゃなくて、応援。

ひとつになるということ。簡単なことではないと思います。でも、今は国民皆がひとつになる努力をする時なんじゃないかなと思います。日本の国旗って、真ん中に赤い丸があるでしょ?太陽がモチーフになっているのは誰もが知っていることだけど、インドネシアのジャカルタで、人間の手形で日の丸を作っているのを見て思ったんです。すべての国民が、多くの人の心がひとつになる。正にひとつの丸・・・一丸じゃないですか。あぁ日の丸ってそんな国旗なんだなって。

“復興” という1つの目標を掲げて、国民1人1人が今できることをやる。時には思うようにできないこと、失敗したことも全部ひっくるめて飲み込んで、互いに認め合い、思いやり、応援しあう。それが「ひとつになる」ということなのなのかもしれない。


関連記事


2011'03'27(Sun)22:39 [ 東日本大震災 ] CM0. TB0 . TOP ▲
Photo Delhi part-2
前回に引き続き、インド・デリーのモノクロ写真集、後編です。

デリーはインドの玄関口で、最初に訪れたインドの都市だったので、インドという国の価値基準を学んだ場所でした。想像以上に治安が良く、見所も多かった印象があります。ただ、街が非常に広範囲に広がっているので、一旦迷うとリカバーが大変です、特に郊外は。

delhi-mono-15.jpg
夕方、1人安宿の屋上で空を見上げた。たくさんの鳥たちが羽ばたいていた。

写真は今はデジタルデータなので、カラー・モノクロと気軽に楽しめるのがいいですね。昔・・・と言うほど昔じゃないけど、フィルムの頃はモノクロ専用のフィルムを入れたり、なにかと面倒だった。カメラにモノクロのフィルムが入ってると、カラーにしたくても簡単にできなかったり。フィルムならではのできあがったときのワクワク感みたいのはあるんだけど、旅しながらだとフィルムがハンパなく溜まっていくので、データの方がいいですね。仕事的にも。

僕は、半分はフィルム世代なので、昔撮影したのはほとんどがフィルム。もちろん学生時代、アメリカで撮影した写真もすべてフィルム。ブログなどで使用するためには、スキャナーで取り込んでデータ化する必要があるんだけど、長らく仕事で使っていたスキャナーは、OSがバージョンアップしていくにつれて対応しなくなり、いつの間にか使えなくなってしまった。だからスキャナーを使うときはわざわざ古いMacを立ち上げて・・・おっと脱線しましたね。

それではデリー後編です。どうぞ!


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2011'03'26(Sat)18:03 [ Photo World ] CM0. TB0 . TOP ▲
Photo Delhi part-1
ずっとやりたいなと思っていたんだけど、面倒でなかなかできずにいたインドのモノクロ写真集。ようやく重い腰を上げて、ちょっとまとめてみた。

delhi-mono-18.jpg
モノクロならではの味わいが・・・あればいいなぁ。

写真は全て “Canon PowerShot S90” で撮影したもの。コンデジだから独特のライブ感はあるけど、まぁぶっちゃけ大した写真じゃないです。よかったら見てください。

それでは、まずはインドの首都デリーからGO。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2011'03'25(Fri)20:36 [ Photo World ] CM0. TB0 . TOP ▲
大震災を「見る」
Japan Quake Map” を使って、東日本大震災が発生した3月11日から3月24日までの12日間に、日本で発生した全ての地震の震源地をマーキングしてみた。結果は下の図。

Jeq32311-1.png
Jeq32311-2.png

発生した地震は、全てM4.0以上で、3月24日0:00時点で計731回。ドットの色が赤に近づくにつれて、地震の深さが浅くなっていく。震源地に記されたドットを見ると、そのほとんどが東北から関東にかけてのプレート上かその周辺で発生しているのがよく分かる。

Jeq32311-3.png

最大震度を記録したM9.0の地震を選択すると、日本全土が覆われてしまうほどのサークルが表示される。地震のエネルギーが大きく、非常に広範囲に影響が及んだことが分かる。最初の地震発生から12日が経過した現在、何が起こったのか、改めて確認してみるのもいいだろう。


Source: Japan Quake Map


関連記事


2011'03'24(Thu)00:27 [ 東日本大震災 ] CM0. TB0 . TOP ▲