見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
03≪ 2013| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
モロッコ、タンネリとフェズの職人たち
カサブランカ、マラケシュ、砂漠の町やサハラ砂漠、そしてここフェズ。長いモロッコでの滞在で、リヤドをはじめ様々なタイプのホテルに宿泊してきた。しかし、どのホテルも味はあるが建物は古く、設備的には快適とは言えなかった。フェズで新たに選んだホテルは、その点では大成功だった。快適さという面では、やはり近代的なホテルは素晴らしいものだった。

Fez42913-1.jpg
イビスはモロッコの大都市を中心に点在しているが、特にフェズがオススメ。中庭にはプールがある。

僕たちが新たに宿泊することにしたのは、以前から気になっていた “オテル・イビス・ムサフィール”(Hotel Ibis Moussafir)というフェズの駅前にあるアクセスのいいホテル。フランス系のチェーンホテルだが、宿泊料はそこそこリーズナブルで、フリーWifiもバッチリ。フェズ観光では立地の良さも含め、非常に使いやすいホテルだ。久しぶりに便利さを満喫できた。

Fez42913-2.jpg
城壁の門をくぐりメディナの中へ。目指すはモロッコ屈指の職人街。

午前中、宿を移動し、再びメディナへ。フェズのメディナは、モロッコ屈指の職人街で有名だ。同じ商品でも他の街で売られている物よりクオリティが高く、種類も豊富な感じがした。

Fez42913-3.jpg Fez42913-4.jpg
店先で製作に励む職人たち。細く複雑に入り組んだ路地は迷いやすい。

職人街はまるで迷路のように入り組んでいた。ガイドブックのマップではとても事足りず、僕たちはすぐに現在位置を見失ってしまった。職人街と言うだけあって、職人たちは店先で自分たちの製作物に夢中になっていて、ここでは観光客に商品を売るのは二の次のようだ。

Fez42913-5.jpg
道にも迷ったが、地元の子供たちにすっかり参ってしまった。悪意はないと信じたいが・・・。

歩いていると地元の子供たちがしきりに案内してやると話しかけてくる。しかし、どこかの目的地を目指しているわけではないし、案内料を請求されても困るので「大丈夫、必要ないよ」と答えたのだが・・・尋常じゃないしつこさで、どこまでも追ってくるのだった。

Fez42913-6.jpg
店の裏手に大規模な作業場が広がっている。

散々迷った末に、ようやくたどりついたのが革染色の職人街、通称 “タンネリ” と呼ばれる “スーク・ダッバーギーン”(Souk Dabbaghin)だ。細路地の店内から階段を上ると、革を染色する大規模な作業場の屋上に出る。下を見下ろすと、革を染色する染色桶が大量に並んでいた。

Fez42913-7.jpg
作業場の屋上から見た、革を染色する染色桶。なかなか壮大な風景だ。

各桶には様々な色の顔料が入っていて、桶につけ込んで革を染色するのだろう。モロッコの革製品は非常に色彩豊かだが、作業場を見ればあの色バリエーションの豊富さに納得できる。

Fez42913-8.jpg
天日干しをしている染色前の革。服よりもインテリアや小物に向いている革だ。

僕は仕事柄これまでたくさんの工場を訪れてきたが、モロッコの革染色の作業場は規模も大きく独特だ。モロッコの革は大味で、オイル感がなくパサパサしていて、繊細で高級感のあるスペインやイタリアの革とは異なるが、独特の色彩の商品は気軽さがあって見ていて楽しい。

Fez42913-9.jpg
フェズの絶景はこんなところに。作業場の屋上から夕方のフェズの街を眺める。

作業場の屋上は見晴らしが良く、職人たちが作業をする姿だけでなく、街の全景も見渡せた。ちょうど時刻は夕方に差しかかり、太陽が沈みはじめたところで、太陽の光で陰影が付いた街が美しく佇んでいた。僕たちはしばらく屋上で過ごし、タンネリを後にしたのだった。




  


関連記事


2013'04'30(Tue)17:56 [ フェズ ] CM0. TB0 . TOP ▲
絶滅生物を再生すべきか否か
extinct42613-2.jpg
マンモスをはじめとする絶滅した生物を再生することは技術的には可能だというのだが・・・

クローン技術の発達により、保存されている絶滅生物の標本などから再生することに取り組む研究チームが近年研究を実行段階に進めている。一方、本当に絶滅種を再生させるべきなのか疑問視をする声も上がっている。科学者たちによると、カモノハシガエルなら1~2年、マンモスの場合は20~30年、近年では、2000年に絶滅したスペインアイベックスというヤギの亜種、ブカルドのクローン化に成功したという発表もあった。しかし、こうした研究が活発化する反面、絶滅種の個体が研究対象として生かされたり、博物館などで見世物になったり、また、仮に法律的、倫理的な障壁がなかったとしても、再生した絶滅種が生態系に与える影響などが危惧されるなど、絶滅生物再生の不安要素や倫理面での問題が示唆されている。遺伝子工学の研究者たちは、DNAさえ残っていれば、20万年程度前までの生物なら再生が可能だと考えているようだ。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2013'04'26(Fri)18:52 [ World News ] CM0. TB0 . TOP ▲
世界各国、5ドルでどれだけの食べ物が買えるのか
fivedollar42313-1.jpg
世界の国々では、5ドルで一体どれだけの食べ物が買えるのだろうか。

現在の為替レートで5ドルは490円(1ドル=98円)。その5ドルで、世界の国々ではどれだけの食べ物が買えるのかを比較した動画がとっても興味深いんです。比較対象の食べ物は、バナナ、コーヒー、ビッグマック、ライス、ポテト、卵、牛ひき肉、ビールなど、どれも日常生活で馴染みのあるものばかり。見比べてみると、やはり日本は食べ物の物価が高いのかもしれません。残念ながら日本は、ライスもビールも、他の国々と比べると悲しいほど少量です。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2013'04'23(Tue)20:31 [ World 'Unique' News ] CM0. TB0 . TOP ▲
これまでで最も地球に似た惑星を発見
kepler42013-1.jpg
生命存在の可能性がある惑星の比較図。左から “ケプラー22b” “ケプラー69c” “ケプラー62e”。

NASAの天文学者チームが18日、宇宙望遠鏡 “ケプラー” により観測を行い、これまで見つかった中で最も地球に類似した惑星が新たに3個見つかったことを発表しました。今回発見された3個の惑星、“ケプラー62e” “ケプラー62f” “ケプラー69c” は、いずれも恒星と適度な距離があり、液体の水が存在する可能性があるのだといいます。ケプラー研究者の1人、トーマス・バークレイ氏は「こうした発見を重ねるほど、ますます地球が特別な場所とは思えなくなり、地球のような場所は至る所にあるのではないかと思えてくる」(CNN)と話しているのだそうで、地球と同じような環境の星が、実はそれほど珍しくはないのかもしれないという印象を持っているようです。あとは、こうした地球型惑星と地球との距離がもっと近ければいいのですが・・・。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2013'04'20(Sat)17:14 [ Outer Space ] CM0. TB0 . TOP ▲
インド南部にある、驚異的な双子出生率の村
Kodinji41813-1.jpg
ご覧の通り、双子だらけのコディンヒ村の住民たち。

インド半島の南端、ケーララ州にある “コディンヒ村”(KODINJI) は、双子ばかり生まれる不思議な村なんです。60~70年ほど前から双子ばかり生まれているそうで、驚くことに、村で暮らす2000家族のうち220組もの双子がいるというのです。例えば2008年の1年間では、300回の出産で15組の双子が誕生しており、これは1000分の45という確立で、世界平均の10倍以上の双子出生率なのだそう。コディンヒ村で暮らす家族の中には複数組の双子が暮らす家庭もあるようです。一体なぜ、この村はこれほど驚異的な双子の出生率となっているのでしょうか。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2013'04'18(Thu)19:01 [ World 'Unique' News ] CM0. TB0 . TOP ▲