見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2016| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
ネコのオモチャとはじめてのテラス
Byaku62716-1.jpg
朝日を浴びて。朝から早くも遊んでモードのびゃく。

連日届く、Amazonからの荷物。そのほとんどは、びゃくが遊ぶオモチャやツメとぎタワーなどの猫グッズだったりする。で、早速届いたオモチャで遊んでみる。Amazonで人気のあるものを選んだのだが、さすがにハンパない食いつき。リビングを所狭しと羽やらなんやらを追っかけ回して走り回る。オモチャで遊んでくれるのはいいんだけど、激しいので結構疲れる。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2016'06'27(Mon)18:28 [ びゃくとおぼろ ] CM4. TB0 . TOP ▲
生後2ヶ月のびゃく、目標は庭の散策
Byaku62216-1.jpg
生後2ヶ月になりました!

びゃく” が我が家にやって来て1ヶ月。生後2ヶ月の最初のワクチン接種をしてきました。はじめての病院にドキドキだったようで、ワクチンの影響もあって、病院から帰ってきたらしばらく寝ていました。病院で計測した体重は1.05㎏。行く前に朝量った時は1.1㎏だったから、少しだけ誤差がありますが、1㎏は確実にオーバーしました。猫の育て方についていろいろ情報収集していると、子猫の時期は順応しやすいので、いろいろな経験をさせて慣らすと良いようです。だから最近はケージに入れて少しだけ散歩に出かけたり、水遊びをさせたり、普段しないような事を少しずつ取り入れるようにしています。まずはテラスに。そして、庭や裏山の散策が目標。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2016'06'22(Wed)11:03 [ びゃくとおぼろ ] CM4. TB0 . TOP ▲
紀元前11世紀の古代ギリシャ都市 “エフェス” part-2
トルコ西部の古代ギリシャ都市遺跡 “エフェス”(Efes)。その起源はなんと紀元前11世紀にまで遡る。今から3000年以上も昔のことである。日本はまだ縄文時代だった頃だ。

Efes60216-12.jpg
アレキサンドリア、ベルガマと並んで、ギリシャの三大図書館と称された “セルシウス図書館”。

大劇場から目抜きとなる大通りを経て最初に目にしたのは、当時の面影が色濃く残る図書館。建物の外郭が残っていると、当時の建築技術がいかに優れていたかがよく分かる。

Efes60216-13.jpg
マゼウスとミトリダテスの門

図書館のすぐ隣には大きな門。奴隷出身のマゼウスとミトリダテスが皇帝に寄進したのだそう。図書館は火災により前門だけが残った状態だが、こちらは原型がしっかり残っている。

Efes60216-14.jpg
かつてはここにも建物が建ち並んでいたのだろうか。

隣接したエリアに広場があり、建物の欠片が並べられていた。

Efes60216-15.jpg Efes60216-16.jpg
美しい石畳のクレテス通り。(左)上流階級しか歩くことができなかったモザイク通路。(右)

図書館からは “クレテス通り” と呼ばれる石畳の道を歩いて行くと、途中、住居前にモザイクで飾られた通路がある。ここは一般庶民と区別し、上流階級しか歩けなかったそうだ。

Efes60216-17.jpg
立派な門構えのハドリアヌス神殿。

さらに進むと “ハドリアヌス神殿” が見えてくる。ハドリアヌスはローマ帝国の五賢帝で、門や内部には女神ティケやメドゥーサなどのキメ細かなレリーフが彫刻されている。

Efes60216-18.jpg
坂道が美しいエフェスの街並み。

道幅こそ広くないが、傾斜のある石畳の通りが、当時の美しい街並みをイメージさせる。今では建物の大半が朽ち果ててしまっているが、当時は通りにびっしりと建ち並んでいた。

Efes60216-19.jpg
崩れていてなかなか建物の判別が付きづらいが、たぶん浴場跡かな。

続いて “ヴァリウスの浴場跡” と呼ばれる2世紀に造られたローマ式の浴場跡。独特のアーチのある建築が特徴的だ。古代ローマ人は1日のうち数時間を浴場で過ごすのだそうだ。

Efes60216-20.jpg
古代遺跡に住むネコとしては体格がいいような気がするが・・・。

そして、遺跡にはネコもいる!上の写真以外にも、大劇場や図書館周辺でもいろいろなネコを見かけた。エサを食べてたから、誰かからもらっているのかもしれない。

Efes60216-21.jpg
人気の無い裏通り。

ルートを外れて裏道を彷徨ってみた。裏通りは建物のほとんどが朽ち果てている。石畳もかろうじて残っているといった印象。周囲に人影が無いから、遺跡の世界観に没頭できる。

Efes60216-22.jpg
エフェスを取り囲む山々。

ふと周囲の山々に目を向けてみる。緑がいっぱいで、実に美しい。

Efes60216-23.jpg
港へと延びる、別名ハーバー通り。観光客のいない瞬間を狙って!

そして再びエフェスのメインストリート “アルカディアン通り” へ。かつてあのシーザーとクレオパトラもこの通りを歩いたのだとか。道幅が広く、一直線に伸びる大通りだ。

Efes60216-24.jpg
アルカディアン通りを反対側から大劇場を望む。

朽ち果てた建物の数々は、他にも記事の中では紹介しきれないほどたくさんある。広域に広がる古代の大都市の姿は、今では本当に残された一部の建物や通りでしか体感することができない。それでも、当時の世界最高峰の建築技術や美術意識の高さは強く感じられた。




  


関連記事


2016'06'18(Sat)17:31 [ エフェス ] CM0. TB0 . TOP ▲
ついに “びゃく” の体重が1キロを突破!
Byaku61316-1.jpg
最近お気に入りの椅子の上でくつろぐ “びゃく”。

本日 “びゃく” の体重が1㎏になりました!我が家にやって来て22日目、約3週間になりますが、600gだった体重が1kgになってしまった。今月下旬で生後2ヶ月ということを考えると、あまりにも早すぎる成長スピード!正直ここまで早いとは思っていなかったので、驚いています。でも、交流のあるブロガーさんのコメントやネットなどで情報収集すると特別異常ではないようです。少しの差はあっても、大体生後2ヶ月前後で1㎏くらいはあるみたい。あとはここからどこまで大きくなるのか。もしかしたら来年の今頃はとんでもない大きさに進化しているのかも。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2016'06'13(Mon)17:36 [ Love Cat ] CM6. TB0 . TOP ▲
えっ、もう900g!? “びゃく” の成長がすごい
Byaku61016-1.jpg
朝陽の中でまどろむびゃく。

我が家の “びゃく”。昨日の朝に体重を量ったら、900gになっていました。その数日前には800gになったと驚いていたのに。我が家にやって来てわずか2週間の間に、600gから900gになってしまった。これって普通?特に大食いってわけではないんだけど。体重の増加に伴い、運動のパフォーマンスが飛躍的に向上しました。最初は階段1段上るのも怖がっていたのに、いまではダッシュで上り下りするようになりました。成長しているのがうれしい反面、可愛い子猫の時期があっという間に過ぎ去ってしまうのがちょっぴり寂しくもあり、複雑な気分だったりする。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2016'06'10(Fri)17:48 [ びゃくとおぼろ ] CM6. TB0 . TOP ▲