見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
ボスポラスクルーズ、ボスポラス海峡のルビー part-1
海から見るイスタンブールの街並みに魅了され、滞在中は何度も港に足を運んだ。

Istanbul83117-1.jpg
エミノニュのサバサンドの屋台。

エミノニュの港の周辺には、名物 “バルク・エキメッキ”(Balik Ekmek)をはじめとする屋台がひしめいている。中でも船の屋台が特徴的で、波に揺られる不安定な船内で魚を焼いている。

Istanbul83117-2.jpg
船酔いしそうなほど不安定なのに楽しそうに魚を焼いていた。

バルク・エキメッキとは、通称サバサンドと呼ばれている、サバなどの焼き魚とレタスなどをバゲットに似たトルコパンで挟んだサンドイッチのこと。船の屋台は時折海の波風に煽られ船体がものすごい角度になるのだが、そんなことはお構いなしにサバサンドを作っていた。

Istanbul83117-3.jpg
ガラタ橋と旧市街。美しき街並み。

イスタンブールの美しい街並みは、陸地が山なりになっていること、海沿いに見所の建造物がひしめいていること、マルマラ海を取り囲むように陸地があること。これらが世界に類を見ない魅力的な街並みを形成しているのだ。もちろん建造物の規模や美しさは語るまでもない。

Istanbul83117-4.jpg
橋の上では釣りをする人々が。橋の下にはレストランが軒を連ねている。

さて、夕方エミノニュの港から “ボスポラスクルーズ” という、ボスポラス海峡を周遊するルートのフェリーに乗ってみた。サンセットのイスタンブールの街並みを見てみたかったのだ。

Istanbul83117-5.jpg
先ほどの船のサバサンドの屋台。

出航したフェリーが、少しずつエミノニュから離れていく。

Istanbul83117-6.jpg
小島に建てられた建造物、乙女の塔。

海の中の小さな小島にひっそりと建っている建造物が気になった。“乙女の塔”(Kiz Kulesi)と呼ばれる城塞で、かつて灯台として使われていたものを改装し、今はレストランになっているのだとか。水面スレスレなので、高波になったらすぐに海に飲み込まれてしまいそう。

Istanbul83117-7.jpg
僕たちが乗っているフェリーはこんな感じ。

ボスポラスクルーズのルートは、ボスポラス海峡を北上して戻ってくるルートになっている。

Istanbul83117-8.jpg
海峡を結ぶボスポラス大橋の勇姿。

このルートで最も目を引くのが海峡に架けられた巨大な吊り橋 “ボスポラス大橋” ではないだろうか。全長1500mもある大きな橋で、橋の途中に補強の支えが全く無いのがすごい。

Istanbul83117-9.jpg
あっという間に通り過ぎてしまった。

これだけ大規模な橋なのに、シルエットは驚くほどスリム。強度は大丈夫なのだろうか・・・。

Istanbul83117-11.jpg
ヨーロッパ的な風貌の城塞、ルメリ・ヒサル。これをたった4ヶ月で造ったというのだからすごい。

ボスポラス大橋を越えしばらくすると、左手に巨大な城塞が見えてきた。これは “ルメリ・ヒサル”(Rumeli Hisarı)という、オスマン帝国のメフメト2世が1453年に、わずか4ヶ月ほどで造営し、東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルの攻略の拠点にしたのだとか。

Istanbul83117-12.jpg
高低差のある立体的な街並みは郊外でも同様。

サンセットの時間が刻一刻と近づいていた。

Istanbul83117-13.jpg
どの方角を見ても美しい街並みが広がっていた。

夕陽に照らされた街並み。海からだからこその景観。

Istanbul83117-14.jpg
新市街のビル群。

新市街の方角だろうか、たくさんのビル群が見える。歴史的建造物が目白押しの旧市街とは対照的な、イスタンブールのもうひとつの顔だ。こちらにもスポットを当てていきたい。

Istanbul83117-15.jpg
ボスポラス海峡のサンセットまであとわずか。

沈みゆく太陽。サンセットを期待して夕方のボスポラスクルーズのフェリーに乗ってみたが、ルートのどの場所でサンセットが訪れるかは分からなかった。時折山なりになった街並みのシルエットに太陽が隠れることがあるが、サンセットまであとわずかな時間はありそうだ。




  


関連記事


2017'08'31(Thu)19:18 [ イスタンブール ] CM0. TB0 . TOP ▲
成長した2匹に新しい勾玉チョーカー
cats82117-2.jpg
2匹とも、もうすっかり成猫です。

最初にびゃくとおぼろの勾玉チョーカーを作ったのが昨年の10月。成長した2匹のために、少しサイズを大きくして改めて我が家の印を作ってあげました。普段家の中やテラスを走り回っている2匹なのに勾玉はほぼ無傷。硬度が高いのか、思ったより丈夫でした。そのかわり、びゃくのチョーカーのヒモがほつれはじめてた。まぁ毎日あれだけ激しく動いてると仕方ないかな。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2017'08'21(Mon)18:35 [ びゃくとおぼろ ] CM2. TB0 . TOP ▲
ファーミネーターでスッキリ! シャープになったびゃくとおぼろ
FURminator81517-1.jpg
我が家のネコたちに、抜け毛の最終兵器 “ファーミネーター” を導入してみた。

我が家の2匹のネコ。黒猫のおぼろは毛が細くて短いのでそれほど気にならないが、キジトラのびゃくは結構モサモサ長い毛が生えていて、換毛期になると抜け毛がすごい。で、以前から気になっていた “ファーミネーター”(FURminator)を導入してみた。ブラッシングするだけで抜け毛がゴッソリ取れるという最終兵器。さっそく使ってみると・・・取れる取れる。ちょっとブラッシングしただけで上の写真のような毛の塊ができた。ヤバイ、なんか人形とか作れそう・・・。


続きはこちらから
  ↓↓↓


>> ReadMore
関連記事


2017'08'15(Tue)17:56 [ びゃくとおぼろ ] CM0. TB0 . TOP ▲
トルコの代表的な煮込み料理を作ってみた
Turkish80217-1.jpg
トルコの国民食 “エティリ・クル・ファスリエ” にチャレンジ。

今回作ったのは、トルコの代表的な国民食で “牛肉と白インゲン豆の煮込み”(Etli Kuru Fasulye)と “挽き割り小麦のピラフ”(Bulgur Pilavı)の2品。「牛肉と白インゲン豆の煮込み」は本来はラム肉を使うのですが、牛肉で代用。名前通り牛肉と白インゲン豆を煮込み、トマトペーストで炒めたタマネギとニンニクを加えたもの。「挽き割り小麦のピラフ」は挽き割り小麦をトマトペーストで味付けしたもの。トルコ料理はトマトペーストを使う料理がいっぱい。どの家庭にもある、日本で言う味噌のようなものらしいです。2品を1枚の皿に盛り付けてみた。

食べてみた感想として、シチューやクスクスなどと非常に近い食べ物であるという印象。柔らかく煮込んだ牛肉と挽き割り小麦のピラフの相性もいい感じ。どちらもトマトペーストを使うので、見た目的に違和感が無い。挽き割り小麦のピラフが想像以上にボリュームがあり、お腹に貯まります。あとは挽き割り小麦はもう少し細かいものを使っても良かったかも。

これまでいろいろなトルコ料理にチャレンジしてきたけど、その中でも日本人が違和感なく食べられるトルコ料理という印象。トルコ料理独特のトマトの酸味が少なく、クセが無い。それだけにクスクスとどちらを作るか悩むかも。ピラフの代わりにクスクスでもいけそう。




  


関連記事


2017'08'08(Tue)18:03 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
最近ハマっている、真夏のバスタイムに最高の入浴剤
Kneipp80317-1.jpg
汗ばむ真夏の夕暮れ時に “クナイプ・スーパーミント” でクールダウン。

我が家は山の上にあるので、通勤などで徒歩で外出した帰り道は、長い登り坂を歩かないといけないんです。真夏になるとこれがけっこうキツイ。いつも家に着く頃には汗だくになります。で、最近ハマっている入浴剤が上の写真の “クナイプ・スーパーミント”。夏向けの商品で、通常の「ミント」のクール感をアップさせたもの。寝苦しい夜や、疲れがたまってきたら、これをぬるま湯に入れていつもよりちょっと長めにお風呂に入ります。そうすると風呂上がりにヒンヤリとした清涼感がしばらく続いて身体をクールダウンしてくれるんです。これが最高!ヒンヤリしながらテラスでキンキンに冷えたビールと、ケバブをつまみながらネコたちと夕暮れ時を過ごせたらもう言うこと無しですね。気になった方はぜひ1度試してみて下さい!




  


関連記事


2017'08'03(Thu)19:22 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲