見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
ボスポラスクルーズ、ボスポラス海峡のルビー part-2
───ボスポラス海峡に沈みゆく太陽。

Istanbul83117-16.jpg
ボスポラス大橋の、支柱の無い細いシルエットが浮かび上がる。

サンセットの瞬間は、フェリーが再びボスポラス大橋に近づいた辺りだった。

Istanbul83117-17.jpg
ボスポラス大橋は全長1510mの吊り橋。

横からシルエットだけ見ると細い橋だが、橋の上は6車線もあるらしい。

Istanbul83117-18.jpg
沈む太陽をバックに、ボスポラス大橋のシルエットを望む。

東のアジア側は住宅地区がメイン、西のヨーロッパ側は商業地区がメインになっているそうだ。

Istanbul83117-19.jpg
サンセット直前の船内の様子。

船内でも窓からサンセットを眺める人々の姿が。

Istanbul83117-20.jpg
太陽が沈む瞬間。

ボスポラス大橋を越えて少しして、太陽は完全に大地に飲み込まれた。

Istanbul83117-21.jpg
突き出た尖塔はガラタ塔だと思う。

ガラタ塔のすぐ右手に沈んだので、とてもいい位置でサンセットを眺めることができた。

Istanbul83117-22.jpg
右奥にガラタ塔、影になってよく見えないが中央にガラタ橋が架かっている。

太陽が沈んだ後も、空は美しい紅に染まっていた。

Istanbul83117-23.jpg
さらに近づくと、ガラタ橋のネオンが煌煌と輝いていた。

ガラタ橋が見えてきた。向かって左側にある港がフェリー乗り場のあるエミノニュだ。

Istanbul83117-24.jpg
近くで見ると橋の下の鮮やかなレストランのネオンが際立っている。

そして再びエミノニュに戻り、僕たちはフェリーを降りた。

Istanbul83117-25.jpg
バックにそびえ立つイェニ・ジャーミィ。

夕方になると広場の屋台のネオンが灯りはじめ、日中とはまた違った雰囲気に。バックにある巨大な建造物はイェニ・ジャーミィ。こういった巨大なオスマン建築のモスクが街中に点在していることが、イスタンブールの街の美しさをさらに際立ったものにしていると思う。




  


関連記事


2017'09'05(Tue)12:14 [ イスタンブール ] CM0. TB0 . TOP ▲