見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
アウローラの記念品
Laguiole33014-1.jpg
アメリカから、アウローラへの引っ越しの記念品が届いた。

アメリカからパッケージが送られてきました。引っ越す前にこっそり注文していた “Aurora” の記念品です。まぁ上のもう写真で出ちゃってますけど、“Chateau Laguiole”(シャトー・ラギオール)のソムリエナイフです。ワインのコルクを開けるアレです。記念になるものは、日常的に使えるものがいいなと思ってこれにしました。なぜわざわざ海外へ発注したかというと、実はこのナイフ、いろいろ特別です。見る人が見れば、上の写真で分かってしまうかも。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Laguiole33014-2.jpg
レーザーによる、オリジナルのロゴの刻印。

最大のポイントはアウローラのロゴを入れたこと。太陽と大地、それにネコのシルエットを入れたロゴを作成して、ブーツレバーに刻んでみました。日本でもオリジナルの図案をネーム入れすることは出来るのですが、サンドブラストで表面を削るというのが主流です。こちらはレーザーによるもので、サンドブラストに比べ、メリハリのある文字や図案が刻まれるんです。

AuroraLogo33114-1.jpg
太陽と大地、そしてネコ」テーマは夜明け。やっつけ仕事だけど、せっかくだからこだわってみた。

Laguiole33014-3.jpg
ずっと気になっていたシャトー・ラギオール。購入するいいきっかけになりました。

さらに、実はこのモデルは日本には販売されていないモデルです。“Juniper”(ジャニパー)という、ヒノキ科のウッド素材をハンドルに使用したもので、キメ細かいナチュラルウッドの木目が魅力。日本だと最上級モデルのひとつ、ヴェルサイユ・シリーズに、シャトー・ベルサイユのジャニパーウッドをハンドル材に使用したモデルがありますが、同名の素材とは思えないほど、色も木目の表情も違うんです。最後にシース。ようするにケースですが、日本だとシースの色が選べなかったり、形状も異なるようです。そんなわけで、いろいろな意味で特別な1本になりました。引っ越してからのここ数日間は、安ワインだけど、毎晩ワインを楽しんでます。




  

関連記事






exclusive60g.png

2014'03'31(Mon)07:57 [ お気に入り ] CM3. TB0 . TOP ▲
COMMENT


はじめまして!

おきてがみの足跡から覗きにきました。

もうじっくり見させて頂きたいと思う
こちら宝石箱のようなブログですね。

ロゴやバナー、手作りなのですね。

またお邪魔いたします^^
2014/04/02 09:54  | URL | ユトリロ #- [edit]


ユトリロさん、はじめまして!

ありがとうございます。

旅や世界の文化、出来事に興味があって、楽しみながら
ブログを作っていたら、こんな感じになってました。

ユトリロさんのブログも、鮮やかな写真がいっぱいで素敵ですよ!
いろいろ交流できたらうれしいです。
2014/04/02 23:46  | URL | Garyo #- [edit]


このコメントは管理者の承認待ちです
2014/04/03 00:02  | | # [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1016-9e547d98
trackback