見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
世界各国の「独自の」テーブルマナー
DiningTaboos51414-26.jpg
世界の国々・地域の、独自のテーブルマナーが面白い!

我々日本人が、普段当たり前だと考えている食事のマナーも、時に世界の国々ではその価値観が全く通じないことがあります。食事のマナーは世界共通ではなく、世界の様々な地域によって独自のテーブルマナーがあり、中には外国人から見ると不可解なものも少なくないようです。例えばインドでは食事の際、不浄とされる左手を使わず右手で食べる、というのは有名な話ですよね。そんな独特なマナーの数々を見ていると、宗教的な要素が少なからず影響しているようにも感じます。外国人であっても、その国を訪れる際は知っておくと良いかもしれませんよ!


続きはこちらから
  ↓↓↓




DiningTaboos51414-1.jpg
【25. 中国】箸を人に向けてはいけない
指すという行為は「指示する」こと、つまり相手を見下した行為になる

DiningTaboos51414-2.jpg
【24. 韓国】最年長者が食べはじめるまで、食事を口にしてはいけない

DiningTaboos51414-3.jpg
【23. チリ】たとえピザだとしても、手を使って食べてはいけない

DiningTaboos51414-4.jpg
【22. イタリア】「もっとチーズをかけて」とオーダーしてはいけない
シェフの腕を侮辱することになる

DiningTaboos51414-5.jpg
【21. タンザニア】招かれた食事には20分遅れて来なくてはいけない
早く来ることはホストを侮辱することなる

DiningTaboos51414-6.jpg
【20. ロシア】ウォッカの空き瓶は常に床に置かなくてはならない
テーブルの上に戻すと縁起が悪いとされる

DiningTaboos51414-7.jpg
【19. 日本】箸で食べ物を渡してはいけない。
火葬後の遺骨を拾うときに箸から箸へ遺骨を渡して骨壺に納めることから縁起が悪いとされている

DiningTaboos51414-8.jpg
【18. イギリス】スープ皿を傾ける時は手前を上げなければならない
スプーンですくうときも、手前から奥にスプーンを運ぶ

DiningTaboos51414-9.jpg
【17. ロシア】ナイフについた食べ物をなめてはいけない
とても失礼な意味合いになる

DiningTaboos51414-10.jpg
【16. 中国】麺を切って食べてはいけない
長い麺は長寿を意味し、麺を切ることは短命を意味する

DiningTaboos51414-11.jpg
【15. インドネシア】常に両手をテーブルの上に置かなければならない

DiningTaboos51414-12.jpg
【14. イタリア】最初に食べ物を勧められたときは必ず丁寧に断り、二度目に勧められたら受け入れる

DiningTaboos51414-13.jpg
【13. ジャマイカ】赤ん坊に鶏肉を与えてはいけない
言葉が話せるようになる前の子供に鶏肉を与えると、2度と話せなくなると信じられている

DiningTaboos51414-14.jpg
【12. ナイジェリア】子供に卵を食べさせると泥棒になると信じられている

DiningTaboos51414-15.jpg
【11. フランス】急いで食事を食べることは失礼であると考えられている

DiningTaboos51414-16.jpg
【10. 日本】食べ物に箸を垂直に刺してはいけない
葬儀で供物を死者に捧げる時の作法を意味する

DiningTaboos51414-17.jpg
【9. アフガニスタン・イスラム圏】食べ物は右手で食べる
左手は不浄の手とされており、トイレで使う

DiningTaboos51414-18.jpg
【8. フランス】食べ残しをしたり、食べ残しを詰める箱を求めてはいけない
食事を楽しめなかったことを意味する

DiningTaboos51414-19.jpg
【7. ドイツ】手を使って食べていいのはパンだけ

DiningTaboos51414-20.jpg
【6. カザフスタン】カップに半分しか入っていないお茶が出される
満杯のお茶は、主催者があなたに早く帰ってほしいと望んでいることを意味する

DiningTaboos51414-21.jpg
【5. アゼルバイジャン】塩をこぼしてはいけない
喧嘩を望んでいることを意味する。また、塩に砂糖をかけることは、喧嘩を受けることを意味する

DiningTaboos51414-22.jpg
【4. エジプト】食卓用塩入れを手に持ってはいけない
シェフを侮辱したことになる

DiningTaboos51414-23.jpg
【3. フランス】割り勘にしてはいけない
割り勘は無粋であり、すべて支払うか、すべて支払ってもらうか、どちらかでなくてはいけない

DiningTaboos51414-24.jpg
【2. エストニア】床に落ちたパンは捨てる前にキスをしなくてはいけない

DiningTaboos51414-25.jpg
【1. 韓国】目上の人の前で何かを飲むときは、口を覆い横を向かなければならない
目上の人に飲んでいる姿を見せるのは失礼であるとされている


どれもその国や地域ならではの独特な食事マナーばかりですね。その国を訪れた際に知っておかないと、気が付かないうちに相手を気分を害してしまうかもしれませんね。


参考記事: 25 Dining Taboos From All Over The World That You Should Remember & 国が違えば食文化も違う。世界25の独特なテーブルマナー


  

関連記事






exclusive60g.png

2014'05'14(Wed)18:24 [ World 'Unique' News ] CM5. TB0 . TOP ▲
COMMENT


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/15 14:42  | | # [edit]


こんにちは
食事のマナーを知ることは海外旅行には大切なことかもしれませんね。
イメージとの違いを感じたのは、イタリア。
日本にも同じような雰囲気はありますが、陽気でオープンなイメージのイタリアが一度は断るらなければいけないんですね。
困るのは宗教からのやってはいけないことですね。
インドカレーを右手で食べるのはいけないなどは、案外難しいものがありました。
それに、長い麺を食いちぎってはいけない?日本そばも一気にいきますが、短いので困らないけど・・・
2014/05/16 09:37  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


夏さん、こんにちは!

僕もイタリアの「最初は断る」というのは、いままで意識したことがなかったです。
次からはちょっと意識しないとですね。

あとは韓国の、目上の人の前で何かを飲むときに「口を覆い横を向く」という
のも、他にはない独特の食事マナーですよね。

これも、韓国人の友人と食事をする際、考えたことがありませんでした。
まぁ友達の場合は、あまり気にすることはないのかもですが・・・。

その国それぞれのマナーがあるので、実践するのはなかなか難しいものですね。
2014/05/17 23:49  | URL | Garyo #- [edit]


こんにちは
コメントに大きな間違いをいたしました。

インド料理を食べるときには、左手で食べてはいけないと言われたような! 大変失礼いたしました。訂正いたします。
2014/05/19 10:54  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


>>夏さん

ふふ、大丈夫ですよ。

インドカレー、僕は結構左手を使っちゃうんですよね〜。
インドでもできるだけ気をつかって食べてはいるんですけど、
ナンやチャパティをちぎるときに左手を使うこともあります。

インドの列車の車内で、向かいに座っていた女の子がチャパティを
手慣れた手つきで右手でちぎって食べてるのを見て、感心しました。
2014/05/19 18:35  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1028-b8796b3c
trackback