見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
蚊に刺されないための8つのポイント
Mosquito71814-1.jpg
蚊にとって、人間はおいしいディナーなのだ。

アジアの国々を安宿泊まりで旅すると、絶対に避けられないのが「蚊」。僕も安宿に着くや否や、荷物を降ろして最初にするのは蚊取り線香の儀式。よく蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるというけど、実際はどうなのだろうか。研究により、科学的に蚊が好むもの、嫌うものが分かってきた。太古の昔から続く蚊と人との闘いに、今こそ終止符を打とうじゃないか!


続きはこちらから
  ↓↓↓




1. ニンニクが蚊を遠ざける
ニンニクが蚊だけでなく他の虫(例えばダニ)を遠ざけるのにある程度の効果を発揮することは、多くの科学的研究によって裏付けられた。これは、すべての種類の蚊に効果があるわけではないが、汗や息を通してわたしたちの体から発散することで、蚊を遠ざけるのを助けてくれる。


2. 高濃度のビタミン(B1、B6、C)を含む食品を摂取する
高濃度のビタミンB(B1とB6)やビタミンCを含む食品は、わたしたちの汗を蚊が嫌うよう変化させる効果をもっているという。


3. 熟成チーズは蚊を惹きつける
蚊を惹きつける匂いとして挙げられるのが、オランダのチーズ、リンバーガーやその他の熟成チーズのものだ。その要因はこれらのチーズが含む細菌にあると、ヴァーヘニンゲン大学の2006年の研究が特定した。これは、足やくるぶしの皮膚上にいる細菌とよく似たものだ。このことから、なぜ体のこの部分が最も蚊にかまれる場所のひとつなのかに対する説明となる。


4. ビールを飲むと蚊に刺されやすくなる
ビールを飲むと、それが小さなコップ1杯であっても蚊に噛まれる可能性は高くなる、というものだ。こう主張しているのは、「PLOS One」で公開されたフランスのある研究だが、他のアルコール類でも同じ効果があるかどうかは不確かなままだ。その理由はまだ詳しくは分かっておらず、研究者たちは、ビールが汗と一緒にエタノールの分泌を増加させる、だとか、蚊を惹きつけるのはアルコールで上昇した体温によるものだと仮定した。しかし、どちらの理論も確かなものとして裏づけられているわけではない。ビールが蚊を惹きつける理由は秘密のままだ。


5. 食べすぎると蚊を引き寄せる
食べすぎは、蚊を引き寄せることになるとも言える。蚊は自分の標的を見つけるのに、標的が吐き出す二酸化炭素の流れを追う(蚊のもつ特殊な器官は、50mの距離からの追跡を可能にする)。つまり体重過多で、より多くの二酸化炭素を吐き出す人は、より標的になりやすい、というわけだ。


6. スポーツをすると蚊を惹きつける
スポーツをする人も、危険度が高い。蚊は、その犠牲者を見つけだすのに、乳酸や尿酸、アンモニアのにおいを追うからだ。これらはまさに、運動中、わたしたちが体外に放出しているものだ。さらに熱せられた体も、蚊を惹きつける。


7. 蚊はO型の血液に惹きつけられる
蚊は、O型の血液型により惹きつけられ、A型と比べてほぼ2倍だ。
一方、B型は1.5倍と数字は落ちる。


8. 蚊は黒、青、赤の色に惹きつけられる
蚊は、私たちを見つけだすのに視覚をも用いる。黒、青、赤が、彼らの「お気に入り」の色だ。


僕はO型で、黒、青、赤の服をよく着るし、ビールもよく飲むし、スポーツもするから、不可避ですね・・・。ニンニクとビタミンを摂取して、この夏を乗り切ろう。


参考記事: 蚊から身を守るために知っておくべき8つのこと


  

関連記事






exclusive60g.png

2014'07'18(Fri)19:55 [ World 'Unique' News ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1049-6277f7bf
trackback