見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
NASAの次期火星探査車に「酸素生成装置」が搭載
mars80514-1.jpg
火星探査車キュリオシティーが撮影した「自分撮り」画像。

2020年のNASAの火星探査車に、二酸化炭素から酸素を生成する酸素生成装置 “MOXIE” が搭載されるそうです。まだ実験段階ですが、もし火星で酸素が生成できるようになれば、将来的に有人探査がかなり現実味を帯びてきます。次期火星探査機では「火星環境の潜在的な居住可能性を判定し、太古の火星生命の痕跡を直接的に探査する」こともミッションになっているので、NASAが火星の古代生命の存在・痕跡の可能性を、現実的なものとして捉えていることにもなりますね。それにしても、二酸化炭素から酸素を生成するのってすごいことのように感じますが、どうなのでしょうか。NASAは2030年代までには火星の有人探査実現を目指しているようです。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、8月1日のAFPより抜粋

2020年に火星に向かう米航空宇宙局(NASA)の次期ロボット探査車に搭載される最新機器類の中には、二酸化炭素(CO2)から酸素を作る装置が含まれる予定だ。米マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、MIT)が設計するこの「火星酸素現地資源利用実験装置Mars Oxygen ISRU Experiment、MOXIE)」は、火星大気を宇宙飛行士が呼吸できるように変換することが可能かどうかの調査を目的としている。NASAはこれまで、ロボット探査車を次々と火星に送り込んでおり、直近では2012年にキュリオシティーが打ち上げられ、火星に到着。さらに2030年代までには、火星表面の有人探査を実現させたい方針だ。

mars80514-2.jpg
2020年の探査車に搭載される、火星酸素現地資源利用実験装置(Mars Oxygen ISRU Experiment)

NASA有人探査部門のウィリアム・ゲルステンマイアー副主任は「2020年の探査車は、宇宙飛行士らが直面する火星環境に関する疑問に答えを出したり、火星への着陸、探査、帰還の前に必要になる技術をテストしたりする助けになるに違いない」と話している。また2020年の火星探査車は「将来のミッションで地球に持ち帰るために保管される岩石や土壌のサンプル群を特定して選定する」ことも目的としている。さらには「探査車の着陸地の地質学的な評価を行い、火星環境の潜在的な居住可能性を判定し、太古の火星生命の痕跡を直接的に探査する」予定だという。この他、2020年の無人探査車への搭載が提案されている機器には、化学組成や鉱物の分析や有機化合物の検出に用いる高性能のカメラと分光計などがある。またNASAによると、気温、風速と風向、気圧、相対湿度、塵などの分析を行うための地中探知レーダーと各種センサーも搭載される予定だという。NASAが科学機器として選定した技術提案にかかる総費用は1億3000万ドル(約134億円)とみられている。(AFP)


そう言えば、火星移住計画・マーズワンで、食料も生成するようなプランがあったような気がするけど、それはどんな装置なのだろうか。何もない無人の砂漠で食料が無限生成できるような装置があったら、火星でなくとも大いに役立つと思うんだけど・・・。




  

関連記事






exclusive60g.png

2014'08'05(Tue)19:19 [ Outer Space ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは
火星探査車キュリオシティーが撮影した「自分撮り」、何か物悲しく見えてしまうのですが。長旅でよれよれになってひとり寂しく・・・途方にくれているような。

計算上は出来るのかもしれませんが、帰ることがない旅に心はついていけませんね。
2014/08/09 13:37  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


夏さん、こんにちは!

キュリオシティーが撮影した火星の風景、太陽の光もあって、
なんだか地球のどこかの砂漠のようですよね。

でも実際は、地球から最大約4億キロも離れているんですよね〜・・・
キュリオシティーもきっと寂しいと思いますよ。

そのうち人が降り立つと思うと、不思議な気分です。
2014/08/10 10:06  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1054-9983b7f4
trackback