見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
2050年には世界人口の「4分の1」がアフリカ人になるらしい
Africa81414-1.jpg
新年を祝うために訪れた人々で混雑する、南アフリカ・ダーバンのビーチ。(Reuters)

現在72億人に達する世界人口。このままのペースだと、2050年に約96億人、2100年には約109億人に達すると予測されている。それに伴い、水や食料の供給が深刻な問題となっている。主にアフリカと、インドや中国などアジアの人口急増が要因とされているが、特にアフリカは爆発的な人口増加が予測されている。この度、ユニセフが発表した報告書によると、「今後35年以内に世界人口の4分の1をアフリカ人が占めるようになる」のだという。現在既に12億人に達するアフリカの人口が、2050年には倍増し、さらに2100年までには42億人に達するというのだから、アフリカだけで、かつての世界人口に匹敵することになる。これだけの人口を発展途上のアフリカだけで養うのは難しいように感じる。そうなると、世界はどうなってしまうのだろうか。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、8月13日のAFPより抜粋

国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)は12日、今後35年以内に世界人口の4分の1をアフリカ人が占めるようになると発表した。アフリカ大陸では現在、出生率の急増が続いている。

ユニセフは南アフリカ・ヨハネスブルクで発表した報告書の中で、高い出生率に加えて出産適齢期の女性の数が増加することにより、同地域では2050年までに生まれる新生児の数が20億人に達すると述べている。同報告書によると「現在の傾向に基づくと、35年以内に100人中25人がアフリカ人になる」という。また2050年までに、世界の5歳未満の子どもの4割がアフリカ大陸生まれになる。同地域で最も人口の多いナイジェリアは2050年までに、その出生数が世界の1割に達する見込みだ。現在12億人とされているアフリカの人口は2015年~2050年までに倍増し、2100年までには42億人に達する推計だという。

Africa81414-2.jpg
爆発的に増え続ける、アフリカの子供たち。

出生率の急増により、人口の過密状態がさらに増すことになる。2050年の世界の人口密度は、1950年比で10倍となり、1平方キロ当たり80人に達する見込みだ。だがこれでもアジア地域での現在の数字に比べるとかなり低い。だがアフリカでの子どもの生存をめぐっては依然として厳しい状況が続いており、11人に1人は、5歳を前に死亡している。世界の子どもの死亡件数の半数以上はアフリカの子どもだ。ユニセフはまた、アフリカの未成年者10人中3人が「先行きが不安定で紛争の影響下にある状況」の中で暮らしていることを指摘し、これら子どもたちへの投資を増やすよう各国政府に呼び掛けている。(AFP)


アフリカやアジアの人口爆発に加え、気候変動による水や食糧の不足も危惧されているのだから、21世紀後半は、水や食料をめぐり、非常に不安定な時代となりそうだ。


  

関連記事






exclusive60g.png

2014'08'14(Thu)18:00 [ 人口・環境問題 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1057-20585f05
trackback