見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
旅の終わり、マドリッドから日本へ
モロッコからジブラルタル海峡を渡り、スペインへ。長い旅路もこれで終わり。モロッコ・フェズで先生と別行動し、スペインでは1人旅だったので、とても刺激的な旅になった。

Madrid82814-3.jpg
マドリッドの空港はデザインが効きまくり。スペインは遊び心のある建築デザインが多い。

昼前には “マドリッド・バラハス国際空港”(Madrid-Barajas)へ着いた。空港にもスペインらしいアーティスティックなデザインが至る所に散りばめられていて、思わずニヤリ。

Madrid82814-4.jpg
スペインでは雨こそなかったが、曇りの日も多かった。南部は快晴だったけど。

飛行機に乗り込み、窓の外を見つめる。空には厚い雲が立ちこめている。あいにくの曇りだが、帰国日が曇りなのはまだマシだ。いつもながら旅の最終日はちょっと寂しい。

Madrid82814-5.jpg
分厚い雲の合間を飛ぶ飛行機。窓からの景色が好きで、僕はいつも窓際の席を選ぶ。

ジブラルタル海峡───わずか14㎞の海峡を隔て、アラブ文化のモロッコとヨーロッパ文化のスペインが存在している。憧れのジブラルタル海峡を陸路で渡り、この文化のギャップを体感するのがこの旅の最大の魅力であり、目的だった。そしてその目的は達成できたと思う。

Madrid82814-7.jpg
エミレーツだったせいか、機内食はカレーだった。ちょっとうれしい。

モロッコ───喧噪のメディナ(旧市街)、まるで迷路のようなスークと職人たち。伝統料理のクスクスやタジン。そして決して忘れることのない、サハラ砂漠の銀河のような星空。

Madrid82814-6.jpg
朝陽なのか夕陽なのか、あるいはその境界線を、飛行機は飛び続ける。

スペイン───緩やかに時が流れるアンダルシアの風土、抜けるような蒼い空と太陽。新鮮な魚貝がぎっしりのパエリア。バルセロナの美しいビーチと絶景。トレドの古き街並み。

瞳を閉じると、心に焼き付いたあの風景が蘇る。そして、いつかまた、あの地に降り立ち、旅をしてみたいと思う。宝石で埋め尽くされたあの夜空を、次は子供に伝えたい。




  
関連記事









exclusive60g.png

2014'08'28(Thu)18:00 [ マドリッド ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1061-15d84124
trackback