見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
シェムリアップのオールドマーケット
アンコール遺跡群観光の拠点である、シェムリアップの町の中心地区には、“オールド・マーケット”(Old Market)と呼ばれる、地元の人達で賑わう大きな市場がある。ここは、カンボジアに住む人々の生活を感じる事ができる場所であると同時に、旅行者から見れば現地の人達の活気に満ちあふれた、一種の不思議空間でもある。

SiemReap110709-16.jpg
写真右側の建物が、シェムリアップの南側に位置する“オールド・マーケット”。屋根の付いた正方形型の敷地で、外側には観光客が利用する土産物屋が軒を連ねている。Tシャツなどの衣料品を販売する店や、カンボジアシルクなどの布類を販売する店、アンティークの小物やアクセサリーを取り扱う店など、様々な種類の土産物屋が並んでいる。

旅行者に人気(!?)の“地雷Tシャツ”もこの一角にある土産物屋で買うことができる。※地雷をテーマにしたTシャツで、様々なデザインのものがある。

SiemReap110709-2.jpg
オールド・マーケットの外側には、土産物屋の他にも、飲み物などを販売する店や、現地の人達が利用する食堂などがある。バイタクのドライバーによると、オールド・マーケットの食堂は旅行者にはあまりオススメしないとのこと。

店と店の間には通路があり、奥に進んでいくと、生鮮食品などを扱う市場がある。

OldMarket111809-8.jpg
入り口から通路を奥に進んでいくと、そこには不思議空間が広がっている。基本的に市場の商品の値段には定価が決まっておらず、交渉により値切ることができる。

OldMarket111809-1.jpg
市場には、カンボジアで収穫した、野菜果物などが所狭しと並んでいる。オールド・マーケットの中は、時々設置されている蛍光灯のみの明かりのため、非常に暗い。この中に庶民の生活を支える、ありとあらゆる食品が売られており、活気に溢れているので、独特の雰囲気を醸している。最初に“不思議空間”と表現したのはそのためだ。

OldMarket111809-3.jpg
さらに奥に進んでいくと、魚などを扱う一角にでる。上の写真でも分かるように、生魚を売っているおばちゃんがサンダルの足を突っ込んだりしているので、観光客には衛生面ではやや微妙な気もする。辺り一面は魚独特の生臭い臭いでいっぱい!

OldMarket111809-4.jpg
こちらは捌かれた大量のが並んでいるのが圧巻。まだ年の若い女の子が、その場で鶏の処理をしているのがすごい。日本では考えられない光景だ。

OldMarket111809-5.jpg
蛍光灯だけの薄暗い空間の中で、たくさんの人達でごった返している市場の様子。売る方も買う方も、現地の人達がメインだ。客層は、比較的年齢の若い女性が多いように感じた。現地の若い女性達にとって、ここは遊び場になっているのだろうか。

OldMarket111809-6.jpg
この一角にはスイーツを扱うお店があり、やはり現地の若い女の子が集まっていた。一瞬食べてみようかとも思ったのだが、衛生面の部分で抵抗があり、なんとなくやめてしまった。日本だとハーゲンダッツ・アイスクリームのお店のような存在なのかもしれない。

OldMarket111809-7.jpg
暗いので、ストロボを使って撮影してみた。明るいともう少し見え方が違うかも。スイーツを食べながらくつろぐ女の子達。

OldMarket111809-2.jpg
このオールド・マーケット、早朝7時頃から買い物客で賑わいはじめる。日本でいうと、スーパーマーケットやデパ地下的な役割の場所だと思うのだが、特徴的だったのが、レトルトやパッケージ商品のような、プラスチックゴミが生じるような加工食品の類が全くないことだ。野菜も、果物も、魚も、鶏も、すべて自然のままのもので、カンボジアの人達の素朴でナチュラルな食生活、食文化が垣間見える。

現地の人達には、ごくごく日常的な市場の光景なのだが、僕達旅行者には、市場の空間、売られている食品共に、とても新鮮で不思議な空間に見えた。
関連記事









exclusive60g.png

2009'11'18(Wed)20:32 [ シェムリアップ・郊外 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/109-264394c2
trackback