見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
一度は訪れたい、世界の「最高にお洒落な」スタバ
Starbucks40515-16.jpg
アメリカ・コロラドにあるスタイリッシュなドライブスルー店舗。

今や世界中にオープンしている “スターバックス・コーヒー”(Starbucks Coffee)の店舗。基本的にお洒落な雰囲気の店が多いスタバだけど、中にはイレギュラーな「お洒落すぎるスタバ」なんてのもあるんです。そんな世界各地のスターバックスの特別な店舗をクローズアップ。ホントに様々な内装・外観の店があって、どれも魅力的。あなたはどの空間が好きですか?


続きはこちらから
  ↓↓↓




Starbucks40515-1.jpg
Starbucks40515-2.jpg
1. スターバックス鉄道(スイス)

2013年にオープンした、スターバックス初の鉄道店舗。1階にはテイクアウト用のカウンター、2階はラウンジ仕様で、テーブル席が設けられている。

Starbucks40515-3.jpg
Starbucks40515-4.jpg
2. フレンチ・クォーター(アメリカ)

フランス入植の始まりの地、フレンチクォーターの店舗。ビンテージホルンのシャンデリアや、巨木を使った大きなテーブル、使い古した学校の椅子など、凝った内装が醸し出す雰囲気はさすがの一言。

Starbucks40515-5.jpg
3. 紫禁城(中国)

中国の歴史的遺産の中で最も重要である故宮内で営業を始めたが、その事が大きな物議を醸し出し2007年に閉店してしまった・・・。

Starbucks40515-6.jpg
4. アムステルダム(オランダ)

銀行の地下金庫室を改装した作った「The Bank」店。

Starbucks40515-7.jpg
5. ボルティモア(アメリカ)

古いレンガ造りのコットン工場を改装。煙突の先端にロゴが付いているが、遠目からではスターバックスだと気付けないかもしれない。

Starbucks40515-8.jpg
6. イブン・バトゥータ・モール(ドバイ)

ドバイを訪れるなら、一度はここへ。そう語る人も多い、ドバイのショッピングモール内の店舗。天井はモスク風で実に煌びやかだ。

Starbucks40515-9.jpg
Starbucks40515-10.jpg
7. ウブド(バリ)

緑と伝統溢れるウブド地区の、景観に配慮されたバリの店舗。入口にはドラ、テラスからは蓮池と寺院が、夜には遠くに聞こえるバリ舞踊の音楽が楽しめる。

Starbucks40515-11.jpg
8. 福岡(日本)

建築家の隈研吾氏がデザインした、福岡の太宰府天満宮へと向かう参道にある店舗。斬新で型を壊した造形でありながら、しっかりと和の心を感じる内装に。

Starbucks40515-12.jpg
9. ニューデリー(インド)

「スタバなのにおしゃれ」旅人を以て、そう言わしめるインドの旗艦店。気の温もり漂う店内で、クミンやターメリック、コリアンダーが香るサンドが楽しめる。

Starbucks40515-13.jpg
10. イスタンブール(トルコ)

イスタンブールの高級住宅地ベベッキの海岸沿いに面したテラス席。ボスポラス海峡を見渡しながら飲むコーヒーは、いつもと違う味がするのだろうか。

Starbucks40515-14.jpg
11. シンガポール

北緯1度を意味する「One North」のエリア内の、ロチェスター・パーク。コロニアル調の大きな一軒家で、夜風を感じながら過ごしたい。 北緯1度を意味する「One North」のエリア内の、ロチェスター・パーク。コロニアル調の大きな一軒家で、夜風を感じながら過ごしたい。

Starbucks40515-15.jpg
12. 香港

レトロな雰囲気の店内には、「請亂拍照(写真撮影歓迎)」の張り紙が。是非写真を撮って帰ってきたい。 レトロな雰囲気の店内には、「請亂拍照(写真撮影歓迎)」の張り紙が。是非写真を撮って帰ってきたい。(TABI LABO)


どの店も魅力的で甲乙付けがたいですが、中でもシンガポールの店舗は水場があってリゾートな雰囲気満天ですね。あとはニューデリーが気になった。いつの間にかデリーにもスタバができていたなんて。デリーでも道を牛が闊歩しているインドの世界観を考えると正に異次元。次にインドを旅するときは、入り浸ってみたい。でも・・・きっとお高いんだろうな〜。


参考記事: こんなスタバに行ってみたい!世界中のオシャレな「20店舗」を紹介!


  

関連記事






exclusive60g.png

2015'04'05(Sun)17:29 [ World 'Unique' News ] CM4. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは

二つの尾をもつ人魚 は一度見たら忘れることはないですね。

お国柄があって、観光の一つにもなりそうです。
ドバイもステキです。オランダもいいですね。
2015/04/06 11:06  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


夏さん、こんにちは!

ドバイの店舗のモザイクタイルは、もしお店のためだけに
造作されたものだとしたらすごすぎですね。

アムステルダムの店舗は、カフェというより、もはやダイニングみたい。
銀行の地下金庫を改装したらしいので、地下にあるんでしょうね〜
2015/04/07 19:06  | URL | Garyo #- [edit]


どの店舗も魅力的ですが、一番行ってみたいのはスイスかな?^^
室内外、いえ、車内外共に楽しめそうです。
2015/04/07 22:33  | URL | サプリメント管理士 #hxjklqKc [edit]


サプリメント管理士さん、こんにちは!

美味しいコーヒーを楽しみながらの鉄道の旅!いいですね〜
2階のラウンジで、のんびり景色を眺めながら過ごしたいですね。
日本の鉄道には無いゆとり感があって憧れます。
2015/04/08 08:05  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1121-a309db68
trackback