見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
エジプシャンバザールとトルコ料理
ガラタ橋のたもと、エミノニュ駅のすぐ近くに “イェニ・ジャーミィ”(Yeni Cami)という巨大なモスクがある。その裏手には、“エジプシャンバザール”(Mısır Çarşısı)が広がっている。

Istanbur40815-1.jpg
イェニ・ジャーミィ。街の遠景を見ると、こうした建造物がいくつも目に入る。

1663年に65年もの歳月を費やし完成されたイェニ・ジャーミィ。インドあたりなら最大規模に相当するこうしたモスクも、イスタンブールでは街のあちこちに点在している。

Istanbur40815-2.jpg
エジプシャンバザールの入り口。

イェニ・ジャーミィの前で休憩しながら現在地を確認すると、裏手にエジプシャンバザールという巨大な市場があるのに気付いた。せっかくなので中を覗いてみることにした。

Istanbur40815-3.jpg
市場というより、アーケード街のような趣。

ゲートをくぐり、一歩中に入ると広大な空間が広がっていた。エジプシャンバザールの名は、この場所がその昔、エジプトからの貢ぎ物を集め設営されたことに由来するらしい。

Istanbur40815-4.jpg
山盛りになったスパイス。ペッパーのような形状の物でも、たくさんの種類がある。

まず目に付いたのがスパイスの店。日本では馴染みの無いタイプの店だが、アラブ諸国を旅するとよく目にする。素人目にはどれが何なのか判別がつかないほど種類が豊富だ。

Istanbur40815-5.jpg Istanbur40815-6.jpg
ドライフルーツも種類が豊富。(左)雑貨やアクセサリーの店も。(右)

スパイスの店の近くには乾物の店もあって、ドライフルーツがいっぱい。日本では比較的高級なドライフルーツも、リーズナブルで庶民の生活に欠かせない身近な食べ物だ。

Istanbur40815-7.jpg
とにかく活気がある。旅行者は土産物を探すのに最適かも。

他にもお菓子や水煙草の店など、数え切れないほどの店が連なっているが、かつては90件近いスパイスの店が並んでいて、スパイスバザールと呼ばれることもあるのだそう。

Istanbur40815-8.jpg
夕暮れ時のスルタンアフメット。

スルタンアフメットに戻る頃には、すっかり暗くなっていた。お腹が空いたので、近くのレストランを物色。何を食べようかな・・・やっぱりトルコ料理が食べたい!

Istanbur40815-9.jpg
店頭のウインドウにズラリと並ぶ料理の数々。

トルコのレストランは、店頭のウインドウに料理をズラリと並べている店が多い。客は店に入る前にウインドウを眺め、自分たちが食べたい料理があるかを確認するのだ。

Istanbur40815-10.jpg
どれもおいしそうなので、選ぶのに悩む。

目の前に広がる色鮮やかな料理の数々。どれもおいしそうで食欲をそそる。そして、僕がトルコ滞在中に食べた限りでは、見た目を裏切らない味と、食べやすいものが多かった。

Istanbur40815-11.jpg
ビールとスープと、いくつかの料理を選んでみた。

食べたい料理を指差せば皿に盛り付けてくれるので注文は楽。何気ないバターライスだけでも本当にうまいんだよなぁ・・・。ライスもあるので、日本人には親しみやすい味。

Istanbur40815-12.jpg
トルコのお菓子。緑色のピスタチオを使ったものは独特のクセがあった。

帰り際、お菓子屋で菓子を買ってホテルに戻った。お菓子屋もレストランと同様に、店頭のウインドウにこれでもかと言わんばかりに無数の菓子が山積みになって飾ってあって、ある意味この国の文化と言える。早速、ホテルの部屋でお茶と一緒に食べてみた。アーモンドやピスタチオなどのナッツを使った揚げ菓子は素朴な味で、モロッコのものとも似ている。僕たちのような遠くから訪れた旅人でも、違和感なく入っていける料理やお菓子。太古の昔から、様々な民族の旅人たちがこの地を訪れてきたからこそ発展した食文化が根付いているのを感じた。




  
関連記事









exclusive60g.png

2015'04'08(Wed)19:48 [ イスタンブール ] CM4. TB0 . TOP ▲
COMMENT


トルコ料理!
美味しそうですね〜〜〜
2015/04/09 09:11  | URL | あこぷー #- [edit]


あこぷーさん、こんにちは!

トルコ料理はクセがないので、違和感なく食べられると思います!
大昔から様々な民族が訪れて発展してきた料理なので、外国人にも
親しみやすい味付けになっているのではないでしょうか。
2015/04/09 19:06  | URL | Garyo #- [edit]


こんにちは
好きなものを好きなだけ選べる、なんかわくわくしますね。
あれもこれも、食べてみたい!
特に、くせのあるというピスタチオのお菓子。
2015/04/13 11:20  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


夏さん、こんにちは!

トルコのレストランのシステムは、イケアのフードコート
をイメージすると近いかもしれません。

完全なビュッフェではなく、選んだ分をプレートに盛り付け
てもらって、その分を支払う感じです。

カジュアルなレストランの多くはこういうスタイルですが、
注文式の普通のレストランもあります。

ピスタチオのお菓子、クセが強くて僕はちょっぴり苦手でした。
気になってピスタチオのアイスクリームも試してみたのですが、
やっぱり独特の味でしたよ!
2015/04/14 09:52  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1122-bbbbb6db
trackback