見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
地球人が火星に立てる「地球の旗」が誕生
Flag52215-1.jpg
オーシャンブルーの背景に、つながり合う7つのリングを組み合わせた「地球の旗」。

世界の国々を象徴する「国旗」。国の数だけ無数に存在する国旗だが、未だ地球を象徴する「地球の旗」は作られていない。地球の旗は、今後人類が宇宙に進出し、火星を初めとする宇宙の他の惑星を植民地化したり、地球外知的生命体との遭遇や交流が発生した際には必要になるだろう。スウェーデン・ストックホルムのベックマンズ・デザイン大学の学生 “オスカー・ベルネフェルト” が、卒業プロジェクトの一環としてデザインした「地球の旗」が話題になっている。オーシャンブルーの背景に、つながり合う7つのリングを組み合わせたデザインの旗は、さながらオリンピックの旗を彷彿させる。シンボルには様々な想いが込められているようだ。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、Wiredから抜粋。

Flag52215-2.jpg
祝日に「地球の旗」を掲げる家。

ペルネフェルト氏は次のように説明している。「旗の中央にある7つのリングは花の形になっています。これは地球上の生命のシンボルです。相互につながり合うリングは、地球上のあらゆるものが直接的または間接的に結ばれていることを表しています

Flag52215-3.jpg
「地球」を代表する議員席。

この旗は、宇宙旅行を念頭においてデザインされている。宇宙飛行士は「自分の出身国を代表するだけではありません」と指摘している。この旗は「地球の人々に、国境がどうであれ、われわれはこの星を共有しているということを思い出させる」ことを意図している。

Flag52215-4.jpg
宇宙飛行士のバックにも。

この旗のデザインには、LG電子やBSmart社などの企業が支援しているほか、米航空宇宙局(NASA)もある程度まで関与しているようだ。(Wired)





宇宙への進出が目覚ましい人類にとって、たとえ形だけとはいえ、これまで地球を象徴する何らかのシンボルが無かったのがむしろ不思議なくらいだ。近い将来、地球が1つになるという想いを込めて、我々のシンボル「地球の旗」が誕生する日が来るのかもしれない。




  

関連記事






exclusive60g.png

2015'05'22(Fri)18:37 [ Outer Space ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1133-3e61f4b0
trackback