見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
カッパドキアの洞窟ホテル
夜行バスで、イスタンブールからアナトリア大陸の中央部に広がる大奇岩地帯 “カッパドキア”(Cappadocia)に到着。まずは “ギョレメ”(Göreme)の街の宿を目指す。

Cappadocia60215-1.jpg
ホテルを目指し、緩やかな坂道を登っていく。

街の中心部を抜けると、宿泊施設などが点在する丘陵地帯を登っていく。この丘陵地帯もカッパドキアの大奇岩地帯の一部で、多くの建物はこの地形を利用して建てられている。

Cappadocia60215-2.jpg
美しい奇岩を眺めながら歩く。

石畳の道はきれいに整備され、それでいて独特の味がある。周囲には見たことも無いような奇岩がそこかしこに広がり、上に行くにつれ、道は迷路のように入り組んでいく。

Cappadocia60215-3.jpg
迷った末、宿泊予定のホテルの裏口を発見。

道が入り組み、目的地のホテルがどこにあるのか分からず、バックパックを背負ったまま迷ってしまった。少し周辺を彷徨ったあと、無事宿泊予定のホテルを見つけることができた。

Cappadocia60215-4.jpg
スルタン・ケイヴ・スイーツに到着。

今回宿泊するのは、“スルタン・ケイヴ・スイーツ”(Sultan Cave Suites)というホテル。ホテルの裏口から入り、中庭を経由し、建物の中へ。立体的な構造の美しい外観だ。

Cappadocia60215-7.jpg Cappadocia60215-6.jpg
空間もさることながら、ビュッフェ形式の食事も素晴らしかった。

フロントで手続きを済ませ、食堂に行くと・・・ズラリ並ぶ食べ物の数々。フルーツもあるし、パンやシリアルも種類が豊富。えっこれ自由に食べていいの!? 素晴らしい朝食にありつく。

Cappadocia60215-8.jpg
まるで洞窟の中に居るような部屋。窓もあるので光も入る。

久しぶりの食事に胃袋が満たされたら、自室へ。室内はこだわりの装飾で満載!これまで数多くのホテルに宿泊してきたが、これほどスタイリッシュな空間は珍しい。

Cappadocia60215-12.jpg
広々としたバスルームも素晴らしい。

ようやく重たいバックパックを降ろし、一通り室内を見渡した後、バスルームへ。こちらも妥協の無い空間に驚く。洞窟を削りだして造ったような内装が本当に見事だ。

Cappadocia60215-10.jpg
アメニティもスタイリッシュ。

室内にあったアメニティを撮影してみた。こんなちょっとした雑貨もなんだかお洒落。

Cappadocia60215-9.jpg
壁面の照明や彫刻。エスニック柄のクッションやキリム。

いつも安宿泊まりが多い僕だが、今回のトルコの旅はできるだけ魅力を感じるホテルをセレクトしてみた。その方がトルコの旅にはマッチしているような気がしたからだ。

Cappadocia60215-11.jpg
テラスへのドア。その先に見えるのは・・・。

僕たちの部屋にはテラスがある。重厚感のある木製のドアを開けて外に出てみると・・・・・・

Cappadocia60215-5.jpg
テラスからはカッパドキアの大奇岩地帯が。

テラスから見えるのは、高台から望むギョレメの街。そしてカッパドキアの雄大な風景。これまで見たことが無いほど不思議な世界観。カッパドキアの大地を、存分に探索するのだ。




  
関連記事









exclusive60g.png

2015'06'03(Wed)18:14 [ カッパドキア ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは
お洒落な部屋が異国を旅している雰囲気でいいです!
朝食も充実していて、美味しそう!
お天気もバッチリ!
2015/06/08 10:41  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


夏さん、こんにちは!

カッパドキアのケーブホテル、素晴らしかったです。
一見、すごく高級そうに見えますが、実際は中級くらいのグレードなんですよ。
このエリアには、洞窟を削りだしたような雰囲気のいいホテルが点在しているんです。
宿泊施設はたくさんありますが、このエリアを訪れることがあったら、
こんな感じのケーブホテルをオススメしたいところです!
2015/06/08 19:11  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1137-a5b09cd9
trackback