見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
これが冥王星だ!NASAの無人探査機が到達
Pluto71515-1.jpg
NASAの無人探査機が冥王星に到達!

2015年7月14日、NASAの無人探査機 “ニューホライズンズ” が冥王星に到達しました!地球からの距離はおよそ48億kmで、2006年の1月に発射されてから実に9年半もの長旅を経て到達したことになります。これで人類の探査機が、準惑星を含む太陽系の主な9つの惑星全てに到達したことになります。未知の領域への到達にワクワクしますね。現在NASAは、ニューホライズンが実際に撮影した数枚の写真を公開しています。果たして冥王星とはどんな惑星なのだろうか。


続きはこちらから
  ↓↓↓




※以下は、ニューホライズンズが実際に冥王星を撮影した画像
Pluto71515-5.jpg
Pluto71515-6.jpg

ニュー・ホライズンズは秒速14km(時速約5万km)で冥王星に接近し、大気の状態や天体の大きさ、質量の測定、写真の撮影などが行われた。地表からは12,472km離れていて、これは地球上の都市間の距離で例えると、ニューヨーク〜ムンバイ間の距離と同程度だそう。

Pluto71515-7.jpg

地球のサイズと対比した画像も公開された。冥王星の直径は約2,370 kmで、地球のおよそ5分の1のサイズ。太陽系で最も小さい惑星だったが、2006年に冥王星は太陽系の惑星リストから外され、新たに「準惑星」に分類された。

Pluto71515-8.jpg

冥王星の衛星 “カロン” も観測された。カロンは冥王星の半分以上の大きさがあり、「衛星」とするには規模が大きすぎるとも捉えられ、「二重惑星」であるという考え方もあるようです。冥王星とカロンは近い位置ではあるが、その組成は異なっており、表面の状態なども異なる。


※以下は、冥王星の地表のイメージ図
Pluto71515-2.jpg

冥王星の地表には、凍ったメタンと窒素、一酸化炭素が織りなす独特の風景が広がっている。その風景は、季節の移り変わりとともに大きく変化する。

Pluto71515-3.jpg


Pluto71515-4.jpg

ニュー・ホライズンズは2015年8月まで冥王星の観測を続け、2016年5月までに全ての観測データを地球に向けて送信する予定。その後は2020年ごろにかけてエッジワース・カイパーベルト内の太陽系外縁天体を観測し、その後は太陽系を脱出して外宇宙へと達する見込みだそう。まだこれから冥王星についての新たな発見があるかもしれませんね。続報が楽しみです。


参考記事: National Geograohics, NASAの惑星探査機「ニューホライズンズ」が冥王星の写真撮影に成功、人類は太陽系全ての惑星への到達を完了, Wikipedia


  

関連記事






exclusive60g.png

2015'07'15(Wed)21:37 [ Outer Space ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1147-863602ab
trackback