見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
「古きポルシェに更なる価値を」Porsche Classic
porsche72315-2.jpg
空冷ポルシェのパーツ供給や整備サポートに、より一層力を入れるポルシェAGの方針。

最近、クラシックポルシェ───俗に言う「空冷ポルシェ」の価値が急激に高まっている。モデルによっては新車に迫る勢いだ。ドイツ・シュトゥットガルトに本社を置くポルシェAGによると、「これまで生産されたポルシェ車の70%以上が今もなお走り続けている」という。これはこれですごい事なのだが、既に生産中止となった車体なだけに、今後車体数が減ることはあっても増えることはないのだ。にもかかわらず、今なお美しく洗練されたデザインに魅了される愛好家は多く、古いポルシェの希少性が年々高まっている。そんな折、ポルシェAGは、古いポルシェが最適なサポートとオーバーホールを受けられるように “ポルシェ・クラシック・パートナー”(Porsche Classic Partners)という国際的な販売・サービスネットワークを立ち上げ、今年3月には、“ポルシェセンター青山・世田谷認定中古車センター” が日本で初めてポルシェ・クラシック・パートナーとして認定された。これはポルシェAGがクラシックポルシェの価値を認め、パーツの供給やサポートにより一層力を入れていくという意思表示でもある。


続きはこちらから
  ↓↓↓




porsche72315-1.jpg
クラシックポルシェのパーツ供給・修理・点検整備作業から、全面的な修復作業まで行うことが可能に。

クラシックパートナーは、クラシックカーが最適なサポートとオーバーホールを受けられるよう独ポルシェが主導し国際的な販売・サービスネットワークを整備、認定するもの。クラシックポルシェに精通した担当者の配備などをおこない、約5万2000種類のオリジナルスペアパーツの供給や、修理・点検整備作業をはじめ、全面的な修復作業まで行うことができる。(Response)

空冷ポルシェが急激に値上がり傾向にあるのは、車体の絶対数の少なさはもちろん、ポルシェAGの「クラシックポルシェに価値を見いだしていく」という方針も影響しているのかもしれない。ポルシェにとって日本は、世界で5番目に大きなクラシックカー市場なのだそうで、ハイブリッド車が大きなシェアを誇る日本の自動車市場においても、古き美しいポルシェに魅力を感じる層が少なからずいるということだ。ただオーナーとしては、プレミアムが付いてあまりにも高額になってくると本来の実用的な一面を損ないかねないので、気になるところではある。




  

関連記事






exclusive60g.png

2015'07'23(Thu)12:18 [ Porsche 911 & Car ] CM1. TB0 . TOP ▲
COMMENT


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/27 22:05  | | # [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1149-4978c6c4
trackback