見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
自転車で走るカッパドキア part1
カッパドキア、“ギョレメ”(Göreme)の街を起点に、周辺エリアを自転車で走ってみた。

Cappadocia92815-1.jpg
登り坂の連続で、自転車だとちょっとつらい。

ギョレメのレンタルバイク屋で、自転車を借りて出発。上空からとは違ったカッパドキアの大地が広がっているに違いない。街を出ると、すぐに奇岩に囲まれた渓谷に出る。

Cappadocia92815-2.jpg
渓谷を抜け、見晴らしのいい場所に出た。

渓谷を抜けると、視界の開けた高台に出る。道はかろうじて舗装されているのだが、不思議なほど車通りが無い。まずは隣町の “オルタヒサル”(Ortahisar)を目指すことにした。

Cappadocia92815-3.jpg
遠くに赤い屋根の建物がひしめいている。

乾燥した大地───それでいて砂漠とも趣が異なる。地面にはグレートーンの色彩の草が生え、ところどころに木々が生えている。少し走ると、遠くに集落のようなものが見えた。

Cappadocia92815-4.jpg
水分を補給し、しばしの休息。近代的なガソリンスタンドだ。

途中、ガソリンスタンドがあったので休憩することに。中にはスナックや飲物なども売っていた。ギョレメを一歩出ると、人影どころか民家すら無いので、これはありがたい。

Cappadocia92815-5.jpg
この距離感・・・自転車でも多くを回るのは大変。

隣町とはいえかなりの距離があるので、徒歩だと厳しいだろう。自転車でも登り坂が多く、体力を消耗する場面が結構ある。それでも道はシンプルで、迷う心配が無いのは助かる。

Cappadocia92815-6.jpg
近くで見ると、思ったより民家がひしめいている。

ようやく集落の端までたどりついた。ここがオルタヒサルだろうか。ギョレメのような旅行者の集まる街とは雰囲気が随分違い、地元の人々が暮らすローカルな街という趣だ。

Cappadocia92815-7.jpg
巨岩の周囲には商店などがあり、街の中心部になっている。

街の中に一際大きい奇岩がそびえ立っていた。近くまで行ってみると商店などがあり、ようやく街らしい活気のある通りに出た。この巨岩の周囲が街の中心部になっているのだろう。

Cappadocia92815-8.jpg
巨岩の中腹に “SATO CAFE” と書かれた看板が。

ここまで来て、ようやく地元の人々の姿を見ることができたが、繁華街と表現するほどの活気は無い。巨岩は上に登れるようになっており、カフェのようなものもあるようだ。

Cappadocia92815-19.jpg
巨岩の上のカフェ・・・というか休憩所?

カフェと書かれた場所まで登ってみると、無人だった。なんかこんな感じだと、勝手に席に座ってくつろぐわけにも行かず・・・。もしかしたらハイシーズンになると活気が出るとか。

Cappadocia92815-20.jpg Cappadocia92815-21.jpg
店の前にはネコが集まっていた。(左)一際目立っていた茶トラの子をパチリ。(右)

街角の工事中の店の前には、ネコたちがいっぱい。ここカッパドキアでも、ネコは愛されています。人にもそこそこ懐いているようで、あまり警戒心がないようだった。

Cappadocia92815-10.jpg
オルタヒサルは素朴な街だった。

しばらく街中を散策し、次の場所へ。




  
関連記事









exclusive60g.png

2015'09'29(Tue)17:38 [ カッパドキア ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは
カッパドキアにもいろんな顔がありますね。
茶トラは世界中で見られるネコでしょうか? 我が家のとらもこんな感じです。心なしかカッパドキアの茶トラは毛並みが長めかな、それにハンサム。
2015/10/02 12:26  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


夏さん、こんにちは!

トルコのネコ、ややふっくらしていて、日本のネコに似ていました。
出会ったネコたちは皆健康そうで、ノラでも人間を警戒していない
のが印象的でした。日本だとすぐ逃げちゃうのに。

お店の前のネコたちはこの場所に集まっていたので、もしかしたら
食べ物をもらって半分飼われているのかもですね。
2015/10/02 19:50  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1167-0a664686
trackback