見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
カッパドキア、渓谷と恐るべき魔犬
霧雨の中、渓谷を歩く。気温は低く底冷えする寒さだ。

Cappadocia103015-1.jpg
4月上旬でも、カッパドキアの山岳部は気温が低い。

ところどころに雪が残っているところを見ると、基本的に山岳地帯は気温が低いのだろう。雨に濡れて色濃くなっているが、地面に生い茂る草木は彩度の低いグレートーンの色彩だ。

Cappadocia103015-2.jpg
幻想的な山岳部の植物。

木々は少なく山肌が見えていて、地面を覆うように一面に草が生えている。

Cappadocia103015-3.jpg
眼前になにかある!

ふと前方に建造物のようなものが見えた。まるで中世の城のような形状だ。

Cappadocia103015-4.jpg
かつては人が住んでいたのかもしれない。

近づいてみると、巨大な奇岩を人為的にくり抜き、住居にしたものだった。現在は人は住んでいないが、内部は部屋のようになっていて、光を取り入れる窓のような穴も空いている。

Cappadocia103015-5.jpg
石造りの建物が連なる集落。

さらに歩いて行くと、今度は集落のようなものがあった。こちらは先ほどの岩窟住居とは違い、もう少し近代的な造りだ。だが、現在は誰も住んでいないのだろうか。人の気配がない。

Cappadocia103015-6.jpg
ガラスはなかったが、窓枠がはめられていた。

近づいてみると、窓には木枠があり、外壁のレンガのような石も綺麗に積み上げられている。しかも建物の裏には電柱が立てられ、電線が張られている。やっぱり誰か住んでる!?

Cappadocia103015-7.jpg
もしかしたらこの中のどれかには人が住んでいる小屋もあるのかもしれないが・・・。

さらに近づいて窓からのぞいてみたが、中は砂埃が積もってまるで廃墟のような佇まいで、全く人の気配がしない。ともかく集落の中に延びる道を通って先へと進むことにした。

Cappadocia103015-8.jpg
魔犬登場・・・どこからともなく犬が現れた。

集落を抜けると広場になっていて、その先に吊り橋が架かっている・・・と思っていたら、白い犬が1匹こちらに向かって歩いてくる。そのままなぜか僕の所へ。えっ、どういうこと???

Cappadocia103015-9.jpg
ツアーバスで借りた防寒用のブランケットを引っ張りまくる。なんなんだキミはっ!?

他のツアー客には目もくれず、僕のブランケットをガブッと噛みつき引っ張り出した・・・と思ったら、今度はバッグのぶら下がりが気になったらしく、そっちに飛びかかって・・・。

Cappadocia103015-10.jpg
犬との追いかけっこで大汗かいたよ・・・。

しばらく犬と追いかけっこをしてしまった。も〜、一体なんなんだキミはー!それでしばらく遊んであげて、打ち解けたところで犬の案内で吊り橋を渡って休憩ポイントへ到着。

Cappadocia103015-11.jpg
休憩ポイントの小屋。大きくしっかりした建物だ。

小屋に入ると長テーブルがあって、食事の準備が。お昼ご飯かな。僕たちは先ほど話した日本人カップルと一緒に座って話をした。話をしている間に、次々料理が運ばれてくる。

Cappadocia103015-15.jpg
食事風景。中国人が多かった。

彼らは飲食店オープンを目標に、世界中を旅してきて、ここトルコが最後の場所なんだそうだ。でも長旅で疲れてきて、トルコの前のエジプトでは、一度も宿から外に出なかったとか・・・。

Cappadocia103015-12.jpg
パンにスープにサラダに・・・。ヘルシーで素朴な味だった。

オイオイ、それもったいなすぎ。彼らの話をまとめると、長旅に飽きていろいろ面倒になったということらしい。まーね、うん、旅が長いとそういうこともあるよね・・・うん。

Cappadocia103015-13.jpg
Cappadocia103015-14.jpg
オムレツのようなのとか、肉とか、ヨーグルトにオレンジ。

旅先で買ったニセモノのロレックスの自慢とか、話の内容が割とチャラかったので、適当に相づちを打ちつつ食事を楽しんだ。デザートに出てきたハチミツのかかったヨーグルトがすごく美味しくて、ここでの食事の記憶がヨーグルトになってしまった。酸味が無くてまろやかで臭みが無くて、理想的な味だった。これがトルコのヨーグルトか〜!と感動して、その後他のところで食べたら臭くて全然違ったという・・・。まぁつまり、ここのが特別だったわけだ。




  
関連記事









exclusive60g.png

2015'10'30(Fri)20:18 [ カッパドキア ] CM4. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは
カッパドキアにもいろんな表情があるんですね。
白い犬はどうしても案内したかったのかも!遊んでもらえるいい人と感じたのかも! とても嬉しそうにしている!
2015/10/31 12:21  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


夏さん、こんにちは!

レトリーバーによく似ていて、賢そうな犬でした。
なぜか僕だけに絡んできたから、なんかテレパシー
みたいなものがあったのかもしれないですね!
2015/11/02 19:28  | URL | Garyo #- [edit]


このコメントは管理者の承認待ちです
2015/11/04 23:39  | | # [edit]


管理人様、良い評価を頂きありがとうございます。
当ブログはリンクについて特に制限はありませんが、
現状相互リンクはしておりません。
有り難いお申し出ではあるのですが、ご了承下さい。
2015/11/05 15:50  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1174-f5178311
trackback