見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
カッパドキアのサンセット
ウチヒサル”(Uçhisar)から帰路についた頃にはすっかり夕方になっていた。

Cappadocia122215-1.jpg
多少雲があった方が、空に表情が出ていいのだ。

来たときには厚い雲に覆われていた空は、青空が見えるようになっていた。城塞を撮影するチャンスだと思った。僕たちは道を外れ草むらに分け入り、ベストスポットを探した。

Cappadocia122215-2.jpg
ちょっとシルエットっぽいけど、空に表情があるこの写真がお気に入り。

撮影しながらポイントを探し、ベストポイントと感じた場所でウチヒサルをたくさん撮った。現地で売られているハガキや写真集などに写る、カッパドキアの顔のひとつの風景だ。

Cappadocia122215-3.jpg
周囲を見渡すと、あのテーブルマウンテンも視界に入った。

撮影に夢中になっているうちに、日没が目前に迫っていた。完全に暗くなる前にはギョレメの街に戻りたい。だが、サンセットも気になる。歩きながらチャンスを待つことにした。

Cappadocia122215-4.jpg
この状態から日没までは早い。帰路を急いだ。

ホテルのあるギョレメまでは、日没前後の徒歩での移動にしては距離があるが、道はシンプルで迷う心配はない。はるか地平線の彼方に沈みはじめた太陽を横目に、ひたすら歩いた。

Cappadocia122215-5.jpg
丘の上にある、土産物屋のコミュニティ。

途中、丘の上に土産物屋のようなコミュニティを見つけた。土産物を販売する無数のテントが連なっているのだが商品を陳列しているのに、人影がない。丘からの眺望は抜群だった。

Cappadocia122215-6.jpg
木には無数の魔除けやモザイクランプがぶら下がっていた。

僕たちは高台からの眺望を楽しみながら、コミュニティの中をぐるりと歩いて回った。そして再びギョレメを目指して歩きはじめた。太陽はあとわずかな時間で沈んでしまうだろう。

Cappadocia122215-7.jpg
細く複雑に重なった木の枝の隙間からのぞくサンセット。

この瞬間が、そう簡単に訪れないことは感じていた。なにかに誘われるように道を外れ、草むらの中を歩いた。乾いた大地に時折生える木の枝のシルエットが、あまりに魅力的だった。

Cappadocia122215-8.jpg
遠くに見えるギョレメの街。きっとギョレメの太陽はもう沈んだのだろう。

遙か彼方に、僕たちが目指すギョレメの街並みが見えた。それで気持ちが少し楽になって、この黄金の時間を楽しむ余裕が生まれたのかもしれない。さらに奥へと足を踏み入れていった。

Cappadocia122215-9.jpg
沈んでいく太陽。記憶に残る、カッパドキアのサンセット。

まばらに草の生えた畑のような土の上を歩きながら、はるか地平線の彼方に今まさに太陽が沈もうとしているのを確認した。その草むらの片隅に、1匹の猫が佇んでいるのを見つけた。

Cappadocia122215-10.jpg
そして太陽は地平線の彼方に消えた。空が真紅に染まっていた。

だが猫は置物のように動かない。きっと人知れずひっそりと死んでいるのだろう。それを見たら、なんだか無性に寂しくなった。乾いた大地は、動物たちにとって厳しい環境なのだ。

Cappadocia122215-11.jpg
ギョレメの街の看板。ここから丘を下っていけば街に着く。

日没後も歩き続け、ついにギョレメの入り口を知らせる看板までたどり着いた。太陽が沈んでから、かなり長い間空が明るかったので、完全に暗くなる前に到着することができた。

Cappadocia122215-12.jpg
ライトアップされた、スルタン・ケイヴ・スイーツの入り口。

そして、宿泊している “スルタン・ケイヴ・スイーツ”(Sultan Cave Suites)に到着。安堵感と、カッパドキアの魅惑の大地を堪能することができた充実感に満たされていた。




  
関連記事









exclusive60g.png

2015'12'23(Wed)10:24 [ カッパドキア ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1187-d25f3cff
trackback