見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
【驚愕】1100匹のネコと暮らす女性
cat13116-1.jpg
キッチンにいるネコたちはほんの一部なんでしょうね・・・。

野良ネコを世話する人たちの中には、1つの家庭に20匹以上ものネコを保護している人がいるのを、保護団体との交流から知りました。ごく普通の一軒家にたくさんのネコたちと同居し、その多くが病気などの理由で保護せざるをえない状態だったりします。つまり、場合によっては健康なネコより医療費がかかるんです。中には日々ネコの世話に追われ、生活苦に陥っている人もいるのですが、世界は広い。なんとアメリカに、300匹の子猫と800匹の成猫と暮らす女性がいるのだとか。一桁多い?いやいや、二桁多いですね・・・。では詳しく見ていきましょう。


続きはこちらから
  ↓↓↓




cat13116-2.jpg
大皿の餌を数匹でシェアするネコたちの食事風景。

カリフォルニア州に住む67歳の女性、“Lynea Lattanzio”(リネア・ラタンツィオ)さんは、現在300匹の子猫と800匹の成猫と暮らしています。彼女がネコたちとの生活をはじめたのは1992年から。父親から「新しい猫を見つけてほしい」と頼まれたので、15匹の子猫を動物保護施設より連れて帰ってきたことがきっかけなのだだそう。最初からいきなり15匹も飼うなんて!

cat13116-3.jpg
敷地内にもネコがいっぱい。

それからずっと野良猫の保護と譲渡をする活動を行ってきた彼女ですが、初年度の1992年に96匹の猫の保護と譲渡を行った後、これまでの24年間に、約2万8000匹もの猫を保護してきたのだといいます。ちょっと想像を絶するレベルの数字ですね。もちろん簡単なことではなく・・・。

cat13116-4.jpg
リビングもネコだらけ。

元々彼女は5つのベッドルームを備えた家に住んでいたが、約60匹の猫と犬と暮らすようになり限界を感じ、2004年に寄付された土地を売却し、新たに土地を購入。その敷地面積は約1万4700坪とのことなので、とてつもなく広大ですね。ラタンツィオさんは動物看護士として働いていますが、これだけの数のネコを養うとなると、日々のコストもとんでもない額に。人件費、食費、トイレ、医療費などで、年間160万ドル(約1億9000万円)もの費用がかかるそうです。

↓↓↓ 動画はこちらから!

ハ、ハンパない・・・


現在彼女が運営している団体 “Cat House on the Kings” の広大な敷地には、動物病院、集中治療室、老猫・子猫専用部屋、キッチン、ストーブなどの施設があり、たくさんのスタッフもいるようですが、最初の7年間は大変だったとラタンツィオさんは言っています。退職金を全て使い、車やウェディングリングまで売り、お金を捻出したのだそうです。そこまで彼女を動かした理由、それはネコに対する愛情なのかもしれませんが、並大抵では成し得ないですよね。彼女の最終目標は「すべてのネコに飼い主を見つけること」だそうですが、保護するネコが増えていけば、終わりが無さそうな気もします。気になるのは、現在67歳のラタンツィオさんなのですが、もし彼女が亡くなってしまったら、ネコたちがどうなるのかちょっぴり心配です。


参考記事: 動画あり】“1100匹のニャンコ” との暮らしってどんな感じ? トータル2万8000匹を保護した「ネコの女王様」!! & ULTIMATE CAT LADY: WOMAN SHARES HER HOME WITH 1,100 RESCUE FELINES


  

関連記事






exclusive60g.png

2016'01'31(Sun)19:36 [ World 'Unique' News ] CM4. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こういった保護活動のむずかしさは、いかに継続していくか?だと思うのです。
個人レベルで始めて個人レベルで終わるのは仕方がないかもしれませんが、
団体として活動する場合は、いかに資金と人材を確保していくか。
中途半端な状態で途切れてしまった場合、
後始末はとても大変になってしまいます。
ラタンツィオさんのご苦労は並大抵のものではないでしょうけれど、
これからはぜひ「今後」のためにも力を注いで頂きたいですね。
2016/02/03 18:52  | URL | サプリメント管理士 #hxjklqKc [edit]


サプリメント管理士さん、こんにちは!

そうですよね〜

ラタンツィオさんの場合、保護しているネコの数がすごいので、
少しでも世話が行き届かなくなると大変なことになりそうですね。

運営費は、寄付などによる部分も大きな割合を占めているようなので、
果たして彼女以外の人間が運営していけるのか、気になるところですね。
2016/02/03 20:18  | URL | Garyo #- [edit]


驚きです!
ネコもお世話をしている人も、幸せそうですね。
清潔に飼われていうようですし、行き届いているようですね。
彼女の最終目標は「すべてのネコに飼い主を見つけること」
そして、実績もあるのは、素晴しいと思います。
努力も大変なことですが、それを支える国民性と大きい気持ちがすごいと思います。どこかで増えない努力も必要かなと思いながらもここにくるしかないネコ達には飼い主さんが現れて欲しいですね。
2016/02/05 10:52  | URL | 夏ちゃん #- [edit]


夏さん、こんにちは!

やはり増えないようにコントロールするのが最大の問題かもしれません。

僕が交流のあるボランティア団体から聞いたのですが、一部の買い主は、
彼らが野良猫の世話をしているのを知ると、その場所に捨てに来てしまう
そうなんです。なので、せっかく里親を見つけても、また新たにネコが
増えてしまうんですよね〜・・・。里親も、若くて見た目のいいネコは
比較的見つかりやすいのですが、それはほんの一部のようです。

国や環境は違いますが、ラタンツィオさんが1100匹もの猫を保護し、
長期的に団体を維持しているというのは、本当にすごいです。
2016/02/08 16:19  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1196-67af65f6
trackback