見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
伊勢神宮と御守り
Ise42016-1.jpg
伊勢神宮・内宮参拝の入り口となる宇治橋。

志摩の “横山展望台” から “伊勢神宮・内宮” へ。夕方に近づくにつれ、天気はやっぱり曇ってしまった。だが限られた晴天の中で、伊勢志摩のドライブウェイを走ったのは良い判断だったと思う。さて伊勢神宮は、「内宮」と「外宮」の2つのエリアで構成されていて、それぞれ異なる場所に存在している。内宮と外宮の敷地はそこそこ距離が離れているので、基本的には車か、バスや電車などの公共交通機関を利用する必要がある。参拝にも順序があって、本来は外宮→内宮の順で参拝するのが理想らしいのだが、僕たちは日程の都合で先に内宮を訪れることにした。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Ise42016-2.jpg
正宮へと向かう表参道。

さっそく伊勢神宮・内宮の境内へ。表参道は幅の広い一本道。正宮(本堂)に近づくにつれ、古い巨木が生い茂る森の中を歩くことになる。寄り道する要素は少なく、シンプルな構造だ。

Ise42016-3.jpg
正宮前へ。ここからは撮影禁止。

あえて正直な感想を述べると、観光として伊勢神宮の建造物を見ると、訪れた多くの人はがっかりするのではないかと思う。日本三大がっかり名所にランクインしそうな勢いなのだ

Ise42016-4.jpg
参拝の後はおはらい町へ。

これには「式年遷宮」というのが関係している。これは20年ごとに全ての社殿を造り替えて神座を遷すというもので、その結果、歴史ある建造物は残らず、凝った造りのものも造れない。

Ise42016-5.jpg
五十鈴川沿いにある五十鈴川カフェ。雰囲気が良かった。

それ故、伊勢神宮の社殿は藁葺き屋根の簡素なものになってしまい、さらには毎回立て直すのに550億円もかかるのだという。無駄が多いので、個人的には改めてもいい風習と思う。

Ise42016-6.jpg
赤福本店の店頭。平日でも混みあっていた。

おはらい町と言えば有名なのが “赤福”。伊勢の名物で、餅の上にこしあんをのせた餅菓子。1707年から300年の歴史があるのだそうだ。せっかくなので本店で食べてみることにした。

Ise42016-7.jpg
280円でこのボリューム。そして本店ならではのこの景色。

番茶と餅3個のセットになっていて280円。このリーズナブルさが最大の魅力なのではないかと思う。味は想像に難しくないこしあん団子。うまいかったが僕は2個しか食べられなかった。

Ise42016-8.jpg
赤福本店の庭園から眺めた五十鈴川。

餅を頬張りながら、しだれ桜と五十鈴川の景色を楽しんだ。晴れていたらもっと素晴らしかっただろうな〜・・・。この日は夕方までおはらい町とおかげ横丁を散策してホテルに戻った。

Ise42016-9.jpg
外宮の境内も内宮によく似ていて、森の中を歩く。

天気予報通り、翌日は雨だった。午前中、すこし雨が止んだタイミングで “伊勢神宮・外宮”を参拝。宿泊しているホテルから外宮が近いので、最終日に立ち寄ることにしたのだ。

Ise42016-10.jpg
外宮正宮。ここからは撮影禁止。

内宮同様に森の中を歩いて外宮正宮へ。内宮もそうだったように、正宮は藁葺き屋根の簡素な建物で、賽銭を投げ入れる場所が設けてあるだけ。参拝客は鳥居の先の賽銭箱まで。

Ise42016-11.jpg
東京を目指して雨の高速をひたすら走る。

外宮の参拝が終わったら、あとは自宅のある東京に帰るだけ。行きと同様に500㎞の長距離をクロネコ号で駆け抜けるのだ。問題は天気。雨の高速を長距離走るのは結構つらい。

Ise42016-12.jpg
安濃SAにて。クロネコ号、雨だががんばってくれ。

無理をせず、こまめに休憩しながら走ることにした。まずは伊勢自動車道の “安濃SA” で休憩。“RR” の911は雨天走行に弱いイメージがあるが、バッチリ走ってくれている。

Ise42016-13.jpg
安濃SAで食べたラーメン。うまかったなぁ〜。

安濃SAで昼食にラーメンを食べたんだけど、これぞラーメンって感じでうまかった。たしか650円くらいで、うどんもそうだけど、関東エリアに比べると200円位安いのがうれしい。

Ise42016-14.jpg
帰りの高速も比較的空いていた。

腹もふくれて、あとはひたすら走るだけ。iPhoneで広域の天気図を確認すると、関東エリアは曇りのようだ。このまま走っていれば、どこかで雨のエリアを抜けるかもしれない。

Ise42016-15.jpg
浜松SA。ここから東京まで約250㎞。ここまで来ればもう一踏ん張り。

こまめな休憩をとりながら、ようやく浜松SAまできた。この辺りまで来ると、雨はほとんど止んでいた。浜松SAの端っこの方に、周辺を見渡せるビューポイントが設置されている。

Ise42016-16.jpg
浜松SAのビューポイントから。

高台にあるビューポイントから眺める、高速道路と田園風景。これが意外といい風景だったりする。まだ距離はあるけど、ガンガン走って無事東京の自宅に帰還したのだった。

omamori42016-1.jpg
これが伊勢神宮の御守りだっ!左が内宮、右が外宮で、対になっている。

3日間の伊勢ドライブはあっという間に終わってしまった。東京から500㎞も距離があると、初日と最終日は移動で大半の時間を費やすので、結構タイトだったかも。僕としては久しぶりにクロネコ号のエンジンをフル回転できたので満足だけど。ちょっと天気が残念だったかなぁ・・・これからは桜の季節の日程は避けるようにしよう。そうそう、伊勢神宮で記念に御守りを買ってみた。たくさん種類がある中から、個性的な形状の「曲玉型」と「巾着型」のものを選んだ。色は紅白で。それぞれが外宮と内宮でしか売っていないので、両方訪れないとそろわないのだ。

さて、次はどこへ行こうかな〜。




  

関連記事






exclusive60g.png

2016'04'21(Thu)18:44 [ Road Trip ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/27 18:07  | | # [edit]


+t●●●●●●●+ さん、はじめまして!

おきてがみのアイコン、気に入って頂き光栄です。

瓶のアイコンなのですが、実はその辺の素材で適当に
作ったものでして、外部に提供して拡散に耐えられるか、
ちょっと不安なところがあります。

おきてがみのアイコンは自作することが可能ですので、
自分だけのオリジナルアイコンを作れます!
よかったら1度作ってみてください。

それでもまだ気になるようでしたら考えてみます。
どのようなブログで使われるのかも気になるところです。
2016/04/29 08:56  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1213-99971eb1
trackback