見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
紅く染まるクシャダスの街とエーゲ海
夕暮れ時の “クシャダス”(Kuşadası)。エーゲ海沿いの高台をのんびり歩いた。

Kuşadası91916-1
高台から望む、美しい海岸沿いの風景。

リゾート地だけあって、海岸沿いに点在する建物はどれもそれらしい洒落た雰囲気があった。温暖で穏やかな空気と、夕陽を浴びて紅く染まる美しい海沿いの風景に心を打たれた。

Kuşadası91916-2
突き出た出島は、14世紀に建てられた要塞がある “ギュウェルジン島”。

途中、散歩をする1匹の犬と出会った。耳には丸いタグが取り付けてあり、野良犬では無いことが分かる。撫でたら気持ち良さそうにしていた。僕たちはそのまま海岸線に沿って歩いた。

Kuşadası91916-3
はるか先にクシャダスの街が見える。

海岸線に沿って歩くと下り坂になり、遠くにクシャダスの街並みが見えた。太陽が傾いてから随分経つのになかなか沈まず、世界をさらに紅く染めた。何もかもが黄金に輝く時間帯。

Kuşadası91916-4
夕陽に照らされる、無人のカフェテーブル。

桟橋の近くに、無数のカフェテーブルが置かれていた。目の前が波打ち際で、その先には今にも沈みそうな太陽が鈍い光を放っていた。この美しい瞬間を席に座って過ごす人はいない。

Kuşadası91916-5
船着き場の風景。

桟橋には、やはり無数の船が停泊していた。すべてが紅く染まるこの最高の瞬間に出歩く人はそう多くはない。それが穏やかな空気感をより一層感じさせてくれるのかもしれない。

Kuşadası91916-6
クシャダスの街と沈みゆく太陽。

桟橋から街の中へ。山を利用した高低差のある街並みは本当に美しい。山頂には、なにやら像のようなものが建っている。長らく夕陽を保っていた太陽もいよいよ沈みそうな気配だ。

Kuşadası91916-7
クシャダスの街とギュウェルジン島、そしてエーゲ海に沈みゆく太陽。

僕たちはこの瞬間を堪能しようと、オープンエアーのカフェでチャイを注文した。今まさに沈みゆく太陽が、最後の力で照らす紅い光が、グラスの中のチャイをさらに紅く染めた。

Kuşadası91916-8
カモ・・・なのかな?すごくなついているようだった。

僕たちが座る席のすぐ傍らで、水鳥たちにエサをやる男性が。カフェのオーナーなのだろうか、鳥たちはいつものことのように、何の警戒心も無く、男性の手の平のエサを食べている。

Kuşadası91916-9
ここからは沈むのが早い。

エーゲ海のサンセット。太陽はちょうどギュウェルジン島の桟橋へと沈みそうだ。それにしてもなんて紅さだ。強い紅が海も、街も、人も、鳥も、あるゆるものを飲み込んでしまう。

Kuşadası91916-10
サンセットの瞬間。

そして、見つめているわずかな時間の間に太陽は沈んだ。

Kuşadası91916-11
夜の繁華街。歩いているのは地元の人たちくらい。

日没後、しばらく海沿いで過ごした後、帰路についた。シーズンオフだからなのか観光客の姿はほとんどなく、商店街にも人はまばらだった。夏になれば変貌するのかもしれない。

Kuşadası91916-12
バスでクシャダスから宿のあるセルチュクヘ。

空気が澄んでいるからなのか、夕方からの空の色の変化が美しく、印象に残った。豊かで穏やかな風土は、老後にのんびり暮らせたら素敵だなと感じた。今度は夏に訪れたい。




  
関連記事









exclusive60g.png

2016'09'19(Mon)20:16 [ エフェス ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1247-693f5dc0
trackback