見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
新しい『旅猫』カメラ
G7X110816-1.jpg
旅とネコたちのために、久しぶりにカメラをリニューアルしてみた。

きっかけは我が家の2匹のネコたち。ここ数年撮影に使っていたのが、一眼レフの “Canon EOS 7D” とコンパクトな “Canon PowerShot S90”。どちらも使いはじめてから7年以上が経過しているのだが、ネコたちのクイックな動きを捕らえるのに苦戦していた。あ、いいな、と思えるネコの姿はほんの一瞬なのに、7Dだとレンズカバーを外して立ち上げて、設定して・・・と時間がかかる上、大きなカメラを向けると大抵彼らはそっぽを向いてしまうのだ。かと言ってS90は画質やフォーカスの遅さでイマイチ。そこで、カメラを買い替えることを決意したのだった。


続きはこちらから
  ↓↓↓




G7X110816-4.jpg
Canon PowerShot G7 X Mark II” と “Canon PowerShot S90”。若干G7Xの方が大きく、重い。

購入したのは “PowerShot G7 X Mark II”。iPhoneであれだけ高画質な写真が撮れるようになった今、よほど特殊な用途で使用しない限り、大型の一眼レフを選択する必要性を感じられなくなってきた。画質は重要な要素ではあるが、瞬間を収めることができなければ意味が無い。

G7X110816-2.jpg
ULYSSES” というメーカーのカメラケース。マグネット式なので、ケースの着脱がしやすい。

例えばペットのネコだったり、レストランの料理だったり、あるいは重い荷物を持って長時間の移動を強いられる旅先であったり、治安の良くない途上国に至るまで、カメラが軽量・コンパクトであることの優位性は高い。カメラの画質が大幅に向上した今の時代だから尚更だ。

G7X110816-3.jpg
カメラケースに “G7 X Mark II” を入れてみた。レザーストラップも同メーカーのもので合わせた。

あくまでこれまで使っていた7DやS90との比較になるが、“G7 X Mark II” をちょっと使ってみた感想として、フォーカスが早く、背面ディスプレイのタッチパネルによるフォーカスが優秀。直感的に任意の場所をフォーカスできるのはこれまで使っていたカメラには無い機能だ。

G7X110816-5.jpg
無骨なデザインのG7Xとイタリアンレザーのレザーストラップ。レザーストラップは初めて。

さて、気になる画質だが、メリハリのあるムーディな写真になる印象で、特にダークトーンがいい感じ。タッチパネルのフォーカスをうまくつかえば、一眼レフばりの背景のぼかしだって容易に表現できる。「一眼レフ」のメリットと「コンパクト」のメリットの両方を併せ持っているような感覚なので、今の用途ならしばらくはこれ一台でいけそうな気がしている。久しぶりにカメラを買い替えたので、ちょっとテンションが上がってレザーケースとレザーストラップを買ってしまった。両方とも “ULYSSES” というメーカーのものだが、エイジングも楽しみたい。




  

関連記事






exclusive60g.png

2016'11'08(Tue)18:33 [ 旅の装備 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1259-33934a1b
trackback