見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
アジア側へ、フェリーから見たイスタンブール
舞台は再びイスタンブールへ。イスタンブールの美しい街並みを、フェリーから望む。

Istanbul11817-1.jpg
久しぶりのイスタンブール。雑踏の中を進んでいく。

まずは “Motor”(モトル)と呼ばれるフェリーの発着場である “エミノニュ” を目指す。エミノニュの近くにエジプシャンバザールがあるため、途中の通路は人でごった返していた。

Istanbul11817-2.jpg
エミノニュに到着。ここにはフェリーの桟橋がある。

エミノニュはガラタ橋の手前にある港で、ここから様々な場所にフェリーが出ている。エリアによって様々な顔を持つイスタンブールだが、まずは海を隔てたアジア側を目指した。

Istanbul11817-3.jpg
エミノニュからの風景。ガラタ橋のはるか先に、ガラタ塔がそびえ立っている。

運賃を払い、目的地であるアジア側の港 “カドゥキョイ” 行きのフェリーへに乗り込む。混みあうことはなく、適度に空いていた。こんなところもイスタンブールの魅力だったりする。

Istanbul11817-4.jpg
フェリー側から見たエミノニュ。

ほどなく出航。エミノニュのあるこの海は “金角湾”(Haliç)と呼ばれている。名前の通り、「角のように切り込んだ細長い湾」が由来になっている。この先はボスポラス海峡だ。

Istanbul11817-6.jpg
船内の売店。飲物に軽食と、必要な物はそろっている。

まずは船内をブラつく。売店の商品を眺めつつ、船内を散策。船内はそこそこ綺麗だし、売店もあって、当たり前なのだが途上国とは違う。なんというか安心して利用できる感覚。

Istanbul11817-7.jpg
金角湾を進むフェリー。ガラタ塔が遠くに。

景色を楽しみたい僕たちは、甲板席に陣取った。甲板に上がると、遠景からガラタ塔が見えた。ヨーロッパ、アラブ、アジアが溶け込んだ街だが、アジア側は海に隔てられている。

Istanbul11817-8.jpg
はるか先にアジア側の街並みが見えた。

周囲を見渡すと、対岸の街並みが見えた。対岸も山城になっていて、立体的な街並みだ。僕たちが乗っているのと同じようなフェリーがいくつも運行しているのが見える。

Istanbul11817-9.jpg
ボスポラス海峡から望むトプカプ宮殿。海側からしか見ることのできない風景。

すぐ近くに “トプカプ宮殿”(Topkapı Sarayı)が見えてきた。トプカプ宮殿は、15世紀中頃から19世紀中頃までのおよそ400年に渡り、オスマン帝国の支配者が居住した宮殿だ。

Istanbul11817-10.jpg
ボスポラス海峡を飛び交う無数の海鳥の1羽。

無数の海鳥が、まるでフェリーの行き先を教えてくれるかのように飛んでいた。時々、甲板にいる僕たちのすぐ真上を、手が届きそうな高さで通り過ぎていく。自由を感じた。




  
関連記事









exclusive60g.png

2017'01'25(Wed)18:47 [ イスタンブール ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1276-ecbbf03a
trackback