見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
これは最高傑作!? 美味しくできたバターチキンカレー
Curry100317-1.jpg
バターチキンカレーがかなり美味しくできたよ。

チキンカレー、ダールタルカに続いて、バターチキンカレーを作ってみた。これが大成功。かなり完成度の高い味に仕上がったと思う。今回のチキンはモモ肉を使用。ムネ肉に比べてグッと柔らかく仕上がるので、結論としてチキンカレーには「丁寧に皮と油を取り除いたモモ肉」が良さそうだ。前回のチキンカレーと大きく違う点は、ザルでこしたこと。これにより滑らかな液状になって、完成度が上がったと思う。僕は普段インドカレー屋に行くと、バタチキよりチキンカレーを食べることが多いので、次は定番のチキンカレーもさらに磨きをかけていきたい。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Curry100317-2.jpg
IKEAの “GRUNDTAL” というケースがスパイスを入れるのに最適。

今回からスパイスケースで管理することにした。IKEAのなんだけどこれのいい点は、背部がマグネットになっていて、冷蔵庫の側面に貼り付けられること。スパイスの種類が増えると収納場所に困るのを解決。場所をそれと間口が広いので計量スプーンが使いやすいのも魅力。

Curry100317-3.jpg
バターチキンカレーなので、バターと生クリームも忘れずに!

まずは材料をそろえる。カルダモン、クローブ、シナモン、ベイリーフ、カスリメティなどのホールスパイスと、ガラムマサラ、パプリカ、ターメリック、カイエンペッパーなどのパウダースパイスに加え、ニンニク、ショウガ、青唐辛子のみじん切りを準備。皮を取って切り分けた鳥モモ肉にプレーンヨーグルトを混ぜて1時間ほど漬けておく。漬けることでやわらかくなる。

Curry100317-4.jpg
シナモンはスティックタイプでも良さそう。

鍋にバターを50g入れて、カルダモン、クローブ、シナモン、ベイリーフを炒める。カルダモンがふくらんできたら、ニンニクとショウガのみじん切りを加えてさらに炒める。

Curry100317-5.jpg
ベイリーフは自宅の裏庭で採取したローリエの葉をいつも使っている。

ホールトマト400gを加えて、混ぜながら15分ほど煮込む。煮込んだらボウルにザルでこし入れる。これでキメ細かくなめらかになる。モモ肉と青唐辛子のみじん切りを軽く炒める。

Curry100317-6.jpg
軽く炒めたチキンの鍋に、こしたルーを入れる。

炒めたモモ肉に先ほどこしたルーを加え、塩と砂糖大さじ1を加えて煮立てる。ガラムマサラ小さじ1、パプリカ小さじ1、ターメリック小さじ1/2、カイエンペッパー小さじ1/4などのパウダースパイスを加え、弱火で10分ほど煮込んだ後、生クリーム100mlとカスリメティを加える。

Curry100317-7.jpg
鮮やかなオレンジ色のバターチキンカレーが完成。

これで完成。最後に味見しながら塩で味を調えるといいです。

Curry100317-8.jpg
できあがったカレーを皿に盛り付けてみた。僕は辛いカレーが大好き。

食べてみると、比較的辛さのあるバターチキンカレーに仕上がった。カイエンペッパーはそれほど入れてないので、青唐辛子が効いているんだと思う。辛いのが苦手な方は、青唐辛子を使わなければよりマイルドに仕上がると思う。あとは最後の仕上げに使うカスリメティの葉が深みを出してくれます。調整しながら2回ほど作ってみたけど、安定して美味しくできました。




  

関連記事






exclusive60g.png

2017'10'03(Tue)20:53 [ お気に入り ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1316-918a919c
trackback