見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
11≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303112/ ≫01
イスタンブール、夜の新市街と大衆食堂
夕方のイスタンブール───ぶらぶらと新市街の方へ。

Istanbul102817-1.jpg
駅の背後にそびえ立つモスク。美しきシルエット。

旧市街から新市街へは路面電車を使う。途中でガラタ橋を渡る必要があり、移動中の景色が素晴らしい。街の随所にあるモスクは、巨大な建造物なのになぜか圧迫感がない。

Istanbul102817-2.jpg
新市街の目抜き通り。夜でも活気に満ちている。

外国人には旧市街のイメージが強いイスタンブールだが、新市街もなかなかどうして見所に溢れている。目抜きの大通りを歩く。道の両脇には様々な店が軒を連ねている。

Istanbul102817-3.jpg
大通りのど真ん中を路面電車が走り抜ける。

そんな無数の店のショーウインドウを何気なく眺めながら歩いていると、時折、通りの中央を路面電車が通り抜ける。人でごった返す大通りだが、その時だけは皆脇に避けるのだ。

Istanbul102817-4.jpg
観光客向けの土産物屋。

新市街を歩いているのは大半が地元の人たちだが、観光客向けの店も点在している。特別にこだわった品は少ないが、こういう店も職場用の土産物を買うのには便利だったりする。

Istanbul102817-5.jpg
お菓子のショーケース。僕たちもいろいろ買って食べてみた。

店内の一角にお菓子を売っているショーケースがあって、カウンターの後ろでお菓子を作っているのが見えた。色鮮やかなゼリー系のお菓子がメインで、その種類と量は圧巻。

Istanbul102817-6.jpg
トルコの大衆食堂は “ロカンタ”(Lokanta)と呼ぶ。

歩いていたらお腹が空いてきたので、良さそうな大衆食堂(ロカンタ)に入ることにした。僕たちが入ったのは比較的カジュアルな佇まいのロカンタで、店内は客で賑わっていた。

Istanbul102817-7.jpg
店頭のショーケースで料理を選べる。料理を指差して注文するのだ。

トルコのロカンタの多くは、店頭にショーケースが並んでいて、料理の名前が分からなくても指差せば注文できる、ビュッフェっぽいシステム。トマト系の煮込み料理が多いかも。

Istanbul102817-8.jpg
たぶんイスケンデル・ケバブかな。それにトマト系のスープとパン。

だいたいおかずに1皿と、バターライスやパン、スープなどを頼む感じ。僕たちが注文したのは、ヨーグルトソースを添えた “イスケンデル・ケバブ”。それにパンとスープ。

Istanbul102817-9.jpg
こちらはオルマン・ケバブとバターライス、パン。トルコ料理はトマトをよく使う。

2品目は、羊肉とジャガイモ、グリーンピースが入った煮込み料理、“オルマン・ケバブ”。それにお気に入りのバターライスとパン。イスケンデル・ケバブ、オルマン・ケバブ共に、クセが無く外しの無い味。味もさることながら、肉と野菜がバランス良く食べれるのでとても健康的だ。大衆食堂からも、トルコに様々な民族が交易のために訪れ、文化が育まれてきたということが伝わってくる。誰もが親しみを感じ、美味しく感じられる味がトルコの料理なのだ。




  
関連記事









exclusive60g.png

2017'10'25(Wed)12:59 [ イスタンブール ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1319-37956f7c
trackback