見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
11≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303112/ ≫01
ポルシェが “プロジェクト・ゴールド” を公開!ついに世界に1台だけの993がお披露目
Porsche82919-1.jpg
ついに最新技術で蘇った993がお披露目。

ポルシェ創業70周年を記念し勧められてきた極秘プロジェクト “プロジェクト・ゴールド”。その全貌がついに公開されました。プロジェクトは「最後の空冷」と呼ばれるポルシェ911(タイプ993)をベースに、ポルシェが993向けに用意した6500点以上の新品パーツを使って新たに組み上げられたもの。993を現代の技術により再構築した、世界でたった一台の車両は、この後サザビーズのチャリティオークションに出品されるのだという。1台のみということで、かなりの高値が付くことが予想されるが、一般ユーザーとしては、今回新たに開発された993用のパーツが流通していくのかどうか気になるところ。何はともあれ、まずは完成した993を見てみよう。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Porsche82919-2.jpg
ベースは993ターボ。想像していたより外観に大きな変化は無かった。

Porsche82919-4.jpg
車両後部も、基本的に市販モデルの993ターボに準じている。

Porsche82919-3.jpg
チューニングされたエンジンは、993ターボSの430馬力より高い450馬力。

Porsche82919-5.jpg
現代のポルシェに適用している塗装プロセスで “ゴールデン・イエロー・メタリック” に塗装。

Porsche82919-6.jpg
ブラックにゴールドのラインが施されたホイール。

Porsche82919-7.jpg
クラシック・シリーズのロゴ。インテリアの随所にカーボンが使われている。

Porsche82919-8.jpg
カーナビが設置され、世界で1台の証 “シリアルナンバー001” が刻まれている。

Porsche82919-9.jpg
イエローステッチが施されたハンドルと、現代風にリファインされたメーター類。


↓↓↓ 動画はこちらから!



非常に残念なことは、この車両が「公道走行不可能」であるということ。基本的には市販モデルの993ターボに準じて作られているため、本来公道走行には問題ないはずなのだが、今回の車両が「2018年の新車」として製造番号が与えられているため、現代の環境規制に適応していないことがその理由だとか。結果としてコレクション性が非常に高い車両となってしまった。




  

関連記事






exclusive60g.png

2018'08'29(Wed)18:08 [ Porsche 911 & Car ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1357-334f5289
trackback