見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
サンタクロースのプレゼント
本日はクリスマス。平日なので、普段と変わらない慌ただしい1日を過ごした方も多いのではないでしょうか。日本では、どちらかというとイブの夜を祝う習慣がありますが、欧米では25日のクリスマスの日の方をメインで祝います。

クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝う祭日、というのは皆さんもご存じだと思いますが、どうやら実際のイエス・キリストの誕生日は12月25日ではないようなのです。それどころか12月ですらない、という説もあるようです。イエスの誕生日には諸説あり、いずれも聖書に記述されている内容と当時の習慣、当時の天候条件などから推測された、大まかなものでしかないようで、その時期も説によりまちまちで、定かにはなっていないようです。

本当のイエス・キリストの誕生日がいつであれ、クリスマスのこの一時は街中がイルミネーションで飾られ、夢の溢れる時間が流れます。仕事で忙しくても、なぜか心が弾みます。子供たちにとってはクリスマスは何と言ってもサンタクロースが持ってくるプレゼントで頭がいっぱいで、僕も子供の頃はサンタのプレゼントを毎年楽しみにしていました。

今年は僕もサンタさんからプレゼントをもらいました。ブログで写真の記事を書いたからでしょうか、プレゼントの中身はカメラです。サンタさん、ありがとね!

7d122509-2.jpg
こちらがそのカメラ。“Canon EOS 7D”という、デジタル一眼レフのカメラです。カメラ機材に疎い僕でもちょっと気になっていた機種で、キャノンのデジタル一眼レフの1つの完成形と言えるほど完成度の高いカメラです。ボディデザインも洗練されていてカッコイイ!

僕がこのカメラで特に気に入っている点は、レンズキットの“EF-S15-85 IS U”という、35㎜判で換算すると24㎜~136㎜相当の広域をカバーする、非常に仕様用途の広いレンズと、約100%の視野率を誇るファインダーとの相性が非常に良く、使用感がズバ抜けている事です。しかもこのレンズ、これだけ広域をカバーするのにも関わらず、とってもコンパクトなんですよね~。これは機動力を重視する“旅”では重要なポイントです。

旅で写真を撮ることが多い僕にとって、1本のレンズで広角から望遠まで、ほとんどのシチュエーションをカバーしてくれるという点は、ありがたい限り。この基本のレンズに、より望遠性能に特化した望遠レンズを加えれば、アウトドアならほとんどの場面をカバーできそうです。

S80122509-1.jpg
こちらは僕が日常的に使用している“Canon PowerShot S80”というモデル。ここで暴露しちゃいます。ここ5年ほど使用しているコンパクトデジカメで、最近はブログも含め、これで撮影しています。そうなんです、一眼レフじゃないんです。

このカメラを使用する事になった5年ほど前まで、“Nikon F5”というモデルを使っていたのですが、ちょうどフィルムからデジタルに移行する微妙な時期になり、意を決してF5をはじめ、それまで使っていたニコンのカメラやレンズなどをすべて売却してしまいました。学生時代からずっとニコンのカメラを愛用していたので、ちょっと勇気が入りましたが、デジタルのメリットはあまりにも大きすぎました。今思えばいいタイミングで売れたと思ってます。

そんな事情もあって、ここ数年は一眼レフを使用せず、このコンパクトデジカメで撮影していたわけです。ブログの写真を見て頂ければ分かると思いますが、コンパクトデジカメだって馬鹿にはできず、なかなかいい写真を撮ることができます。確かに完全に静止した状態で撮り比べをすれば、キメの細かさでは一目瞭然なのですが、旅の途中での瞬間を撮影する場合は、必ずしも一眼レフに軍配が上がるとは言えず、コンパクトデジカメの「コンパクトさ」は時として圧倒的なメリットになります。いい写真とは、必ずしも「画質」だけではないからです。

そんなわけで、僕としては今時のコンパクトデジカメもなかなかいいパフォーマンスだって評価したいです。まぁ要するに「使用用途」なのかな。最終的に何に使う写真なのかで、画像重視なのか、機動力重視なのかが変わってくるのではないでしょうか。

Xmas122509-1.jpg
クリスマス用にとっておいたスペインワイン、“LA VENDIMIA”。飲み口が柔らかでおいしい。

愛用していた“Nikon F5”から数年の時を経て“Canon EOS 7D”を使用することになったのですが、実際に撮影してみて驚くのは、光量が不足する暗い場所での撮影。レンズの手ブレ補正機能によるものなのか、はたまたカメラ本体の性能なのかは分かりませんが、本来なら絶対三脚が必要な場面でもしっかり撮れてしまいます。この部分がこれまで僕が使っていた一眼レフと決定的に違います。技術の進歩に時代の流れを感じます。

これからは“Canon EOS 7D”の写真も少しずつブログで紹介できたらって思ってます。旅に持って行くのが楽しみです。えっ!7Dを持ち歩くバックパッカー・・・微妙?
関連記事









exclusive60g.png

2009'12'25(Fri)20:49 [ Daily Life ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/136-9a82a852
trackback