見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2020| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
クロネコ号のバッテリー交換
Battery21820-1.jpg
BOSCHの『シルバーバッテリー』に交換!

それはある日とつぜん発生したアクシデント。朝、車に乗ろうとしたら、リモコンが反応せずドアが開かない。どうやら防犯アラームも作動していない。最初はリモコンの電池切れかなと思ったが、電池を替えたりいろいろやってみた結果、どうやらバッテリーっぽい。というわけで、クロネコ号のバッテリー交換を行いました。ハーレーでは何度も交換の経験はあるのだが、ポルシェは今回が初めて。2014年からだから、もう6年くらいは乗っている計算になる。まぁ交換の時期ですね。今回選んだのは、BOSCHの “SLX-7C” という欧州車専用バッテリー。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Battery21820-2.jpg
1)まずはフロントトランクルームのカバーを外す。

Battery21820-3.jpg
2)スペアタイヤのセンター部分のボルトを外す(17㎜)

Battery21820-4.jpg
3)右側手前に古いバッテリー確認、固定ステイのボルトを外す(13㎜)

Battery21820-5.jpg
4)バッテリーのマイナス端子→プラス端子の順にボルトを外す(13㎜)

Battery21820-6.jpg
5)新バッテリーを乗せ、先ほどの逆、プラス端子→マイナス端子の順にボルトを外す(13㎜)

Battery21820-7.jpg
6)再びステイを取り付けバッテリーを固定(13㎜)し、スペアタイヤを元に戻す(17㎜)


バッテリー交換作業はこれで完了。作業前にいろいろ自前の工具を準備したけど、最終的に使ったのは車載の13㎜と17㎜のレンチだけ。あとはバッテリーの端子取付の際に大きめのドライバーの柄を使って押し込んだくらいかな。順調に作業できたけど、最後にマイナス端子を取り付けた際にセキュリティアラームが鳴り響いて大慌てだったのは秘密にしておこう・・・。その場合、運転席側のドアに直接カギを差し込んで、ロック解除すればアラームも解除されますよ!

バッテリーを交換したら、エンジン始動がものすごく安定しました。



  

関連記事






exclusive60g.png

2020'02'18(Tue)10:13 [ Porsche 911 & Car ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/1390-9e957033
trackback