見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
シェムリアップで食べるインドカレー
カンボジア滞在中はどのようなものを食べたのか?と聞かれると、ちょっと返答に困ってしまいます。もちろん毎日何かしら食事をしていたわけなのですが、カンボジアに滞在していたからこそ食べれるもの、というテーマで考えた時、あまりピンとこないんです。

朝食は、日の出前の早朝、まだ外は真っ暗な時間帯から遺跡に向かうため、前日に買っておいたクロワッサンやバナナなどを食べることが多く、昼は遺跡内のレストランで適当に済ませてしまいます。レストランとは言っても、土産物屋に併設しているような簡易食堂で、だいたい食べるのは白いご飯に惣菜が乗ったようなシンプルなものでした。タイやインドネシアにもある、“ナシ・チャンプル”(Nasi Campur)みたいなものでしょうか。そんなかんじなので、改めて「食事」として表現できるものと言うと、夕食ということになりそうです。

カンボジアでの夕食は比較的バラエティに富んでいたような気がします。というのも、旅の道中仲良くなったバックパッカー仲間と食事をすることが多く、あの辺に良さそうな店があると聞けば、さっそく行ってみようということになります。彼等とは日中は各々自由な観光をし、夜の時間に合流するようなかんじでした。まぁシェムリアップは小さな町で、しかもお店があるのは中心地区に集中しているので、日中でもよく会うのですが・・・。

ある夜は、中心地区からやや離れたシェムリアップ川の川沿いに、外国人が集まる居酒屋のようなお店があり、バックパッカー仲間5、6人で飲み食いしたのですが、いろいろ頼んだのに、どうにもこうにも何を食べたのか記憶が曖昧で、全く覚えていません。大人数だったので、メニューを片っ端から注文したのですが、カンボジア料理、タイ料理などがミックスしていて判別しずらかったことと、ビールを飲みまくったせいですっかり記憶喪失です。ははは・・・。

別の日は、チャイニーズレストランにも行きました。無難においしかったのですが、ないんです。そのときの写真が。う~ん、撮らなかったっけ?で、写真のある“インドカレー”を記事にすることにしました。・・・ちょっと前置き長すぎでしたね。ゴメンナサイ。

SiemReap110709-14.jpg
シェムリアップの中心地区には、在住の外国人達(主に西欧人)がプロデュースした多国籍レストランや土産物屋が軒を連ねる、ちょっとした外国人通りがあるんです。通りの雰囲気も西洋テイスト溢れていて、ここだけ周囲から浮いたようにお洒落です。

SiemReap110709-10.jpg
この日はなぜかカレーが食べたくなり、Kama Sutra(カーマ・スートラ)というインドカレーのお店で食べることにしました。ここがカンボジアとは思えないほどお洒落なお店。僕はインドカレーが大好きで、日本にいてもよく食べに行くんです。

旅で様々な国を訪れるとき、その国の料理を食べることになるのですが、そればかりではどうしても胃もたれしてしまったり、味に飽きてしまうので、あまりこだわりすぎず、できる限りバラエティに富んだ、食べたいものを食べるようにしています。だって、普段日本で生活していても3食ピザやパスタばかりだと飽きてしまいますよね?

SiemReap11410-1.jpg
お店の前にはたくさんのスパイスが陳列されていました。家でも時々インドカレーを作るのですが、本気で作ろうと思ったらインドカレーもなかなか奥が深い料理ですね。

SiemReap110709-9.jpg
これがシェムリアップで食べるインドカレーです!カレーは左がチキンで右がキーマ。ライスとナンが付くのですが、カレーの味はとてもおいしかったです。インドカレーをよく食べる人から見ると、ナンが小さすぎて微妙ではありますが・・・食感もちょっと固めでした。

パンもそうなのですが、カンボジアはこの手のパン系はあまりおいしくない印象を持ちました。おそらく「」と自国で調達可能な「小麦粉」の質が影響しているのではないでしょうか。ただし、カンボジアの食事のレベルを考えると、かなりおいしく、満足感がありました。

SiemReap11410-2.jpg
イタリアンレストランの中で転がるワンちゃん。別の日ですが、このエリアのイタリアンレストランでピザを食べたときの写真。ピザの味はやや微妙でしたが、ちゃんとイタリア人が作っているので、こちらも入手できる原材料に問題があるのかもしれません。

旅の間、できるだけ自由な食生活を楽しむようにしている僕なのですが、現地の料理に飽きてきたらまず最初に探すのがチャイニーズレストラン。中華料理は味付けや食材が日本食に最も近く、値段もリーズナブルなので重宝します。旅する国にもよるのですが、インドカレーも候補に挙がることが多いです。この2つの料理は、海外では安くて無難においしいことが多いです。それと、やや当たり外れがあるのと、重たいので続けては食べられないけど、イタリアンも優秀。貧乏旅行的にはこちらはリーズナブルでないことが多いですが。

やはり、日本食が一番食べたくなるのですが、海外では日本食レストランはやや高級な部類に入り、値段の割に量も少なく、加えて日本人だけに日本食の味を厳しく見てしまうため、味も微妙なことが多いです。そもそも日本食レストラン自体が少ないというのもありますが、仮に日本食レストランを見つけても、日本に帰ったら食べれるしいいかな~って敬遠してしまうことが多いです。僕が宿泊していたタケオゲストハウスでも、ちょっとした日本食が食べられたように思うのですが、なぜか一度も利用することはありませんでした。

寿司など生ものを扱う料理は鮮度や衛生面でなかなか難しいのは分かるのですが、そばやうどん、ちょっとした定食などはもっと気軽に食べれるよう、リーズナブルにできないものなのだろうか。海外の日本食、ちょっと敷居が高いんですよね~。
関連記事









exclusive60g.png

2010'01'14(Thu)22:00 [ シェムリアップ・郊外 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/153-0b9dd0cc
trackback