見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
乾いた大地と太陽と、ささやかな水 part-2
ガイドブックでは絶対に見ることのできない、何一つ飾ることのない“カンボジアの原風景”の続きです。ピュアなカンボジアの自然を見てください。観光客が楽しめるような遺跡などはありませんが、蒼い空と、見渡す限りどこまでも続く地平線が心に強く焼き付きます。

Cambodia11910-11.jpg
起伏の少ない平坦な大地。周囲に建造物などがないため、高い空と地平線がどこまでも広がっている、何とも鮮やかで爽快な景色。360°パノラマビューでお見せできないのが残念!

Cambodia11910-9.jpg
辺り一面に広がる稲作の農地。大地は乾燥しているが、そんな環境でも稲は力強く育っている。国土の21.6%は農地で、人口の34%が農業に従事しているカンボジアの主食は米だ。

Cambodia11910-8.jpg
放牧されている牛たち。食肉用なのだろうか。それにしてはやせ細っているように見える。以前の記事で紹介した、郊外の集落で見かけた牛たちと同様の品種だ。

Cambodia11910-6.jpg
橋から見下ろした名も無き川。写真右端に小さいけど子供たちが水遊びをするのが見える。

川幅は広いのだが、見たところ水はほとんど流れていないように感じる。川というよりは水たまりのような印象。泥を含んだ黄土色の水は、きっと飲み水には適さないだろう。

Cambodia11910-5.jpg
川から農地に水を引いているのではないだろうか。

雨季に水かさが増せば、農地は増幅した川の水に飲み込まれてしまうのではないだろうか。乾季と雨季とで水の在り方や周囲の風景が大きく変化しそうだ。

カンボジアはモンスーン気候帯に属し、11~4月が乾季5~10月が雨季だ。乾季には40℃まで上がる気温も、雨季にはタイ湾からの風により22℃まで下がることがある。灼熱のカンボジアでも乾季と雨季とでその気温にかなりの温度差があるようだ。

TonleSap120609-6.jpg
トンレサップ湖へと結ぶ水路でボートを漕ぐ少女。はにかんだ顔がかわいい。雨季にはメコン川が増水し、トンレサップ湖に逆流することで、湖の面積は最大10倍にまで拡大する。

TonleSap120609-7.jpg
このように子供たちだけでボートを漕ぐ姿はカンボジアならではの風景。
次はキミたちの時代だよ。がんばれ、子供たち!

Cambodia11910-12.jpg
藁葺き屋根の高床式の簡素な小屋。川や湖の周囲にある、典型的なスタイルの小屋だ。このような構造にしているということは、おそらく雨季には水かさが増すのだろうと思われる。小屋の奥、遠くには起伏の少ないカンボジアには珍しく山のようなものが見える。

カンボジアの国土は、そのほとんどが海抜100m以下なのだが、首都プノンペンの西、シェムリアップの100~200kmほど南には“カルダモン山脈”(Cardamon Mountains)が連なっており、最高峰の“プノン・アオラル山”(Mt.Aoral)は標高が1813mもある。

カンボジアの原風景、いかがだったでしょうか。壮大な遺跡の在り方がカンボジアの顔なら、カンボジアの自然もまた、カンボジアのもう一つの顔なのではないかと思います。決して派手ではありませんが、そこにはカンボジアらしい魅力的な世界があります。
関連記事









exclusive60g.png

2010'01'21(Thu)20:46 [ シェムリアップ・郊外 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


最近、旅不足?で自分が乾いているのではないかと心配になります。
そうして求めていたところで旅に出られれば、きっと得られるものも大きくなるかなぁ、
と期待してみたり。

山や森に囲まれた360°の世界は目にしたことがありますが、
360°地平線の世界があるとは・・・
強烈な印象をもらえそうですね。
2010/01/22 20:06  | URL | 一文字 #- [edit]


一文字さん、コメントありがとうございます!

旅先の世界やそこに住む人々から、自分達とは異なる
生き方や価値観を感じることができ、良い刺激になる
のではないでしょうか。

人は時に自らが持っている幸せのかたちに気づかない
ことがあります。少し視点を変えることで、その幸せ
のかたちを見つけることができるかもしれません。

未来はもちろん大切ですが、“今” を楽しく生きること
は実はとても重要なことなのではないかと最近思える
ようになってきました。
2010/01/23 01:52  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/163-604fc7af
trackback