見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
旅のサングラス
強烈な日差しの地域を旅するときに必要不可欠なのが、サングラス

旅先に持って行くサングラスは、いつもメタルフレームのものを選んでしまいます。本当はセルフレームの方が頑丈で、扱いが手荒になりがちな旅先ではより向いているはずなのですが、ついスタイルを重視してしまうんですよね・・・。

逆にハーレーに乗るときは風を直で受けるので、セルフレーム一択です。セルは形状によっては防風性能の高いものがあるので、サングラスにillegalのメットという、いわゆるアウトロースタイルだと、防風性能のないサングラスは使えないんです。

旅での使用に最適なサングラスは、もしスタイルを無視して機能面だけで考えるのであれば、構造が頑丈で、レンズは強い日差しに対応できるダークめのもの。加えて、盗難を意識するならできるだけリーズナブルなもの。ということになりそうですが、個人的には旅のスタイルやファッションに合う、お気に入りのものを持って行くのが一番だと思います。

Sunglass12310-1.jpg
最近、旅先によく持って行くのが、この“ディオール・オム”(Dior Homme)のティアドロップ。ストイックで大人の色気を感じさせるデザインが気に入ってます。

ディオール・オムのコレクションがスタートした頃、まだエディ・スリマンがクリエイティブ・ディレクターだった頃に購入したので、もう軽く6、7年は経っているかも。レンズはダークオリーブで、ティアドロップにしては小振りなデザインが気に入って、バックパッカー旅行でも気にせず持って行ってしまいます。よく使っている割には未だにキレイです。

Sunglass12310-3.jpg
ディオール・オムらしい、ミニマルにまとめられるこんな感じのケースが付いているのですが、構造上繊細なメタルフレームは、手荒にバッグに突っ込んだりする旅での使用には不向きなので、旅の時は持ち運びやすいよう専用のケースを持って行きます。

Sunglass12310-2.jpg
旅の時にサングラスを収納している、“GREGORY”(グレゴリー)のAccuCaseという、サングラス用の保護ケース。見た目はソフトなのですが、バリスティックナイロンを熱圧縮した特殊素材で、ハードな素材感。衝撃に強く、傷がつきにくい。何よりとっても軽いのが特徴。サングラスをそのまま、あるいはソフトケースでバッグに入れると、レンズに傷が付いたり、フレームが歪んだりするので、旅先でサングラスを持ち歩くには欠かせないアイテムです。

サングラスなしで日差しの強い地域を1日歩き回ると、ものすご~く眼が疲れます。都会に住んでいると、単なるファッションアクセサリー的な使い方が多いサングラスも、旅先では有害な紫外線から眼を保護してくれるので、とても重宝します。

皆さんもサングラスは忘れずに!


  
関連記事









exclusive60g.png

2010'02'01(Mon)19:04 [ 旅の装備 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


昨年11月のタイ滞在で、プライサニーも珍しくサングラスを購入しました。

まぁでも・・・
プライサニーみたいに旅行者らしいことあんまししてなくて、タイ人に密着したように滞在していると、サングラスがなんか「カッコつけマン」に見られるような気がして、ほとんど使いませんでした。

で、ですね・・・
帰国するとき、カッコつけてサングラスしてたんです。
そしたら・・・
香港のトイレの便器に落としちゃった・・・
ショーック!!
しかも大が終わったあとに・・・
(流した後だったけど・・・)

Garyoさんだったら、これ拾います?
プライサニーは拾えませんでした。
100バーツの安物だったしね・・・
2010/02/02 00:29  | URL | プライサニー #HfMzn2gY [edit]


プライサニーさん、コメントありがとうございます!

僕だったら拾える状態なら拾います。無理ならあきらめます。
流した後なら普通に拾うかな?たぶん。

ファッションというのは、所詮カッコつけなのかもしれません。
楽しむか、楽しまないか。こだわるか、こだわらないか。
興味があるか、興味がないか。とってもシンプルです。

写真などもそれと同じで、興味がなければカメラすら必要ない
かもしれません。僕は旅先での楽しみの一つと捉えているので、
必ず持って行くようにしています。

旅先でのファッション、いつも楽しみながらいろいろ考えますが、
“バランス感”は大切にしています。常に目的地の風土にあった
スタイルを心がけるようにはしています。

旅行というスタンスで海外に来ている以上、どんなに現地に寄せ
ても外国人なのであって、“旅行者”でしかないような気がします。
あとは個々の興味の矛先の違いなのかも。

逆に旅行者である、ということをメリットと捉えて、堂々と旅行者
として振る舞うというのはどうでしょうか。
2010/02/02 02:15  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/168-088f34db
trackback