見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
サヨナラ、また会う日まで!
シェムリアップから出発したバスは、西へ西へとバンコクヘ向かって走ります。

陸路での国境越えは治安によるトラブルも多く、また、長時間に渡り悪路と格闘しなければならないため、精神的にも肉体的にもハードな旅となりますが、陸路でなければ見ることができない世界を見ることができるというメリットがあります。

その国に住む人たちにとってはごく日常的で、飾り気のない世界なのですが、だからこそ僕たち旅行者には新鮮さを感じます。観光地として作られた世界にはない魅力があるんです。

Cambodia2410-7.jpg
砂塵を巻き上げながら、車が行き交う国道6号線。トラクターや大型トラックも多く見かけた。

道は大半が未舗装のガタボコ道。時々舗装されてはいるのですが、アスファルトは劣化していてやっぱりガタボコします。これがきちんと舗装されれば随分往来がスムーズになるのにと思ってしまうのですが、その簡単そうに見えることがなかなか難しいんでしょうね~。

Cambodia2410-9.jpg
バスを追い抜いていく、荷台にたくさんの若者たちを乗せたピックアップ。車は日本製(写真はISUZU)の4WDで、荷物や人を乗せるのに適しているピックアップタイプの車が多い。そして移動時は写真のように人や荷物を積めるだけ積んで走る。カンボジアの車は大変だ!

Cambodia2410-8.jpg
途中、ガソリンスタンドでガソリンを補給。ガソリンの入ったポリタンクがズラリと並ぶ。

いわゆる先進国のガソリンスタンドとは随分雰囲気が違いますが、ここではガソリンだけでなく、オイルや飲み物なども取り扱っており、ちょっとした休憩所になっている。

Cambodia2410-6.jpg
行きにも立ち寄った、タイ・ポイペトの国境手前の休憩所にて。

行きの時の記事で紹介したサル君は依然健在で、フルーツなどをパクついておりました。チェーンでつながれているのですが、単なるペットなのか、はたまた何かの役に立つのかは不明。比較的おとなしく、とくに人間に危害を加えたりするかんじではなかった。

Cambodia2410-10.jpg
タイ・ポイペトの国境を越えると、そこは懐かしいタイの道。路面は滑らかに舗装され、格段にインフラ整備されているのが体感できます。アジアの太陽がゆっくりと沈みはじめ、バスの中には“紅の世界”が広がっていきます。同時に安堵感が満ちていきます。

壮麗で気品溢れるアンコール・ワットが、カンボジアの力強い太陽と大地の匂いが、貧しい環境に負けずたくましく生きるカンボジアの子供たちの姿が、今でも胸に焼き付いています。

心からの“ありがとう”を伝えたい。サヨナラ、また会う日まで!
関連記事









exclusive60g.png

2010'02'07(Sun)09:47 [ シェムリアップ・郊外 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/179-d87fd88b
trackback