見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
ワット・ポーと黄金の巨大涅槃仏
以前の記事で黄金の涅槃仏だけは紹介したのですが、今回はそれも含めて、黄金の涅槃仏を祀る“ワット・ポー”(Wat Pho)という寺院をクローズアップしてみました。ワット・ポーに焦点を当てることで、タイの寺院建築の1つのスタイルが見えてくるからです。

Thai21710-1.jpg
手入れの行き届いた境内が印象的な、ワット・ポー。

ワット・ポーは、「菩提の寺」という意味で、1788年にラーマ1世によって建立された王室寺院。チャオプラヤー川沿い、王宮“ワット・プラケオ”(Wat Phra Kaeo)の並びにあり、以前の記事で紹介した“ワット・アルン”が川を挟んだ向かいに建っているので、この一帯は正にゴールデン・トライアングル的な観光スポットになっているんです。

ちなみにワット・ポーの正式名称は、“ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン”というとんでもなく長い名前なのだそう。こんな長い名前、正確に呼べる人はいるのだろうか・・・。

WatPhoBuddha21710-1.jpg WatPhoBuddha21710-2.jpg
黄金の涅槃仏は、タイ版ロンリー・プラネットの表紙にも使われ、タイを象徴するような存在だ。

この寺院の最大の見どころは、ラーマ3世が作った黄金の巨大涅槃仏(寝仏)で、全長46m、高さ15mと、その巨大さもさることながら、金箔で覆われた全身が金色に光り輝き、眼と足の裏には真珠貝の内面が使われているなど、恐ろしく豪華な仕様なので必見なんです。

日本にも仏像はたくさんありますが、さすがにこんなのはないですね~。すごい!

Thai21710-3.jpg
境内の一角にある、ヨガの行者像。

境内の東側には、様々なポーズのヨガの行者をあしらった像があります。どことなくコミカルで、ホッとする存在です。周囲の緑がそういう雰囲気を作り出しているのかもしれません。

それにしても境内は整然としていて、これだけたくさんの観光客が出入りしているのにゴミひとつ落ちていません。タイの人たちにとっていかに大切な存在なのかが伺い知れます。修学旅行で訪れるどこかのお寺みたいに、仏像に落書きなんかした日には、死刑ですね・・・。

Thai21710-4.jpg Thai21710-6.jpg
どっしりと風格のある巨大な関羽像。写真右はタイ様式の鐘。

中庭にある門には中国の三國志の英雄、“関羽”を摸した像が立っています。ワット・ポーは、中国文化とタイ文化の混合様式の代表的な建築物の一つなのだそうで、関羽像をはじめ中国的な要素を取り入れているようです。また、中国様式かどうかは分かりませんが、鐘のようなものも見かけました。形状的にはタイっぽいかな。

Thai21710-8.jpg
立ち並ぶ巨大な仏塔。

尖ったシェイプとカラフルな表面のディティールで、圧倒的な存在感を誇る敷地内の仏塔は、王や王族の墓のような存在なのだそう。なるほど、これはお墓だったんですね。

ワット・ポーは、バンコクで最も古くからある寺院で、敷地面積は約80,000m²(バンコク最大規模)もある。そのうち一般公開されているのは北側部分(約半分で、南部分は僧房)のみなのだけど、それでも相当な広さで、じっくり回るとかなりの時間が必要。バンコクの強烈な陽射しもあって、長時間歩いて回るとけっこう体力を消耗します。

Thai21710-11.jpg Thai21710-9.jpg
近くで見た仏塔の表面。

仏塔の表面には中国製の陶器の破片を使用して模様が描かれています。遠くで、見るとカラフルで細かな彫刻が施されているように見える仏塔も、近くで見るとまた違った印象になります。こんなところにも中国文化との融合が計られているんですね。

Thai21710-12.jpg
境内に飾られていた花。とてもきれいだったので思わずパシャッ!

タイの遺跡を巡っていると、遺跡内の敷地に時々こんなきれいな花が咲いていたりして、心が和みます。色彩もビビッドで、いかにも亜熱帯のタイらしいテイストなんですよね~。

実はこの寺院、タイ最初の大学でもあり、またタイ式マッサージの総本山としても有名なようです。そのため、タイ古式マッサージの最高機関である“ワットポー・マッサージスクール”が敷地内にあるんです。また、境内東側では、マッサージ場が併設されていて、有料ではありますが、ここを訪れる一般客もマッサージを受けることができます。

バンコクの王室寺院ワット・ポー、いかがだったでしょうか。建立が1788年と比較的新しいこともあり、これまで紹介してきた寺院遺跡とは建築様式なども含めて随分印象が異なる(何より豪華)のですが、より現代的なアレンジが施された現代のタイの寺院のスタイルを見ることができます。特に黄金の巨大涅槃仏はタイを象徴する存在なので、必見です!
関連記事









exclusive60g.png

2010'02'20(Sat)19:55 [ バンコク ] CM6. TB0 . TOP ▲
COMMENT


知りませんでした。
勉強になりましたぁ~
2010/02/21 13:07  | URL | プライサニー #HfMzn2gY [edit]


プライサニーさん、こんにちは!

そうみたいですね~。
少なくとも見た目は関帝像まんまですね。
どうもワット・アルンにも数体あるようです。

タイの文化が中国の文化とつながっていて、
ちょっと違和感はありますが、面白いですね!
2010/02/21 20:23  | URL | Garyo #- [edit]


うん、そうそう・・・
何体かあるのを見ていて、関羽っぽいなぁ~とは思っていましたが、てっきり別物だと思っていました。
ホント知らんかったです。

ワット・アルンって広いですよね。
でも・・・
ワット・プラケオとか、ワット・アルンとかを見た後で、暑さと移動でけっこ~ヘバってたりするから、軽くスルーして涅槃仏くらいしかジックリ見たことないですね~
関羽像も、軽~くスルーして何となく違和感あったから覚えているくらいで・・・

細かなトコまで、しっかり見てらっしゃるんだなぁ~
って関心します。
ルークトゥンや、ディスコ、雑貨とか、遊ぶコトばっかり意識がいっちゃって・・・
ちょっと見習わないとならないなぁ~
2010/02/22 00:59  | URL | プライサニー #HfMzn2gY [edit]


プライサニーさん、コメントありがとうございます!

イヤイヤ、一見真面目に文章書いているように見えますが、
若いときはL.A.のダウンタウンをハーレーのチョッパーで
平気で走ったりしているような奴で、実は悪のオーラを纏
っていたりします。

アパレル業界に長くいると、見た目だけは堅気の人からかけ
離れていくのですが、今やバガボンドの武蔵状態です。

でも、そのおかげで旅先で少々治安が悪くても、僕にはあんまり
絡んでこないので、その点はいいことかもしれませんが・・・

冗談はともかく、旅先で撮った写真を見ながら、僕自身も
楽しみながら勉強させてもらってます。
2010/02/22 20:45  | URL | Garyo #- [edit]


Garyoさんのイメージって・・・
知的な話もできるワイルドなちょいワル兄さんって感じですね。

カッコえぇ~なぁ~

プライサニーも、そうなれるようガンバりますw
2010/02/22 21:54  | URL | プライサニー #HfMzn2gY [edit]


プライサニーさん、こんにちは!

ははは、アパレルはある意味ショービジネスの世界
なので、この業界にいる人は皆そんなもんなんですよ。
そういうのに特化しているというか。

僕はショップスタッフからというより、デザインで
やってきたタイプなので、そういう意味ではちょっと
ユニークなところもあるかもです。
2010/02/22 23:53  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/191-bc4a2202
trackback