見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
ハンドメイドのデジカメケース
今回のインド・ネパールの旅の相棒、“Canon PowerShot S90”用のケースを作ってみました。

Canonが販売しているS90の純正ケースは2種類あって、両者ともレザー素材なのですが、一般的に流通しているブラックのタイプは構造上問題があり、使いづらいためユーザーに不評なのと、Web限定の純正ケースは構造上の欠点をカバーしてはいるものの、カラーリング(ブラウン)が微妙なんです。更に付け加えると、純正のケースはたいした作りでもないのに5000円とかして、コストパフォーマンスも悪いです。何より個人的に根本的なデザインが好きになれなかったので、それならいっそ作ってしまおうということになりました。

当初、昔インド系のショップで衝動買いしたインド・シルクの糸で作ってみたのですが、糸の個性が強すぎて、やや微妙な仕上がりになってしまったので、ショルダーバッグの内ポケットでも使用した、“エア・リネン”という中空糸で作ってみることにしました。

S90case30410-1.jpg
S90用のエア・リネンの生成りのケース。世界限定1個の究極の限定品!

チャン!こんなかんじに仕上がりました

リネンの生成りとはいえ糸自体はシンプルなので、ならばその分編み組織で表情を出そうと思い、凹凸感を出してみました。ポイントになっているボタンは、どっかのはずれたレザージャケットのボタンを使ってしまいました。余り物の材料箱をゴソゴソしてみたのですが、あんまりいいのがなくって・・・。立派ではありませんが、テイストにはマッチしてるかな?

カメラを保護するケースでもあるので、エア・リネンのソフトな風合いや、立体的な編み組織は衝撃を吸収するのには良いような気がします。また、オリジナルだけあって、サイズがジャストフィットなので、スピーディな取り外しが可能なのもポイントです。

S90case30410-2.jpg
S90とオリジナルの専用ケース。大きすぎず小さすぎない、ジャストサイズ。

ケースの入り口部分はボタンストラップで留められるようになってます。派手ではないけど、ナチュラルテイストがインドなどの暑い地域ではしっくりきそうな予感です。

今回の旅には予備バッテリーを持って行こうと思っているのですが、ケースにはあえて予備バッテリーなどを収納するポケットを付けませんでした。おそらく首からぶら下げるシチュエーションが多いと思い、バッテリーやメモリーなどの付属品を常にケースに収納するのは、逆に身重になるだろうと考えたからです。その辺はショルダーバッグに収納しておいて、必要に応じて取り出せばいいのかなと。紛失や破損を考慮すると、その方が良さそうです。

S90case30410-5.jpg IndSilk30610-1.jpg
インド・シルクを使用して作ったケースと糸。いい糸なんだけどなぁ・・・。

こちらは最初に作ったインド・シルクのケース。せっかく作ったのに陽の目を見ないかわいそうな奴です・・・シクシク。この糸、糸だけで見るとものすご~くいいかんじなんですよね~。それで気に入って買ったのですが、編んでみるとボリュームが出てモヘヤっぽくなってしまうので、いろいろ編み図を変えてみたのですが、うまくいかず。他に余った糸もあまり良いのがなく、結局新宿のオカダヤまで糸を探しに行く羽目になってしまうのでした。

とはいえシーズン的にまだ春夏の糸は少なく、やむを得ずエア・リネンをチョイスしました。プレーンなので、ちょっと表情が乏しいかな~と心配だったのですが、思ったよりも良い出来映えに仕上がりました。春夏の糸が出揃ったら、また作ってみようかな。



  
関連記事









exclusive60g.png

2010'03'06(Sat)19:20 [ 旅の装備 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


chempakaです。こんばんは。世界限定1個の究極のカメラケース拝見しました!いい感じじゃないですか!機能性も良さそう。。。グッドです!

そうそう、純正のケースってなんかイマイチなんですよね~。無意味に高いし。。。
2010/03/06 23:00  | URL | chempaka #- [edit]


chempakaさん、こんにちは!

ありがとうございます。
そう言って頂けると作った甲斐があります。

バッグと比べると、デジカメケースは比較的使える糸が
多いので、選択肢が多いのですが、マーケットにまだ綿
や麻などの春夏の糸が出回っておらず、結局シンプルな
生成りのものを選択しました。

S90の純正ケースは、ストラップにケースを付けた状態で
撮影することを前提としたデザインで、ケースを脱着する
際に、毎回ストラップをケースの穴に通さなければならず、
使いにくいところがあるんです。デザインも値段の割に
ペタっとしていて好きになれなかったんですよね~。

糸の選択でかなり表情が変わると思うので、シーズンに入って
糸が出回ったら、また挑戦しようかなと思ってます。
2010/03/07 11:24  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/202-ca7ecd6c
trackback