見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
バックパッカー旅の便利グッズ
インド・ネパールの旅の準備で、アウトドアショップをのぞいた時に、良さそうなアイテムをいくつか見つけたので紹介します。今回は2点。どちらかというと荷物をできるだけコンパクトにまとめたいバックパッカー旅行向けですが、便利だと思います。

Spoon30410-1.jpg
Snow Peakの、チタン先割れスプーン・ショート。

まずはスプーン。“Snow Peak”というアウトドアメーカーの、“チタン先割れスプーン・ショート”という商品。先端がフォーク状になっているので、フォークとしても使えます。チタン製なので軽くて錆びにくく、衛生面でも良さそう。プラスチック製のものは、耐久性にやや難ありで、長期間使用すると破損してしまう可能性があります。

こういうアイテム、ヨーロッパなどの先進国はもちろん、大抵の国ではそれほど必要ないと思うのですが、手で食べるような風習や文化の国を旅する時には持っていると重宝するかも。いろんなメーカーが旅行用のコンパクトなスプーン、フォーク、ナイフのセットなどを作っていますが、構造上、仮にフォールディングナイフスタイルの折りたたみ式であっても、本来のスプーンのサイズ以下にはならないわけで、逆に無駄が多かったりします。

また、先端のスプーン、フォークなどを取り替える、組み立て式のタイプなどもあるのですが、基本的に複数持って行かない限り片手で使用することになるので、まぁ結果的にはスプーンとフォークが併用できる、先割れのタイプが一番使いやすかったりします。1本バッグに突っ込んでおけば必要なときにすぐ使えるし。これはその中でもコンパクトで優秀。

値段は819円(税込)ということで、まぁ安いです。1本あればいいし。

Packtowel30510-3.jpg
MSR、Pack Towel Ultra Light/M カラーはブルー。

もうひとつは、タオルです。“MSR”というメーカーの、“Pack Towel Ultra Light”という商品。こちらは本当にオススメ。超速乾と超吸水性を持ち合わせたマイクロファイバー素材で、コットン製のタオルとは比較にならないほど乾くのが早いんです。絞るとほぼ乾いた状態になり、繰り返し使用できます。そして、スーパーコンパクトなのもポイント。

これまでも旅の時にはいつもパックタオルを持って行っていたのですが、このUltra Lightは更に軽量コンパクトになっていて、バッグを圧迫しないんです。個人的にこのタオルの一番の良さは、タオルを入れるメッシュケースが付いていること。これによって、まだ微妙に乾いていない状態でも持ち運びがしやすいし、ビニールなどに入れるよりはずっと衛生的。

Packtowel30510-2.jpg
表面はマイクロ起毛になっていて、まるで紙のような薄さだけど、意外と耐久性はある。

このように広げるとかなりの大きさになります。使用したら、軽く絞って端っこに付いてるスナップボタン付きのフラップで洗濯ロープなどに引っかけておけばすぐ乾きます。

写真はMサイズで、30x76㎝。ちなみにLサイズだと51x92㎝。S・M・L・XLと4サイズあるのですが、個人的にはMサイズで充分な気がします。女性で大きめのタオルが好みな人ならLサイズでもいいかも。カラーバリエーションは、写真のブルーとグリーンがあって、値段はサイズによって異なるのですが、大体2000~3000円位(M/1,995円・L/2730円)です。

タオルはバックパックの荷物の中でも衣料品と同じくけっこうかさばるアイテムなので、コンパクトにまとめられるのはうれしい限り。旅の際は参考にしてみてください。


  
関連記事









exclusive60g.png

2010'03'05(Fri)20:03 [ 旅の装備 ] CM4. TB0 . TOP ▲
COMMENT


私は、和手拭いを愛用しています。
コンパクトさと乾きの速さは、相当優秀と思ってます。
あと、いかにもな和手拭いは、旅先で珍しがられることもしばしば。
自分では、あまりに普通に使っているものだけに、そう言われてむしろ驚きました…
2010/03/05 22:07  | URL | 一文字 #d1h6byVU [edit]


一文字さん、こんにちは!

和手拭いとは、なかなか古風で個性的ですね!
柄によっては相当なインパクトがありそうです。
素材はやはり綿のものなのでしょうか?

確かに和手拭いを旅で使われている方をあんまり
見かけたことがないですね。おそらく海外だと独特
の和柄のものだと、更に珍しがられるのではない
でしょうか。面白いアイデアだと思います。

サイズ的には今回紹介したMサイズがちょうど
手拭いと近いような気がします。
2010/03/05 22:41  | URL | Garyo #- [edit]


木綿の手拭いが一番だと思っています。
東京各地に店舗がある『かまわぬ』は、
季節に合わせた商品などが多くて、時々眺めに行っていました。
今は誕生月の絵柄を愛用しています♪

あと、藪の中に出かけて行って(!)の擦り傷などに・・・
タオルと違って、傷口に当てたときに毛羽がつかないのが重宝します。

・・・って、このコメントだけみると、
どこに何をしに行っているんだ、という感じですが(苦笑)
2010/03/06 10:42  | URL | 一文字 #d1h6byVU [edit]


一文字さん、こんにちは!

「かまわぬ」というお店、なかなか面白そうですね!
今度見に行ってみようと思います。

一文字さんは和手拭いを結構万能に使ってらっしゃる
ようですね。手拭いサイズは様々なシチュエーション
で使いやすいですよね。

僕は今回の旅ではショルダーバッグにウエットティッシュ
を入れて行こうと思ってます。インドはトイレに紙がない
ことが多いので、もちろんポケットティッシュもですが、
街でもらって集まったのを持って行こうかなと。
2010/03/06 19:19  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/203-5eb1eb30
trackback