見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
インド・デリーのスクラップ回収所で大惨事
インド、デリーを紹介している真っ最中に入ってきたニュース。

ニューデリーのスクラップ回収所で高レベルの放射線を検出したというもので、既に作業員が1名死亡し、7名が入院している模様。通常の5000倍にも達する、極めて高濃度な放射線で、スクラップ回収所だけでなくその周辺でも放射線が検出されている。

India51610-1.jpg
オールドデリー、焼却中の廃棄物を漁る人々。(photo: Garyo)

以下、5月16日のAFPより抜粋。

環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は14日、インドの首都ニューデリー(New Delhi)で記者会見し、同市のスラム街マヤプリ(Mayapuri)地区にあるスクラップ回収所とその周辺の6か所で、通常の5000倍にあたる高レベルの放射線を検出したと発表した。

グリーンピースの放射線専門家が、同日、会見の前に調査したところ、回収所の放射線は、防護服がなければ国内法で年間最大許容限度とされている放射線量をわずか2時間で浴びる水準だったという。回収所から20~50メートル離れた、人の往来がある場所でも強い放射線が検出され、非常に危険だとしている。

この回収所では廃棄物から貴金属などを回収して販売しているが、デリー大学(Delhi University)が払い下げた装置に入っていた放射性物質による多臓器不全で作業員のラジェンドラ・ヤダブ(Rajendra Yadav)さん(35)が4月26日に死亡し、7人が入院した。ヤダブさんは得意先に見せるサンプルとして、デリー大のスクラップから回収した「光沢のある白い金属」を革の財布に入れて持ち歩いていたという。

国際原子力委員会(International Atomic Energy Agency、IAEA)は、過去4年間に起きた世界の放射線事故のなかで最悪の事例だとしている。

インド原子力規制委員会(Atomic Energy Regulatory Board、AERB)は今月、デリー大が払い下げたスクラップはすでに除去され、回収所とその周辺は安全だと発表していたため、会見でグリーンピースはAERBの怠慢を強く批判した。インドはエネルギー源を石炭や石油から原子力に徐々に移行しようとしているが、グリーンピースの会見はインドの有害廃棄物処理と安全規制の在り方に、新たな疑問を投げかける形になった。(AFP)



人口12億にも達するインドのゴミ事情は深刻で、街の至る所で廃棄物が山積みにされているのを見かける。そして、その廃棄物の山の中で生活する子供達の姿には心が痛むばかり。今後インドがエネルギー源をより効率のいい原子力へと移行するのにあたり、これまでとは比較にならないほど徹底した管理が必要となるだろう。

放射能を含む廃棄物に対する徹底した管理は当然の事なのだが、今後のインドの廃棄物処理の在り方に大きな変革を求めたい。今回の事件を発端に、そろそろ廃棄物に対する意識を根底から変えなければならない時期が訪れているのではないだろうか。

インドには今も大量の廃棄物の中で暮らす人々がいる。「生きる」 ということが何にも増して最優先事項の彼らには、自らの生活環境すら選択することが許されないのだから。“人間” という名の巨大な濁流に飲まれ、変革していく事の難しさを身に染みて感じるニュースだ。
関連記事









exclusive60g.png

2010'05'16(Sun)21:51 [ 人口・環境問題 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/239-81ef6ffe
trackback