見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
山頂を目指して
もちろんエベレスト・・・ではなく高尾山の話です。東京都心から1時間半、今やすっかりデートスポットへと変貌した、高尾山の素朴な風景を楽しんでください。

今回は肩の力を抜いていきますよ~!

takaosan60710-15.jpg
中腹の展望台からの風景。手前の高尾山周辺のエリアは緑地が点在していて和みます。

高尾山中腹のケーブルカー乗り場付近にある展望台は、東京の全景が眺められる絶景スポットなんです。ここまでが前回記事で紹介したところですね。展望台で、東京の街並みを様々な角度から堪能したら、気を改めて山頂を目指します。

takaosan60710-16.jpg takaosan60710-17.jpg
山頂への道。山頂近くにある寺院、薬王院への道というべきか。

高尾山の中腹から山頂までの風景は、かなり個性的です。というのも、この山には山頂近くに “薬王院” というお寺があるからです。正式には “高尾山薬王院有喜寺” といって、今から約1200年前に開山された真言宗の寺院ということらしい。なんのこっちゃ。

僕が小学生の頃遠足で登ったとき、こんなお寺、というかこんな道あったっけ?

takaosan60710-18.jpg
光のコントラストが美しい、新緑の紅葉。

調べてみると、1260余年前の744年(天平16年)に、聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、高僧行基菩薩により開山されたとあるから、あったんだろうなぁ・・・。

なにはともあれ、澄んだ空気と新緑の中で過ごす時間が心地いいです。

takaosan60710-19.jpg
チロっと舌を出すごま団子のお姉さん。ごま団子、おいしそう。

中腹にもお店があったけど、山頂へと続く道の途中にも食事処が。こっちの団子はごま団子だって。でもさっき味噌だれ団子食べちゃったしなぁ。残念。

takaosan60710-20.jpg
立派な松です。でかいです。こんなのがいっぱいです。

ま、まあ・・・あんまし書くことはありません。だって山だもん。こんなかんじの松の木が道の脇にたくさんありました。あまりに立派だったので撮影しておいたけど。

takaosan60710-21.jpg
薬王院の天狗像。強そうでしょ。

もっと早くに説明すべきだったけど、高尾山と言えば “天狗” です。

高尾山は天狗信仰の霊山としても知られていて、登山をするとあちこちに天狗の像やら、天狗にちなんだ土産物や食べ物やら、いろいろあります。

ちょっと話は変わるけど、日本の昔話なんかに出てくる鬼とか天狗って、当時難破して日本に漂流してきた白人の事だったりしないだろうか。ほら、鬼とか天狗って、肌の色が赤かったり、髪の毛の色が金色に描かれていたりするでしょ?

takaosan60710-22.jpg
薬王院の境内にある縁結び。5円玉を・・・結べばいいのかな?ご縁があるように。

白人や、奴隷として船に乗っていた黒人は、当時の日本人に比べれば体格ははるかに大きいし、日に焼けた白人の肌って真っ赤になるし、鼻も高いし、目の色や髪の毛の色も違って、当時外国人を一切見たことのない日本人にとっては正に鬼の姿に見えたんじゃないかなって。

それで、彼らは目立たないよう人里忍んで生活していたんですよ、きっと。ということは実は桃太郎は正義の味方じゃなく・・・って脱線しすぎた。夢を壊してはいけません。

takaosan60710-28.jpg takaosan60710-29.jpg
薬王院の境内の風景。像がいっぱいあったりします。くわしくは知りません。

山頂にはこの薬王院の境内を通って行くのですが、なんとなくハードな山登りというより、まったりムードになってきましたね。ここは、はっきり言ってデートスポットです。

山を登る人たちの格好も様々で、中にはサンダル履きの若い子とかもいます。でも、そのサンダル履きのラフな格好の子の横を、南アルプスでも登山するかのような超本格登山スタイルの人もいます。ちゃんとストック持って登ってるの。もちろんその中間くらいのハイキングっぽい格好の人たちもいて、いろいろいるんだなぁと関心して見ていました。

takaosan60710-25.jpg takaosan60710-26.jpg
高尾山頂599mと書いてある。(左)山頂広場の左奥におでんの文字が・・・オイィー!(右)

さあ、これが高尾山の山頂です!

山頂は広場のようになっていて、ちょっとした売店や食事処もあります。一応下の景色を見下ろすことはできるのですが、中腹にあった展望台の方が見晴らしはいいかも。

なんとなくですが、この山頂の風景には見覚えがあるんですよね~。小さい頃遠足で行ったときは、ここでみんなでお弁当を食べたり、お菓子を食べたりした記憶が。でも、売店なんかはなかったような気がする。もっと山っぽい自然な雰囲気だった。

takaosan60710-27.jpg
帰りはリフトで。いろいろ試してみたかったんです。ホントですよ!ホント。

山頂で少し一休みして、降りることにしました。山登りは降りるのは楽ですね。

小学校低学年の遠足以来、久しぶりに訪れた高尾山。昔の面影は片鱗もなく、すっかり観光開発されていました。高尾山の入口、高尾山口駅には少し遅めの12時頃に着いて、徒歩で登ったのですが、午後3時半~4時頃には山頂に到着していました。

こう書くとものすごいヌルイ山のようですが、実際はそこそこキツイです。山道は舗装されているとはいえ、中腹まではかなり急な斜面です。でも、周辺の施設が整っているので、スニーカーなどの歩きやすい靴であれば、あまり服装を選ばず気軽に登れます。

今度はケーブルカーで中腹まで登って、夜景を見に来たいなぁと思ってます。
関連記事









exclusive60g.png

2010'06'10(Thu)05:15 [ 東京・横浜 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


靜岡県富士市の岩本山公園の展望台へ行ってきましたが、この展望台から眺められる富士市内の夜景は素晴らしくデートスポットの1つでありんす。無料ですし良かとです(^<^)。
2011/06/18 14:06  | URL | 智太郎 #- [edit]


智太郎さん、はじめまして!

富士市の岩本山公園、なかなか良さそうですね!

実はよく知らなかったので、wikiでちょっと調べてみたのですが、
富士山も見えるし、展望施設もあって、夜景も素晴らしそうですね。

標高193mとあるのですが、高尾山が599mというのを考えると、
徒歩で登るのはそれほど大変ではなさそうですね?

そのうち時間を作って、是非訪れてみたいなぁ。
2011/06/18 19:05  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/259-93c9ada1
trackback