見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
ダシャーシュワメード・ガートのプージャ
夜のヴァラナシのメイン・イベントと言えば、ダシャーシュワメード・ガートで毎晩日没後に行われる “プージャ”(Puja)。前回記事でも軽く説明したけど、プージャとはヒンドゥー教における神像礼拝の儀礼のこと。プージャの最終目的は神との一体化にあるというのだが、まぁ難しいことは置いといて、要するに神に祈りを捧げる儀式みたいなもの。

Varanasi90310-8.jpg
プージャの様子。ガートの階段は見物客でびっしり。

ガンジス河沿いで行われるプージャの様子はお祭りムード満点で、たくさんの見物客が集まる。ヒンドゥ教徒でなくとも一見の価値ありだ。ライトアップされて結構大がかりに行われるのだが、何よりもこの儀式が毎晩行われるというところに、ヴァラナシのエネルギーを感じた。それだけ多くの見物客が、毎日ヴァラナシを訪れているということなのだろう。

Varanasi90310-9.jpg
祭壇の周囲を歩いてみたが、人が多くて移動するのも困難だった。

ここヴァラナシには年間100万人以上の巡礼者が訪れるのだそうだ。巡礼者は早朝、日の出の時にも昇る太陽に向かってプージャを行う。日没後にダシャーシュワメード・ガートで行われるメインのプージャは “ガンガー・アールティ”(Ganga Aarti)と呼ばれている。

Varanasi90310-17.jpg
神に祈りを捧げる礼拝憎。

礼拝僧は供物としてガンガーに花を浮かべ、火を掲げて神に祈りを捧げます。神話によると、この場所で創造神ブラフマーが儀式を行ったと言われており、紀元2世紀頃の王族が儀式を行った伝承もあるらしい。非常に長い歴史のある場所なのであります。

Varanasi90310-12.jpg
プージャを真剣に見守る人々。なんか日本の花火大会の会場みたい。

長くて呼びにくい “ダシャーシュワメード・ガート”(Dashashwamedh Ghat)の名前なのですが、ダシャーが「10」、シュワメードが古代インドで王位継承時などに行われた「儀式」を意味しているのだそう。直訳すると「10の儀式」。意味は分かってもやっぱり呼びにくい。

Varanasi90310-13.jpg
周囲の喧噪など気にも止めず熟睡中の2匹。やるな!

人混みをかき分けて歩いていたら、ワンコが2匹、足下で熟睡しているのを発見!まるでコンサート会場のような喧噪の中、あたかも何事もないかのように眠る2匹の姿は忘れられない。

この2匹に関わらず、インドの街中で人間と共存している動物たちって神経が図太いんですよね。通りをバイクやリクシャーが行き交っているのに身動き一つしないで眠っていたり。強者になると道のど真ん中で寝てたりする。あと数センチでタイヤに轢かれるような紙一重の現場をよく目にしました。まぁインドの苛酷な環境で生き抜くためには動物たちもそのくらいの図太さがないとやっていけないのだろうけど、意外と事故にならないのがまたすごいところ。

Varanasi90310-14.jpg Varanasi90310-18.jpg
河沿いは人でいっぱい。人混みを尻目にホテルへ。ホテル・アルカはすぐ近くだったりする。

プージャを一通り見物したら、一旦ホテルに戻ることに。お腹が空いたので、ホテル・アルカのテラスレストランで夕食を食べることにした。オーダーを済ませて夜のガンガーをぼんやり眺めていたら、スタッフが僕の席に30代くらいのフランス人カップルを案内してきて、なぜか相席になってしまった。1人旅だと対面が空いているせいで時々こういうことがあるんだけど、せいぜい2人用の小さなテーブルの対面に見知らぬカップルがいるというのも異様な状況。

なんか2人共照れてるようで、男性の方は荷物を取りに行くとか言ってすぐどっかに行っちゃった。残されたのは僕とフランス人の女の子だけ。ますます妙な展開に。

Varanasi90310-11.jpg
ホテル・アルカ名物?のトマト&チーズピッツァは80ルピー。オススメは致しません。

まぁこんな時は話で盛り上がるしかないなと思って、「実は僕もフランスで生まれて・・・」などと話をしていたら、いつのまにか彼氏も戻ってきて、オーダーしていたピッツァが登場。いや爆笑しましたよ、このピッツァには。ピッツァじゃなくてピザでいいか。

とんでもなく厚ぼったくて、ボテっとチーズが乗っかってるだけ。チーズはもちろんモッツァレラなんかじゃなくって、味も見た目に負けず(見た目通り?)かなり大味だった。インドのピザってどんなのだろうという好奇心に負けてオーダーしてみたんだけど、とてもオススメはできません。でもね、このピザのおかげで場はすっかり和やかな雰囲気になって話も盛り上がった。こんなのピザじゃない~とか言ってね。笑いの絶えない楽しい夕食になりました。

インドのレストランで日本食や洋食を注文すると、時々とんでもない代物が出てくることがありますが、それはそれで楽しい思い出になったりして。プージャの話から脱線してしまったけど、そんな経験もありかなと思う。2度は頼まないけどね~・・・。
関連記事









exclusive60g.png

2010'09'05(Sun)19:45 [ ヴァラナシ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/325-8f0433ad
trackback