見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
コルカタの安宿
これからコルカタを訪れる人のために、コルカタの安宿を紹介。

コルカタの安宿は “サダル・ストリート”(Sudder Street)周辺のエリアに固まっていて、選択肢は多い。サダル・ストリートには、旅行者向けのレストランや商店が数多くあって、さらにサダル・ストリートから500mほどの距離にある “パーク・ストリート”(Park St.)が、マクドナルドや、インドでは珍しい洒落たカフェなどもある、コルカタのメインストリートとも言える目抜き通りで、サダル・ストリート周辺に宿泊しておくと便利だろうと思う。

Kolkata120310-6.jpg Kolkata120310-7.jpg
サダル・ストリートの路地裏にあるホテル・パラゴン(左)と、その隣にあるホテル・マリア(右)。

サダル・ストリート周辺には “ホテル・パラゴン”(Hotel Paragon)や、その隣にある “ホテル・マリア”(Hotel Maria)という、有名な日本人宿がある。ドミトリーがあるので、宿泊コストを押さえたい人にはいいのかもしれない。日本人宿にこだわらなければ、他にもチョイスはありそうだ。ちなみに、僕が立ち寄った時は大半は欧米人旅行者で、残念ながら日本人の姿はほとんど見なかったので、あながち日本人だけというほどでもないのかもしれない。

僕自身も日本語が使えるPCがある、ホテル・マリアのインターネット・カフェを時々利用した。実際に部屋まで見たわけではないが、エントランス付近に旅行者が集まれる空間(溜まり場みたいなの)があって、見た感じ快適そうには見えた。それと、コルカタでネット・カフェを利用する場合、夜は高確率で停電に見舞われるので、ブログやメールなどの作業中は注意が必要。1度停電になるとしばらく使えなくなるので、大抵はそこで終了になってしまう。

Kolkata120310-1.jpg
細路地の左側がアシュリーン、通りを挟んだ向かい側にアフリディ。

僕がコルカタで宿泊したのは、“アシュリーン・ゲストハウス”(Ashreen Guest House)というホテルで、サダル・ストリートから1本路地裏に入った場所にある。宿泊費はパラゴンやマリアほど安くはないが、ミニホテルといった洒落た佇まいで、宿泊費もリーズナブルな方だと思う。

アシュリーン・ゲストハウスの向かいに、“アフリディ・インターナショナル・ゲストハウス”(Afridi International Guesthouse)という同系列のホテルがあって、そちらの方が宿泊費は安い。が、部屋はアシュリーンより数段落ちる。両方見せてもらったけど、この値段帯(500ルピー前後)で考えているのであれば、少々高くてもアシュリーンがオススメ。

Kolkata120310-5.jpg
カラビナ”とS字フックを使って、洗濯用のクライミングロープを無理矢理張ってみた。

部屋はこんな感じ。室内はそれほど広くはないけど、随所に装飾が施されていたりして、もはや安宿というより中級ホテルと呼ぶべきかな。ソファーやミニテーブルもあるし。アシュリーンに着いた時にはすっかり夜になってしまい、エアコンルームしか選択肢がなくって、結局840ルピーの高い部屋になってしまったんだけど、インドはエアコン付きかそうでないかで値段が全然変わるので、エアコンなしの部屋であれば500ルピー前後で収まるのではないかと思う。

コルカタは日中は暑いけど、寒暖差が激しく夜は涼しいので、エアコンなしでも十分いけそう。というか僕自身もインドを旅してきて、エアコンルームは初めて。ちょっと高いけど、たまにはいいかなと。おかげで快適な時間を過ごすことができました。

Kolkata120310-3.jpg Kolkata120310-4.jpg
ベッドの真上にあるエアコン。これがまたえらく冷える。(左)シャワーとトイレ。(右)

そして、何と言っても一番の売りがこのエアコン!ただね、実はこのエアコン、問題があるんです・・・。見ての通りベッドの真上にある上、室内がそれほど広くないので、エアコンを付けるとハンパなく寒いんですよね~。かといってエアコンを使わないと何のためのエアコンルームなのか分からないし。要は消せばいいって話なんだけど、最初エアコンのリモコンがなくって、エアコンのコントロールが全くできず、まいったまいった。

それで、フロントにエアコンが消せないからリモコンくれって言いに行ったんだけど、そこはインド。後で部屋に届けるって言ってたのに、いつになっても持ってこない。仕方なく直接フロントに取りに行ったんだけど、今度は見つからない。時間をおいて再度フロントでようやく渡されたリモコンは電池がないのか機能しないという。結局リモコンのためだけに何度もフロントを行き来するハメに。でもまぁ洗濯物がすごい勢いで乾くので、とても助かったけど。

少々問題もあったけど、他の設備はしっかりしていて、結果的には快適に滞在できた。あんまり快適だったから、そのままその部屋に数日間連泊してしまった。ホテルのスタッフは親切で、何度もフロントに通っているうちにすっかり仲良くなってしまい、お世話になりました。信頼できる、なかなかいいホテルです。宿泊の際は、予約しておいた方がいいかも。

コルカタは都市だけあって、安宿と言ってもそこまで激安というほどではないけど、宿泊施設は比較的整っている方だと思う。それと、インドの都市としては治安がいいので、サダル・ストリート周辺エリアであれば、治安に関してはあまり気にしなくても良さそうです。
関連記事









exclusive60g.png

2010'12'03(Fri)23:46 [ コルカタ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/392-6614696e
trackback