見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
インド、超満員の鉄道の屋根で大量死亡事故
悪名高いインドの鉄道で、またしても大事故が発生した模様。

これまで幾度かインドとインドネシアの鉄道の混雑ぶりを記事にしてきましたが、やっぱりこういうことになるよな~というのが率直な感想。

india20711-1.jpg
「500人乗っても大丈夫!?」な乗車率250%の鉄道。いつ事故が起きてもおかしくない状態ですね・・・。

以下、2月6日のAFPより抜粋

インド北部のウッタルプラデシュ州(Uttar Pradesh)で前週、インド・チベット国境警察の採用説明会が開かれ、10万人もの求職者が殺到したが、帰路、定員超過状態となった列車の屋根に乗った若者のうち18人が、低い橋の下を通過した際に頭を下げきれずに死亡した。また、登録手続きの繁雑さにいらついた一部の若者が列車に放火するといった事態も起きた。

インド・チベット国境警察の採用枠があったのは416件分の仕事だけだったが、説明会が行われたバレーリー(Bareilly)には、奥地の貧しい平野をまたがる複数の州から若者を中心とする人びとが大挙し、様々な交通手段で何時間もかけて押し寄せていた。(AFP)


インドの鉄道は、ラッシュ時の乗車率が250%を超え、毎日のように鉄道による事件や事故が頻発しており、1日平均10人以上が死亡しているのだという。

今回の事故が起こったウッタルプラデシュ州では、昨年8月にも混雑する列車の座席をめぐり、乗客同士が口論となり、2歳の女児が走行中の列車から車外にほうり出されて死亡する事件が発生している。ニューヨーク地下鉄の年間平均死者数が8人なのに対し、インドでは鉄道に関連する事件や事故で、年間約4000人が死亡(2009年)するのだというから驚く。

インドの急激な人口増加と経済発展に、インフラ整備が追いつかないというのが現状だ。


関連記事: ジャカルタの通勤電車・・・ナニコレ & 衝撃のジャカルタの通勤風景
関連記事









exclusive60g.png

2011'02'07(Mon)21:56 [ World News ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/435-186ca59b
trackback